<< 見ていて飽きない 見えない疲れ―共感する力、他者... >>

母の日は、カーネーションではなく

寒暖の差が激しい今年の5月。

母の日は珍しく暖かく、母と街に出た。

a0099350_1656286.jpg


庭のチューリップ


a0099350_16561756.jpg


岩手公園のしだれ桜


a0099350_16563373.jpg


同じく、岩手公園のイロハモミジ


今年は桜の見頃を福島でも宮城でも岩手でも見逃した感があったけれど、
岩手公園でわずかに、満開のしだれ桜を見ることができた。

母の日の感謝は、鉄板焼きでの昼食を。

先月、友人たちと食べたときは楽しくておいしくて大満足で、絶対母を連れてこなきゃと思ったのだけれど。

今回はなぜか今ひとつだったなあ。

カワトク(デパート)でいい前沢牛を買って家で焼いて食べたほうがいい。

という母の言葉にうなずくしかなかった…。

それでも、暖かい5月の午後、岩手公園と高松の池を散策していい一日だった。


わが家ではカーネーションは飾らない。


その理由をひととおり書いてみたのだけれど、たいしておもしろいわけでもなく、今はわざわざ書くことでもないような気がして、消した。


暖かい、気持ちのいい一日。

それが何よりのご褒美ということで。


しかし、本当に写真を撮るのが楽しくて仕方がない。ささやかな幸福に浸るひととき。
by amemiyataki | 2013-05-15 17:17 | 日常
<< 見ていて飽きない 見えない疲れ―共感する力、他者... >>