<< 地震 覚え書き補足、お知らせ >>

完全室内飼いのすすめ

 ちゅらにお問い合わせをくださった方から、「完全室内飼いとは、一切外に出してはだめなのでしょうか?」「猫を家の中に閉じ込めておくことは、その猫にとってかわいそうではないでしょうか? 外に興味を持つのは自然だと思うのですが」というご質問を受けました。

 プチポンもりおかでは、完全室内飼いを約束・実行してくださる方にのみ譲渡させていただいております。今回、お問い合わせくださった方は、「このご家族ならきっと猫をかわいがってくれるだろうなあ」というようなおうちでした。こちらの気持ちも理解してくださいました。今年亡くした茶トラの猫さんは、わが家のたきにそっくり。

 一度、猫と暮らす素晴らしさを味わった人は、やはり猫のいない暮らしは考えにくいのではないでしょうか。どうか、再び猫との縁がありますように。お問い合わせありがとうございました。

 改めて「完全室内飼い」の必要性・重要性をプチポン友の間で確認しました。以下、覚え書きとして、返信文を掲載します。

※随時、加筆修正する予定。

*****

ちゅらへのお問い合わせ、ありがとうございます。

残念ながら、ちゅらは人なつこい猫ではありません。
抱っこは無理です。
撫でられるのも、あまり好きではないようです。
というか、人間にかわいがられることがどういうことか、
まだ充分にはわかっていないようです。
野良として暮らし、外での出産経験もあるだけに、
警戒心が抜け切れていません。

人間の側で根気よく接し、時間をかけて
人馴れしていってくれるのを見守っていただく必要がある猫です。

なので、以前、○○さまが愛猫さんと暮らしていたような
「外にお出かけ」のスタイルをとるとなると、
そのまま帰ってこない可能性大ではないかと思います。

>完全室内飼いとは、一切外に出してはだめなのでしょうか?

はい、そのとおりです。

>猫を家の中に閉じ込めておくことは、その猫にとってかわいそうではないでしょうか?
>外に興味を持つのは自然だと思うのですが?

いろいろな考え方があると思いますが、
私たちは猫を一歩も外に出さない完全室内飼いを約束、実行してくださる方にのみ
譲渡をしています。

昔と違い、今はどの家にもほとんど車があり、道路の交通量も多いです。

外に出している猫でいちばん多い死因が「交通事故」です。

そして。外に出していると、他の猫とのかかわりがあり、
その猫がエイズや白血病などのウイルスを持っていたとしたら、
ケンカなどから感染し、病気になってしまうリスクもあります。

多くの獣医師も同様の考えを表明しています。
よろしければ、参考までにお近くの動物病院に聞いてみてはいかがでしょう。

私たちが思う以上に、猫は順応性があります。
保護猫のほとんどは野良歴がありますが、
完全室内飼いという現在の保護環境に落ち着いてくれています。
外に出さなければ「そういうもの」と思い、
家の中だけをテリトリーとして支障なく暮らしていきます。
それには、人間の側の工夫、我慢なども必要になってきますが。

外での暮らしは私たちが思う以上に苛酷で、厳しい環境に思います。

交通事故、病気感染、虐待、よその家の庭で糞尿をした場合のトラブル、
何かあり、そのまま帰ってこなくなった場合……。

それらのリスクやトラブルのことを考えると、
「外に出さないのはかわいそう」とはどうしても思えないのです。

実際に、ちょっとしたアクシデントから猫が脱走し行方不明になり、
捜し出すのに半年近くかかった里親さんもいました。
無事に保護したものの、毒物か何かを口にしたのか(よほど空腹だったのでしょう)、
甲斐なく亡くなった猫もいます。
なにより、そうしたつらい経験を味わった里親さんの苦労、心痛、哀しみは相当なものでした。

外に出すのは自然なこと、ではありません。
猫は野生動物とは違います。
人間に寄り添い、人間の保護なくしては生きられない「ペット」です。
人間が管理ケアし、よそに迷惑をかけないことが飼い主の務めと思います。

以上の理由から、せっかくお問い合わせくださいましたが、
ご希望にそえず申し訳ありません。

プチポンもりおか
by amemiyataki | 2008-06-10 11:31 | 日常
<< 地震 覚え書き補足、お知らせ >>