<< 生命あるものは皆、同じ 再びの、日常 >>

平日終わり

 そうか、今週は平日は3日しかないのか…。

 車検用に去年の自動車税納税証明書が必要と知り、慌てて捜した。おかげで机の上とカラーボックスが片付いた。懐かしい手紙がいくつか現れ、読み返し、偶然、「天上の青(Heavenly Blue)」という朝顔の種が出てきた。懐かしい。何年ぶりの再会か。大阪で実を結んだ種が東北に来て、関東に行き、再び戻ってきた。今年はぜひ、種を蒔いてみよう。あの青はいい。

 手紙の主には偶然、どうしても贈りたいと思っていたものを贈り、返事が届いたばかりだった。不思議なこともあるものだなあと、偶然の一致を感じる。


 大切な友達へ。

 日常を重ねていくと、本当にいろいろなことがあって、なかには悲しくてやりきれないことのほうが多い日常ばかりの年頃というものが必ずあります。そんなことはわかっているって言われそうだけど。
 けれど、そんななかでも楽しいこと、ふっと笑える日常もやはりあるわけで。そうした明るい出来事を忘れずに、生きてください。大丈夫。休みつつ、少しずつ、元気になってください。

*****

 カンパにいただいた(uさん、ありがとうございます!)ロイヤルカナンの「食事にこだわりがある猫用」というのが食いつきいい、と空蝉さんから情報があり、閉店ぎりぎりの時間にペットショップへ車を飛ばした。ケータイで時間を確認して、まだ大丈夫と店に入ろうとすると。すでに自動ドアがロックされており、中で店員がレジ閉めをしているのが見えた。
 ロイカナを売ってる店は(盛岡では)限られている。これを逃したら…店員さん気づいて~~と、恥ずかしげもなく自動ドアの前でぴょんぴょんはねたり手を振ったり。しかし気づいてくれない。すみませーーんと、聞こえるわけないだろうに大声をあげ、さらに手を左右に大きく振る。振る。
 思い返してもしょーもないほどあきれ返るんだけど。やっぱりおばさんになったんだなあ自分。というか、猫関連では羞恥心というのがなくなってるよなあと苦笑いというか。

 ようやく気づいてくれた店員は、あからさまに「ちっ」とイヤ~な顔をしてロックを解除してくれた。「まだ閉店前ですよね?」と聞くと、それには答えず「レシート出ませんがいいですか?」と返された。

 すみませーんと言いながら、急いで件のフードを3袋購入。派手きれいなお姉さん系ふたりの店員に再度「まだ時間ありますよね?」と聞いたけど、無視。
 「蛍の光」が流れてる間はまだ店閉めるなよと、サービス業でバイトしている身としては心の中でつぶやく。きっと、ふたりして私が帰った後、さんざん「ムカつく~~」て言うんだろうな。
 そして。神経図太いから、今後も私はこの店に平気で買いに行くんだろうな。うん。そして、このふたりの店員は私に気づいて「あのムカつく客がまた来た~~」て毒づくんだろうな。

 こんな自分はOKなのかNGなのか。まあいいや。

 確かに「食事にこだわりがある猫用」はみんなに好評だったし。

a0099350_23264642.jpg

ばかだよなぁ(左からひばり、ミニョン、ヴァンサン)


 お猫さまたちは、こちらの所業を見透かすかのように上から見下ろすのだった…。

本日のにゃんこですでに報告しましたが、里親さんの健康上の都合により(喘息)、ひばりは戻ってきました。再募集です。よろしくお願いします。
by amemiyataki | 2008-05-09 23:20 | 日常
<< 生命あるものは皆、同じ 再びの、日常 >>