<< 猫と暮らそう 赤い倍音の月の年 電気の月 8日 >>

9月最後の日

a0099350_13314955.jpg

秋の青空 (岩手銀行中の橋支店)



 今日で9月も終わり。気持ちのいい秋晴れの空。

 今週火曜、ぜんちゃん通院。体重3.55キロ。50グラムの増減が続くけど、本人(猫)はいたって機嫌がいい。調子はよくなってきている。今年の夏が異常に暑すぎたのだ。レメディはマヤズム治療に入ったみたいだ。次回、QX-SCIOの機械で健診予定。

 ぜんちゃんにお灸をしてもらいながら、先生とつらつら話す。

 桃実ちゃんの亡くなり方が、大きな腫瘍があったはずなのに穏やかで、ちょっと不思議な感じがしたので、一瞬、先生は解剖しようかと思ったそうだ。「それで、したんですか?」「いいえ、しませんでした。迷いましたけどね」「医者として?」「そう」「今後の患者のために?」「そうそう」
 でも、解剖はせずに荼毘に付した。

 先生に、患蓄に扁平上皮がんの猫がいたか聞いてみた。先生のところでは細胞診は行わない。病名を特定したわけではないけれど、顔に症状が出た例として、と前置きして。そういえば一匹はレメディ投与をしていたら、「大きな鼻く○がポロッと落ちた」と飼い主さんが言ったそうだ。見たわけではないからそれが何なのかわからないけれど、その後は「元気になったから」と、いつしか来なくなった猫がいるという。
 もう一匹は、片頬がひどく腫れるという症状。ティーツリーの注射(メディカルA)をして、いったんは腫れがひき、その後再発し、またティーツリーの注射をしたという。
 「動物によくないハーブやアロマがあるっていうけど、ティーツリーって大丈夫なんですか」「(よくないと)言いますよね。でも、別に…」
 (そういえば、耳ダニ治療にもティーツリーが処方された。あの臭いで猫も人も塗るのにギブアップしてしまうのだけど)


 7年前、保護猫のポテ吉が風邪がなかなか治らず、膿胸ができ、生死をさまよった。その時も、メディカルAで膿をとった。 

*****

 バイトをリストラされたのが、1年前の9月だったと、ふと思う。リストラされてよかった。体と気持ちに余裕ができた。今は仕事の掛け持ちはなく、ひとつだけ。いい状況。来月のプチポンショッピングのオープン一周年に、何かプレゼントをつけたいなあと思うこのごろ。
by amemiyataki | 2010-09-30 14:11 | 日常
<< 猫と暮らそう 赤い倍音の月の年 電気の月 8日 >>