<< 少し、脱出…? Memento mori (メ... >>

福島

a0099350_22505457.jpg

駅のホームに咲いていたスズラン



 震災以来、長距離ドライブが増えた。ETC付いてないのに…。それまで高速に乗るなんて2年に1回あるかないかくらいだったのに。

 本当に、生きていると何がどう起きるのかわからない。この不思議。

 いや。もしかしてどこかですべてが決まっているのかもしれない。でも、そんなことは知らなくていい。

 
 縁あって複数の里親さんと出会うまで、福島は新幹線で通り過ぎるくらいだったのに。

 今の季節、福島の自然は見てるこちらの胸がぎゅっと鷲づかみされるほど、生命力にあふれ、緑が青空に向かって勢いを増していた。

 どんな命も生きていること。この大地に根ざし、呼吸していること。それを謳歌していること。

 当たり前のことが当たり前ではなくなっている現実に身を置いていることが、何か他人事のように感じてしまう。震災以来。

 これは本当のことなのだろうか。

 福島のとある駅に降り、目的地までケータイナビを案内にゆっくりと歩いた。すると、町役場の広報が、本日の放射線量は…とアナウンスする。繰り返し。なんて不思議な。時おりすれ違う人の誰もマスクをしておらず、
エーグルのゴムブーツにマスクしている自分がなんだか申し訳ない気がした。

 お昼時、陽射しは高く空はどこまでも青く、町はどこか眠たげだ。のどかな風景。きっと都会の子が夏休みにおばあちゃんのいる田舎に行く。そんな「田舎」の風景だろう。自然と人の営みがうまく溶け合い、ゆったりとした風景。

 これは本当のことなのだ。

*****

a0099350_22502744.jpg

福島出身の猫を預かる。「おおちゃん(仮名)」



 仕事をしていたときの忙しさとは違う忙しさに、呆然としている。

 あまり考えない。何か「流れ」があるのだとしたら、流れに任せてみるのもいいだろう。けれど、自分をしっかりと持って。
 自分がボロボロだったりふらふらしながら関わったとしたら、それはよけいなおせっかいで迷惑なだけだと、先生に言われた。確かに。

 明日は5時発。母が夜更けだというのに、お弁当を作ってくれている…。ありがたい。そしてたきは、左腕にどっかり。

 ある日突然、日常が非日常になってしまうこと。喪ってしまうこと。絶望すること。

 いろんなことを考える。
by amemiyataki | 2011-05-26 23:18 | 日常
<< 少し、脱出…? Memento mori (メ... >>