<< 今日も夏日 真夏日(たぶん) >>

生きろ。

a0099350_14533571.jpg

ぽんぽん、里親決定


 先生から。先週の「オーラの泉」の感想メールの追伸に、「ぽんぽん、近所の方にもらってもらうことになりました。先方の準備が整い次第、嫁入りです。えがった~」。
 えがったえがった。近々、ぴんぴんの写真撮影に行く予定。

 応援ありがとうございました。ぴんぴんもよろしく!

 にしても、大泉洋出演の「オーラ…」。時間帯も変わってからはあまり見なくなっていたけど、この回は、「なるほど~」と思うような言葉が胸に響いた。グループで何かをしているとき、活動を継続させていくコツ、のようなもの。思い当たることがあった。

*****

 前のエントリのぴんぴんの画像を見たときも思ったのだけど。人間以外の生き物は、生きることにシンプルだ。ただ、「生きる」。それだけ。

 そんなことをぼんやりと思っていた先週。ふと回したチャンネルの画面に、「もののけ姫」のイラストと「生きろ。」のキャッチコピーが飛び込んできた。そのキャッチが、糸井重里さんのものであることを初めて知った。それでつらつら検索して行き当たった言葉をメモ。
Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学べ。
  明日死ぬかのように生きろ。)

ほぼ日刊イトイ新聞より



 最近では、「プロポーズ大作戦」の「明日やろうは馬鹿やろうだ」の、夏八木勲演じるヒロイン長澤まさみの祖父の台詞。

 ぼやぼやしてちゃダメなのだ…と思いつつ。

*****

 いつも応援してくださっているHさんが、ブログでプチポン猫の紹介をしてくださった。ありがとうございます。
 今、プチポンで里親募集している猫たちは正直、(言い方は悪いかもしれないけれど)難易度が高い猫たちばかりのような気がする。人馴れいまひとつとか、なつっこくてもケアが必要だったりとか。

 確かに生きることにシンプルな猫たちだけど、あともうひと押し。飼い主がいてこその「暮らし」をぜひ味わってほしい。

 私自身、たきに友達猫を迎え入れるまでに4年かかっている。それまでに一時預かりをした猫、4匹。なかなかふんぎれなかった。「失敗」というのではなく、経験値を重ね、自分を追い込む意味もあったのかもしれないけれど、遠い横浜で里親探しをして奮闘している人から、ちーをもらい受けた。
 人それぞれ。いろんな出会い方があっていいはず。

 猫との暮らしはいいです。

*****

 狂乱の一週間が過ぎた。本番の同窓会を無事に終え、母もひと息。足は全治2ヵ月という。
 同窓会から帰ってきて、しばらくはあれこれ言っていたけれど(車一台買えるくらいの眼鏡をかけていた人とか、なんだらかんだら)。やれやれ。結局、私が全身コーディネートしたことになってしまった服装にたいしてもひととおりこぼしていたけど、過ぎてみればいい(ホントか?)思い出。

*****

 ねこ畑でオリジンを扱っていることを知り、さっそく注文。オリジン、イノーバEVOに味が似てる。
by amemiyataki | 2007-06-18 15:25 | 日常
<< 今日も夏日 真夏日(たぶん) >>