<< 岩手の人は… いつか、空へ帰るまで >>

明日は立秋だというのに…

 暑い。うちの猫たちは日中雲隠れして、ほとんど姿を現さない。今朝も、たきは神棚に上がり(罰当たり…)、奥へ隠れてしまった。あんな上の、空気がよどんだようなところの何が気に入っているんだか。

 ちーの粗相は回数こそ少ないけれど、定期的にある。ある……むむむむ。この暑さが過ぎて、部屋が片づいたら、ちーも満足するのではと思うけど。


 少し前の話になるが、たきに猫ベッドを購入。購入先はそらまめ屋さん。人気ですぐ完売するそうで、ふと思いついてメルマガに登録、めでたく入手することができた。

 届いたのが、これ。

a0099350_17205376.jpg


 前に、ねむねむ ルシャさんのものを購入したけど、それはちーのものになった。

 新しいものはすぐには使わないはずなのに、届いて開封したとたん、たきがすぐに入った。ちーが使うと「もうボク、使わないもんね!」とヘソを曲げるのはわかっているので、このベッドの定位置は台所、ダイニングテーブルの椅子の上に。人馴れいまひとつのちーは絶対来ない場所。


a0099350_1721466.jpg

ぐっすり



 クッションの具合がとてもいいらしく、力の加減でいい感じにたわむのも気に入ったらしく。細部にわたって丁寧な仕上げに感動。

 いい買い物をしました。ありがとうございます。

*****

 最近、ホメオパシー療法に疑問・警告を投げかける新聞記事等を見かけます。亡くなった赤ちゃんと遺族がいるという事実。軽はずみなことは言えません。深刻に受け止めるべきです。

 けれど、ホメオパシーをセルフケアや猫たちに使う者として、それを読むと暗澹たる気持ちになります。

 ホメオパシーとは何か。そうしたことを語るのは荷が重く、それは私の任ではありません。ただ。


 たとえば、お世話になってる動物病院では、ホメオパシーや鍼灸などを実践しながらも、現代医学による治療ももちろん行っています(ステロイドは使いませんが)。抗生剤で治るなら、抗生剤を使えばいい、とも言っています。ホメオパシーを選択するかどうかは、患者(飼い主)に任せていて、飼い主の意志を尊重します。

 偏らず。偏見を持たず。というのはホメオパシーに関しては難しいと実感しますが。端から見て、バランス感覚を失わず、自分の考えをしっかり持って。盲信せず、自分で調べて納得して。そんなふうに考えています。

 でも…里親さんたちにお送りしようと思っていたレメディは、自粛しようかなあなど思っていたり。

 難しいです。

 
by amemiyataki | 2010-08-06 17:49 | 日常
<< 岩手の人は… いつか、空へ帰るまで >>