<< 日々是修行もしくは気づき ひばり、決定! >>

a0099350_7534187.jpg

五分咲き、かな


 例年より10日ほど桜が早い。今日を逃してならじ…と、早朝、母を車に載せて高松の池へ。
 盛岡では比較的遅く咲く高松も、ちょうどいい感じに桜が咲き誇っていた。桜は満開の手前の花が愛らしく、目にやさしい気がする。遠くに冠雪をいただく岩手山を望み、池の周りを少し歩く。風が強くなければ、まさに花見日和。

 今日はひばりのお届け日。前日、健康チェックで病院に連れていったときのことを覚えてるから、ひばりは警戒してなかなか側に来ない(通院のときは金曜夜、ごはんを食べているところを後ろからひょいと抱っこしてケージ入れ、ひと晩そこで過ごしてもらったのだ)。

 しかし、ひるんでいる場合ではない。つかまえたら絶対放さないぞ。窓辺の張り出しのところに自ら逃げ込んだところをゲット。縦にしていたキャリーにすとんとお尻から落とす。その際、手に引っかき傷を負ったが、アーニカクリームを塗って事なきを得た(これは本当にすごい。みみずばれにもならず、ほどなく傷口がふさがる)。

 血液検査の結果は、これまで譲渡のときに調べた子たちがそうだったように、やはり肝臓の数値が高かった。「肝酵素の増加がみられますが、今後の生活環境の変化によって改善すると思います」との所見。複数飼いだからなのか、フードの質か…プチポン猫たちの内臓をいたわることを考えなくては。そして、健康チェックでは触診のほか、抱っこがNGなひばりなので爪切りもしてもらう。終始ひばりはおとなしかったが、最後のほうになって、思い出したようにガーッとおののきながらも怒った。

 みんなにごはんをあげ、ひばりを車に載せて北へ。キャリーを風呂敷包みされ、わけがわからないひばりとは裏腹に、快適なドライブ日和。
 部屋を後にするとき、みんなとバイバイだよーと言いながら母親のちゅら、兄のミニョンたちと別れの挨拶。ひばりがキャリーに入れられるのを見ていたみんなは陰に隠れて出てこない。猫にドラマチックな別れはないのだ。

 ひばりをもらい受けてくださる方は、まずひばりの容貌にひと目惚れだった。いかに自分がひばりを必要としているか熱烈にアピールしてくださった。日本語にまったく不自由しない、結婚を控えた外国の方。

 ひばりが人馴れがいまひとつであることを伝えたときは、数日、悩んだそうだ。そして「チャレンジですね」と正直に言ってくださった。
 親きょうだいと離れ、生まれて初めて人間と一対一の関係を築くことになるひばりにとってもチャンレジであるように。
 里親になってくださる彼女が「(ここでの暮らしは)けっこう寂しい」と言っていたけど、なんとなく、彼女とひばりは「合う」のではないかとも思った。ひばりはプチポン暮らしに飽きてきているのかも。環境が違えば、生来備えた気質が表れ、2歳のかわいらしい猫になるんじゃないか。そんな気がしていた時でもあった、思いがけない縁組。

 不思議なことに、その人が長身を折りたたむように床にかがみこみ、目線をひばりと合わせたとき、ひばりは近寄り、その人の高い鼻に猫キスをしたのだ。
 単なる好奇心なのかもしれないけれど、誰にもしたことのない、ひばりの人間への挨拶。

 こうして里親になってくださった女性と、ひばりのチャレンジが始まった。がんばれ、ひばり。
 海外ではホメオパシーはしっかり普及しているので、里親さんはホメオパシーのことを普通に知っていた。血液検査の結果を伝え、肝臓サポートのレメディを渡す。

※画像は、フリーズするひばりしか撮れなかったので、落ち着いたら画像を送ってくれると里親さんが約束してくださったので、それを待つことに。どうぞお楽しみに。

 プチポンに帰り、ごはんの片づけと掃除。ちゅらとミニョンに「ひばりちゃんはねえ、もらわれていったんだよー。寂しいねえ」など言う。

a0099350_8311474.jpg

ふうん(ちゅら♀)



a0099350_8315618.jpg

きょうだいでもわれないのはオレだけ…? がく(ミニョン♂)



 チュラ一家はいずれも美形ぞろい。奇しくも美貌ナンバーワンのちゅらと美形ナンバーワンのミニョンが残ってしまった。ちゅらは人気が高いし、ミニョンもお問い合わせをいただいたこともあるけれど、誰よりも人馴れしていない(それでも、だいぶよくなった)。

 次は誰かな。みんながんばろうね!

 ちょうど、この日は新しいお客人(猫)を迎えに、空蝉さんが南へ向かっていた。

 春とは思えないほど暖かすぎる陽射しが降り注ぐなか、まったりとしている猫たちに、「新しい友達が来るんだよー」と声をかける。

a0099350_8363332.jpg

ふうん(ぜん♂)



a0099350_8392781.jpg

ええっ!?(トリノ♂ 奥・グレ♂)



 空蝉さんが気にかけていたヒーター猫も養生している。

 バイトに入る前、すでにお客人はプチポンに到着していた。早い。

 新しい逗留者は、タキシードをまとい、ちょびヒゲをたくわえた紳士だった。そして、およそ似つかわしくない、とってもかわいらしい声の持ち主。

a0099350_842501.jpg


 ようこそ。これからよろしく。

 この日は大安吉日の満月。
 生きとし生けるすべてのものたちに幸いあれ、と月に祈る。

*****

 おまけ。

 5月11日(日)、盛岡で「ホメオパシーセミナー」が開催されます。プラザおでってにて、10時~13時、2000円。午前中は「インナーチャイルドセミナー」DVD上映。12時から、ライブ講演「ホメオパシーによる人と動物のセルフケア」。まだホメオパシージャパンのサイトにはアップされていないようですが、詳しくはお問い合わせを。
by amemiyataki | 2008-04-20 07:37 | 日常
<< 日々是修行もしくは気づき ひばり、決定! >>