<< こだわらない 庭に訪れた春 >>

惑星の月 20日 KIN15 青い月の鷲

a0099350_20165971.jpg

ぴあ♀ 里親募集中 シニアですが



a0099350_2017936.jpg

デール♀ 里親募集中 2006年秋生まれ(推定)




 またたびに酔うか、キャットニップに酔うか。これはプチポンショッピングで販売中の魚のキャットニップ入りおもちゃ。好評です。布地のさわり心地に、作家・ミズタマネコさんの心を感じます。

 てか、ぴあちゃん、すごい顔…。04年冬保護。もしかして2000年生まれ? でも、本当にかわいくて愛らしくて。プチポン保護部屋になれてる感がありますが、できれば本当のおうちに卒業させたい。

 シニア猫を受け入れることは、とても大変なことでは…と思うこのごろですが。いつ生まれなのか。いつまで一緒にいられるのか。もしかすると、元気なときより病気でいるときのほうが長かったりして…。

 それでも。猫と暮らす楽しさ、すばらしさを知る人からのお問い合わせをお待ちしております。

 問い合わせはこちらの問い合わせフォームからお願いします。

 もちろん、ぴあだけでなくデールも、ほかの保護猫たちへのお問い合わせ、お待ちしております!

*****

 ホメオパシージャパンの会員誌オアシスを読んでいて、漢方とホメオパシーの違いがわかった。


 自然の全草を使うという点では、似ている。薬のように人工的に合成していないところがいい。

 漢方は、幾種類もの生薬を凝縮していくから、肝臓が強い人でなければ使いにくいかもしれないということ。ホメオパシーはそれとは逆で、原物質を薄めていくので赤ちゃんにも妊婦にも安心であること。

 漢方では生薬を10種類くらい使うとすると、そのうちの9種類は逆療法であること。たとえば、冷えている人には温めるものを入れる。そして、1種類だけ冷えるものを入れる。

 ホメオパシーは同種療法だから、冷えの症状には冷えのレメディを入れる。たとえば、冷えている人には樟脳(しょうのう)を希釈振盪してつくったカンファー(Camph.)というレメディを。樟脳はスースーする。基礎体温が35度くらいしかない人にカンファーを与えると、自己治癒力が「温めなくては」と思い、平熱が36度台に上がってくる。

※会誌からの引用でレメディ名も引用しましたが、冷え性には必ずこのレメディ、というわけではありません。セルフケアで使うにしても、ほかの特徴などを把握することが必要ではないかと、ご指摘を受けました。また、専門のホメオパスにかかることが何よりということは、言うまでもありません



 体験的に、ホメオパシーが理にかなっていて自分には合っていると思う。けれど、もしかかりつけの先生が、漢方を実践していたとしたら、漢方がいいと思うかもしれない。

 どんな方法であれ、「治す」という方向性を持っているわけだから、目指すところは同じなのかもしれない。だから、ほかの団体を非難する姿勢はいやだなと、読んでいて思う。「嫌いな人を受け入れてみよう」と言ってるくせに~。


 以上、覚え書きとして。
by amemiyataki | 2010-04-23 21:12 | 日常
<< こだわらない 庭に訪れた春 >>