<< 秋彼岸 閉塞感 >>

晴れないなりに

a0099350_0253095.jpg

可愛い はく♀ 一時預かり募集中



 少し前のエントリの画像とは同一猫物とは思えない?ほど。これが本来の はくなのかも。栄養不良による黄色い毛はすっかり抜け、ごく普通の白黒猫に。小柄なのは変わらないけど。

 結局、自分はどうしたいのか。

 今いる福島の被災猫のケアをしつつ一時預かり・里親さんを見つけ・託し。できればほかの保護猫たちの里親探しも。そしてやはり、現地へ行けたら。

 7月は行かなかったが、再び福島へ行った。行ったら行ったで、また気持ちがふさぐ厳しい現実を前に無力感に襲われるけど。どれだけのことができるかわからないけど。

 けれど、考えたり悩んだりくよくよ鬱々しているだけの状況からほんの少し動けたことで、少し呼吸ができたような気がする。


*****

 プチポンもりおかでは、福島の被災猫を預かり保護ケア・一時預かり・里親募集をしています。詳しくは本日のにゃんこ2をご覧ください。お問い合わせはフォームからお願いします。

 現在、保護猫19匹。少ない人数でケアを心がけていますが、なかなか行き届かず歯がゆい思いをしています。これまでは地元の行き場のない野良猫を保護してきましたが、福島の被災猫はもともとは「家猫」。野良ではありません。人馴れ今ひとつの猫をケアするのとは違う、もどかしさを感じています。ある日突然、飼い主さんから引き離され、極度の飢餓という大変な経験を味わい苦労を乗り越えた彼らを、どうか再び「家猫」として預かりケアをしてもらえないでしょうか。

 よろしくお願いいたします。

 また、お願いするのは本当に心苦しいのですが、被災猫をはじめとする保護猫をケアしていくには自分たちで出し合う維持費だけではどうしてもカバーできない状況です。本来なら自分たちでできる範囲内でと、ささやかな活動をしてきたプチポンですが、3月11日以降のかつてない危機的状況に猫保護をしている者として被災猫レスキューに関わらなくてはと、少し無理をして頑張っています。自分たちで決めたこととはいえ…やはり継続していくには手助けがどうしても必要です。フードなどの物資支援、カンパご支援のご協力をいただけたら、とてもありがたいです。どうかよろしくお願いいたします。詳しくはメールでお問い合わせください。またはこちらをご覧ください。
by amemiyataki | 2011-08-30 01:10 | 日常
<< 秋彼岸 閉塞感 >>