<< 感謝と謙虚さと 猫と音楽 >>

4月生まれ

a0099350_0404040.jpg


 猫の出産ラッシュは春と秋。4月生まれのアクエリアス(おうし座)の猫は多い。04年の春生まれの保護猫たちをもらってくれたモスさんから、メールが届いた。

タオキリめでたく3歳の誕生日を迎えました。
ネコ年齢的にそろそろ本当の‘オトナ’になる頃でしょうか?
甘えん坊でやきもち焼きで要求が多くて、オレ様アピールのタオ。
おっとりでちゃっかりで、たまにはじけ飛ぶ(ぶっ飛ぶ)
そしてずっこける、やさしいキリ。
あいかわらずのふたりです。


 画像は、タオがまだ「シズマ」という仮の名で盛岡にいたころ、きょうだい4匹のショット。04年6月撮影かな。タオは右から2番目。きょうだいではないけれど、同期の仲良し、フレイア改めキリちゃんと、東海へもらわれていった。右端のピッピと左から2番目のロゼット改めレオはそろって千葉へ。左端のアンジーは当初、仙台の学生だったHさんへもらわれ、今は「あんこ」と名前も変わり、静岡にいて、同居のコーギーと仲良しだという。

 懐かしいなあ。シズマきょうだいは空蝉さんとbooさん、7くん、Nくんががんばってりんご園から保護した。フレイアは車通りの多い市街地で、サヴァさんが抱っこして保護した。

 フレイアのきょうだい、茉莉花(まりか)をもらってくれたゆんまりママさんのブログを訪ねたら、やはり「祝!三歳」のエントリがあった。

a0099350_0575234.jpg

シズマ



a0099350_0582864.jpg

フレイア



a0099350_059437.jpg

ふたりは仲良し



 というか、きょうだいの茉莉花とオーディンの保護が遅れるなか、ポツンとしていたフレイア。アンジーとピッピの女の子たちは警戒心が強くて近づけなかったのに比べて、オレさまなシズマはまったく気にせずフレイアをすんなりと受け入れてくれた。

 その後、フレイアきょうだい全員、シラミのためにバリカンで丸刈りになったり。いろいろあったなあ。

a0099350_135663.jpg

茉莉花



 きょうだい最後に保護した茉莉花は、かたまりっこのびびり~だった。このコは、同じ年の7月に保護した三毛猫ゆんが来てから、徐々に心を開いてくれたような気がする。

 夏にアンジーがもらわれていき、9月にシズマとフレイアがもらわれて。ピッピとまりかとゆんゆんが、仲良しキャンディーズになり。
 秋の終わりにピッピがロゼットともらわれていき、年が明けた5月に、ゆんゆんとまりまりは山形へもらわれていった。

*****

 4月。新年度が始まる季節。猫がたくさん生まれる季節。

 去年の今ごろ、リンパ腫の病気に耐えていた三毛猫のちっちーちゃんも4月生まれだ。
 去年の今ごろ、白猫オッドアイのキョンちゃんの里親Tさんはとてもつらい時を過ごしていた。
 ちっちーちゃんもキョンちゃんも、去年の5月に亡くなった。ちっちーちゃんの飼い主のmarieさんもキョンちゃんのTさんも、くしくもふたりとも今年は引っ越しの年となった。

 一昨年の4月は、たみおを保護した。先日、チップデールの通院のとき、診察台の上で脱糞したデールを見て、つい「たみおもしたなあ、お灸の後、気持ちよくて」と、そんな言葉がふと口をついて出た。

 つい、つらつらといろんなことが頭をよぎる4月の夜。

*****

 至らないことばかりですが、たくさんの感謝をこめて。ありがとうございます。お問い合わせくださった方々も本当にありがとうございました。
by amemiyataki | 2007-04-11 01:30 | 日常
<< 感謝と謙虚さと 猫と音楽 >>