<< キジトラの男の子 里親募集(縁... 猫を捜しています(岩手県北上市) >>

なんでもない日、おめでとう

「なんでもない日、おめでとう」という言葉を、
かつて人々は、冗談として聞いたものだ。
しかし、王様も大金持ちも、鼠も孔雀も、恋人たちも、
いちばん欲しいのは、そんな日じゃないのかね。

「セフティ・マッチ氏の焚火話」より



a0099350_11355260.jpg

ほぼ日手帳が届いた



 仕事のピークは先々週で片付いたものの、叔父のお見舞い(胃がん)、母の新規通院(耳鼻咽喉科)と、相変わらずバタバタした一週間があっという間に過ぎていく…。一週間、ではなく気づくともう、10月(は黄昏の国)も半分が過ぎてしまった。

 そんななか、楽しみにしていたほぼ日手帳が届く。黄色の宅配袋、パッケージング…なにもかもがきちっとうまくされていて、感心しきり。相当数のスタッフと、経験の蓄積なのだなあと改めて感嘆。さっそく手帳を組み立て(おおげさだな)、にやにやしている。本当にうまくできている。
 冒頭の引用は、手帳が入っていた箱の内蓋に書かれてあったもの。確かにね。

*****

 おかげさまで、レバミハラミ姉妹子猫は良縁を得て、無事にめでたく譲渡を済ませました。報告はまた改めて。応援ありがとうございました。


 ハラミにお問い合わせをくださった方、本日中に必ずメールを差し上げますのでお待ちください。私自身が初めての猫、たきを迎えたときの状況にとてもよく似ています。

*****

 もう里親探しはやめようか…という気持ちのところへ実は行ってましたが、気持ちも新たにがんばりたいと思います。ちいちゃんのふくふく幸せそうな画像を送っていただき、明るい気持ちもわいてきました。ありがとうございます。

 元・野良の成猫たちを里子に出すのは難しい。けれど、あきらめることもない。そう思えるようになりました。なにより、プチポンの保護猫たちはみんないい子たち。寂しいのを受け入れているいじらしさ。

 ここでおしまいにすることはない。

*****

 近々、代理で里親募集を開始します。1件は三毛猫(生後10ヵ月、不妊手術済み)。もう1件はキジトラの子猫。段ボールに入れて捨てられていたそう。もしかしたら、この子は去年捨てられていたうーふーすーの血縁か……。



 いつも応援、励ましありがとうございます。感謝をこめて。
by amemiyataki | 2007-10-15 11:53 | 日常
<< キジトラの男の子 里親募集(縁... 猫を捜しています(岩手県北上市) >>