<< 定命 にゃんこはうすより「マロン♂」... >>

この広い空の下で

a0099350_056529.jpg



 平年より遅いとはいえ盛岡も初雪が降り、朝は霜が降り、最低気温が氷点下は当たり前になってきて、夜明けの時間が遅くなった。

 といっても。

 盛岡にいるときは夜明けなんて見ない。

 こんなふうに夜が明けていくさまを見るのは、福島にいるときくらい。

 明かりがない真夜中の星空の美しいことといったら。岩手で見るより北極星は低く輝き、オリオンもカシオペアも見慣れた位置とは違う。天の川がはっきりと見え、あたりの闇の気配はちょっとばかり怖かった…。ありこさんは生きている人間のほうが怖いと言うけれど。



 太陽も星も。変わらず東から昇り、西へ沈み。自然の大きな営みは変わらないのに。


 どうして? という思いが毎回わき上がる。どうしてこんなことになってしまったのか。

 どう考えたって、すべては人間のせい。人間のせいで、想像するのも恐ろしい経験を強いられている動物たち…。宇宙のほんの片隅で生かされていることを忘れて、目先のちっぽけなことにとらわれて。

 毎回、それぞれいろんなことが起きる。無力なのはわかっているから、そう絶望するのも傲慢だ。限られているできることを尽くすのみだ。


 この広い空の下、生きているのは人間だけではないことを決して忘れてはいけない。むしろ、私たちはたくさんの命あるものに生かされていることに気づき、感謝しなくては。

 毎回、大切なことに気づかされる。

*****

a0099350_1334765.jpg


 人が立ち入ることができなくなった場所から8ヵ月ぶりに連れ出された子。

a0099350_134852.jpg


 以前は、こんなふうにおうちの中でまったりゴロゴロしていた子。頑張ったね。

 保護された様子などはこちら


 人間のあきらめない気持ちが届き、かないますように。
by amemiyataki | 2011-11-30 01:37 | 日常
<< 定命 にゃんこはうすより「マロン♂」... >>