<< CallingもしくはSoul... 異物食いのこと >>

きさらぎ いろいろ

a0099350_10543928.jpg

エコバッグ、ポチ袋、イタリア製の4色ボールペン
購入サイトはこちら


 hiromiさんのブログを見て、ついポチッとしてしまったエコバッグ。昨日注文して、今朝、もう届いた。恐るべし。色はLサイズが、まんまオレンジ。そして、スモールのほうは、まんま紫。Lサイズの持ち手がちと長いかなあ、コンビニ買い物にはスモールで充分かも…と思った。母に「どっちがいい?」と聞いたら、紫を選んだ。2000円以上で送料無料というわけで、ほかにも買ったのだけど。このボールペン、当たり! 輸入雑貨の文具、ボールペン系は書き心地がいまひとつなんだけど。これはいい。4色ボールペンというと、日本だと上部にカラーのポッチがあるけど、これは真ん中。デザイン性ばつぐん。
 久々に雑貨心をくすぐられ、バイト料が入ったのをいいことに、買い物してしまった~。明日は狭山茶と広島の海苔が届く予定。

 マリエン薬局でも1万2000円以上購入者にエコバッグプレゼントをしています(3月15日まで)。MLを斜め読みして細かいところは忘れてしまったけれど、自然素材の布製品より、ナイロンなどの化繊系のほうが、焼却する際、環境にいいのだとか(CO2が少ない?)。なにしろ、ナイロンだとかさばらないし軽量だし。

*****

 あっという間に2月も終わり。特に何をしたとか何かあったというわけではなかったけれど、いいように過ごした月だったな、という感じ。

 遅まきながら、初めてホメオパシーのセミナーに参加。獣医師による動物セミナーも聴講したのだけれど。朝から夕方まで計5時間(DVDとライブ)で、案の定、昼食後にうっかり居眠りしてしまった…しかも聴講生のいちばん前にいて。

 ホメオパシーはやはり、使う側がそれなりに勉強し、経験を積まないとダメだなと思う。今年は仙台にホメオパシージャパンの学校が開校することもあり、東北にいてもふれる機会が格段に増えそうだ。社会人になってから「勉強」とはかけ離れたところにいる自分だけれど、今年はできれば、自分に投資する年にしたい。

 会場で思いがけずあんだんてさんにお会いした。そして、さらに思いもかけず、ゆうくんの里親Sさん夫妻にも再会した。

 02年の今ごろ。動物保護団体にボランティア参加していたとき、縁あって、下半身不随の子猫の保護相談の場に立ち会った。結局、保護主は保護を放棄し団体にその猫、ゆうくんを託した。当初、Sさんは一時預かりを申し出てゆうくんを預かり、家族全員で介護ケアにあたった。実際、里親候補も現れたのだけれど、定期的におしっこを絞り出したり、おむつの交換など自身でするうちに誰かに託すことが考えられなくなり、ゆうくんはそのままSさん宅の猫になった。
 野良の子猫として生まれ、おそらくボス猫に咬まれて下半身不随になったゆうくん。
 あれからどうしているのかとときどき思い出すことはあっても。
 Sさんのご主人が、持っていたケータイに保存しているゆうくんの動画を見せてくれた。大きくなったゆうくんは、おっとりした茶白の猫に育っていた。今ではご主人が病院スタッフより上手になり、自宅で排泄のケアを自分たちでしているという。

*****

 パワーストーンを身につけていると、不思議と「再会」が増えるみたいですよと、作ってくれた人が言っていた。
 確かに、思いがけない再会というのがしばしばある。動物病院勤務を辞めて違う職種に就いたTさんにも、思いがけない場所で何年ぶりかで再会した。
 かつての同僚からもうれしい便りをもらった。みかりん、いい仕事をしたね。誇りに思います。大変だったろうけど、自分のことのようにうれしい。がんばれ。

 里親のMさんが第二子を出産。Sさんご懐妊。そしてご結婚される方もいる。朗報に心よりお慶び申し上げます。おめでとうございます。

*****

 すっかりアップするのが遅れてしまったけれど、久居さん宅におじゃまさせていただいたときのクララちゃんとフェイちゃん。画像のアラは見逃してください~。ふたりとも、実物はもっともっときれいでかわいい猫さんです。久居さんのブログでご確認を。

 久居さんとは、知り合ってからたがいに共通の友人がいることを知り、ライスコロッケ無料券をきっかけに、みんなで会おう!ということになったのだけど。結局、盛岡組以外のメンバーは都合がつかず、久居さんとふたりで、最初から最後までほぼ「猫談義」というディープでコア(なんじゃそりゃ)な楽しいひとときを過ごさせていただいた。ご主人にも相手してもらって。
 なにより。久居家の猫さんたちは、おっとり鷹揚で客のもてなし(あしらい)が上手だった。隠れる!わけでもなく、ちゃんと姿を見せてくれるところがうちの猫どもと大違い。みんながいるところにいたいのよ、でも、知らない人はちょっとね…てな感じだけど。クララちゃんはおもちゃを出すと遊びモードにしっかりスイッチオン!するし。ヨーグルトを出されると「食べるのよ!」と、しっかり食べ。

 隠れる逃げるさわれない、のわが家のお嬢さん猫ちーとはまったくタイプの違う「家猫」さんの女の子猫に、しばしうっとりのひとときでした。ありがとうございます。

a0099350_8341094.jpg

クララちゃん 「狙う」



a0099350_835547.jpg

クララちゃん 「見張る」



a0099350_8354517.jpg

フェイちゃん 「まったりと見張る」



a0099350_8362388.jpg

フェイちゃん 「やんわりと見据える」



 フェイちゃんは長女、という感じ。こちらのにおいをかぎ、それでもぴったりと横に座ってくれたときはちょっと感動しました。前にフリマ品をいただきにうかがったときのことを、覚えていてくれてるようだった。

 クララも本当に感慨深かったなあ。プチポン時代は脚の経過治療で大変だったし、もらわれる頃は風邪を引いていて。ほかのきょうだい猫とは違うことを経験しているだけに。

 保護猫たちには、もらわれてから再会するということはほとんどない。ブログ上で画像を拝見することはあっても。
 こうして実物の、成長したクララを見ることができてうれしかった。生まれてきて本当によかったね。

 ありがとうございます。
by amemiyataki | 2008-02-29 12:03 | 日常
<< CallingもしくはSoul... 異物食いのこと >>