<< 真夏日(たぶん) 水無月の雷雨 >>

週末 覚え書き

a0099350_234777.jpg

左・ぴんぴん(♀450g) 右・ぽんぽん(♀350g)


 8日(金)、こっこちゃんの歯石取りのため通院。数日前から食欲不振、下痢とのこと。熱が39.5度。口内炎が悪化しているからかも。この日は歯石取りはせず、栄養剤など注射してもらい、そのまま入院。土曜に歯石取りをしてもらって退院。

 去年の7月の炎天下、行き倒れのこっこちゃんと出会う。以来、エイズキャリアのこっこちゃんの調子は低空飛行ながらも、空蝉さんのお母さんのもと、大事にされ本人(猫)も嬉しそうだ。腎臓が弱っていることもあり、未去勢のまま、保護当時から歯石がものすごいことはわかっていたのだけれど、全身麻酔でスケーリング、というのは考えにくい状況だった。
 けれど、牙がオレンジ色になるくらい、歯石が層になっていることから、今回の歯石取りとなった。「(歯石がある状態は)いわばばい菌を飲み込んでいるようなものですからねえ。そのばい菌からくる老廃物を排除しようとして、腎臓肝臓に負担がかかるわけで…」と先生。口内もかなり腫れていたようだから、落ち着くといいのだけれど。今後のケアはレメディで。

 先生は「ぱ」行が好きだ。去年保護したぴの子(一昨年と書いたのは間違いでした)、ぽんぽん、そして、遅れて拾われたぽんぽんの姉、「ぴんぴん」…。ぴんぴん……。
 画像のように、ぴんぴんはあまりぴんぴんしていなかった。自力では食べられないそう。目がどうなってるのか、わからないそう。ぽんぽんよりでかいから、姉。ぽんぽんより一週間遅れの保護。それにしてもぴんぴんかあ。がんばるのだ、ぴんぽん姉妹。

*****

 前のエントリで呼びかけた猫さんのご相談の件。無事に連絡がとれました。

*****

 9日(土)、アイさんとサヴァさんとでフリーマーケット参加。収益は9,530円とのこと。短時間のわりに効率がよかったそう。お疲れさまでした。

*****

 7日(木)にプチポンにチェックインしたヴァンサン。この夜はキャットウォークに置いた段ボールに隠れたきり、とうとう姿を現さなかった。みんながごはんを食べ、遊ぶなかも。8日(金)朝もそのままの状態だったらしい。が、その夜はまあまあ食べ、まあまあ遊んだ。けれど、表情が「よそゆき」。そして部屋の入り口のふすまにぴったり貼りつき、どこか落ち着かない。鳴く。捜しているのだ。ここではない「どこか」を知ってしまったのだものなあ。不憫。
 人馴れしていない猫の譲渡のことであれこれとまた、思い悩む。里親さんにも、ヴァンサンにも、本当に気の毒なことをしてしまった。

*****

 「ヒマラヤ岩塩」のことでいくつかお問い合わせをいただきました。私は、石材屋で入手したのですが、それとまったく同じものを扱っているサイトがこちら。キャプションにもあるとおり、さらさらしているので山盛りにするのにはちょっと苦労します。色は写真のものよりもう少し濃いピンクでした。120gで盛り塩は2~3つはできるんじゃないかな。
 このサイトのパワーストーンなびが初心者の私にはとても興味深かったです。

*****

 9日(土)は、盛岡の初夏の風物詩、チャグチャグ馬コ。偶然、通り合わせたので急いで見に行こうとしたら、母、転倒。アスファルトのくぼみにひっかかったのだ。軽い擦り傷とくるぶしを痛める。私の注意が足りなかった。
 実は検査入院のことよりなにより、同窓会への出席に気をもんでいた母…。迷いも晴れ、いざ同窓会へと準備も着々と進めていた矢先のアクシデント。
 打撲、けがなどのナンバーワンレメディのアーニカが効いてくれますように。

 それにしても、地元にいながら、こんなにチャグチャグの行列をまともに見たのは初めてだったかもしれない。着飾ったおとな馬にまざって、仔馬が何頭も。いやあ、めんこかった。私は見なかったのだけど、後ろにいた人が「あんや、おっぱい吸ってら~~」と喜んでいた。
 そして。お約束なのだけど、乗り人のうち、疲れきった子どもが馬にゆられながらがくんがくんと体を揺らして居眠り。落ちそうな子はもちろん、馬から下ろします。昔の装束に扮した子どもたちも、まためんこい。
by amemiyataki | 2007-06-10 03:19 | 日常
<< 真夏日(たぶん) 水無月の雷雨 >>