<< 老いる 晴れないなりに >>

秋彼岸

a0099350_1595264.jpg

ちゃと♂ 里親募集中



 前回のエントリからずいぶん間があいてしまった…。しかも9月エントリはこれが初めて。うむう。「本日のにゃんこ2」を頑張って更新しているので、そんなにあいているとは思わなかった。

 前回のものを読み返して、ずいぶん苦しそうだな…と思いつつ。今も気持ちはあまり変わらないけど(いただいたカンパや物資のご支援のおかげで保護ケアが維持できています。これは本当に助かっています。ありがとうございます。ご支援がなければ成り立たない状況というのが怖い…)。

 4月に無職になり、7月に働かなくては!と動き出したものの…。7月に働いた分がようやく今月20日に入り。金額が1万4000円。の収入なり。うわ~。恐ろしい……。独り暮らしの賃貸住宅なら言語道断。家賃がないのがせめてもの救い。しかし恐ろしい。
 恥ずかしいことなのかもしれないが、記念に(?)記しておこう。すごいなあ。
 それなのに、締切が3つ重なったり、今も重くのしかかっているものが2つあったり…(でも支払いがいつになるのか、そもそもギャランティがいくらなのか知らされていない)。また身体を壊すのは避けたいばかりに、以前のふんばりもなく。
 なんとかしなきゃと、急遽求人広告を見てバイトを申し込んだけれどそれもたった2日間だけだ。うはー。

 被災動物の状況もさることながら、なかなかリスキーなのではないだろうか自分も。

 考えろ。
 そして悠々として急げ。
 時間は有限なのだから。

*****

 ちゃとを保護した方に確認して、わかったこと。一緒に同じ場所で保護した、あおとつかさは依頼飼い主さんの猫ではないこと。飼い主さんが依頼した自宅の猫はちゃととその姉妹のさび猫、そして親猫の茶トラ。ちゃととさびちゃんは保護できたけれど、親猫は未保護。こういう状況なので、もらい手を見つけてほしい、と。

 あおとつかさの飼い主さんを捜すのは難しいかな…。でも、やれることはやってみよう。

 震災以来、本当になんということが起きてしまっているのか。ずっと重苦しいものに取りつかれているみたいだ。何か一つ、一つでもいい方向に向かえば流れが変わるだろうか。

 すべてにおいて、試されているのか。そしてまた、「ああ私はこの程度の人間なのだ」と打ちのめされる。そう落ち込むのは一瞬にしておかないと。自分をふるいたたせなくては。
by amemiyataki | 2011-09-24 02:26 | 日常
<< 老いる 晴れないなりに >>