<< むずかしいことをやさしく 梅、ほころぶ >>

惑星の月 6日 KIN1 赤い磁気の竜

a0099350_2050721.jpg

仕事机まわりのお気に入り



 風は強いけど、日差しはすっかり春だ。

 今月から、ようやく目当ての駐車場を借りることができた。半年以上、電話をときどきかけて空きを確かめていたのが、年度末、ラッキーにも空きが出て借りることができたのだ。難点は、職場までちょっとばかり歩くこと。
 運動にもなるからそれはいいのだけれど。気づくと荷物がすごい。バッグ、サブバッグ、カメラバッグ(たすきがけ)。それに食事のパンやら水やら買うと、すごい格好…。恥ずかしい…。なぜこんなことになるのだ…。もう少しおしゃれに街を闊歩したいのにー。

*****

 「ゲゲゲの女房」はおもしろそうなので、見るようにしている。朝、2階の私の部屋からたきは階下へ下りると、まっすぐ母の部屋へ行き、ふすまをカリカリして「開ーけーてー」をアピール。そして母の布団で二度寝。
 今朝、母が目を覚ますとかたわらのたきが、自分とまさにおんなじ仰向けになって、顔だけ布団から出して寝ていたという。ふたり並んで、同じ格好で。

 ケータイがそばになかったから写真撮れなかったーと、母。驚いたさー。

 猫って、年を取ると人間っぽくなってくるよね。

 今年の11月で11歳。ダビデの数秘術では「33」の持ち主。

 3歳頃までの写真の数といったら。あどけない仕草や表情。もしかして、そのあどけなさを家不在の時間が多い自分が奪ってしまったか…と思うこともないではないけど。

 それでも、たきのおかげで今の自分があるわけで。

 ありがとうね、たき。

*****

 文房具大好き。お気に入りの文房具屋を見つけ(これも歩き効果だ)、ちょこちょこ買っている。MILANの電卓(青がすばらしいそうだけど、店頭になかった)、LYRAの色鉛筆(ずっしり感がよい)。そして写真には写ってないけど、STABILOのインクペン。手にしっくりする。ホントはファーバーカステルの色鉛筆がほしかったのだけど、それはなかった。

 もう少し、字を丁寧に書こうと思うこのごろ。



 
by amemiyataki | 2010-04-09 21:15 | 日常
<< むずかしいことをやさしく 梅、ほころぶ >>