<< 縁組成立! なんということはないけれど… >>

豊穣の秋

 先週、関東から友人が来県。便乗して紅葉狩りを楽しむ。日常を離れてのリフレッシュ。八幡平アスピーテラインのドライブは初めて。久居さんにルート確認のメールをすると、親切な返信が届く。ありがとうございます。頂上付近はソフトバンクは圏外になり、返信がいつまでも送信されず、結局送らずじまいでした。すみません。助かりました。

a0099350_2345234.jpg

八幡平アスピーテラインを行く



 このあたりがいちばん紅葉がきれいだった。後で聞いた話だけれど、なんでも今年は夜の気温が思った以上に下がらず、温度差がいまいちで、紅葉もいまひとつだった模様。確かに燃えるような錦秋ではない、静かな紅葉だったような気がする。それでも、自然の移ろいや大地の鼓動を感じることができた。やがて訪れる冬を前に、人々は豊穣の季節をいとおしむ。

a0099350_23455243.jpg

松川大橋から望む紅葉群



a0099350_23461682.jpg

松川渓谷の玄武岩



 おまけ。

a0099350_23543150.jpg

友人からもらった岩手山の風景



*****

 先日、カーラジオから落語家・樋口強さんの講演が聞こえてきた。がんを患い、闘病生活のことなどを落語にして、同じ病を持つ人たちに勇気と笑いを与えている人。「生きてるだけで金メダル」という言葉が心に残った。ほかにもいくつか。

 がんばっている人に「がんばって」と声をかけることの負担。「がんばって」ではなく、「がんばってるね」と、ちょっと言い方を変えるだけで、ずいぶんと救われるものです。

 「元気?」と聞くのではなく、「お変わりありませんか?」と聞かれるほうが患者にとってはずいぶんラクなのです。


 保護猫のモリは、本当にがんばっている。8月11日保護当時の体重が1.75キロ。一時は2.15キロまでいったが、今は1.7キロになってしまった。のりおの次に風邪をひいたとき、新入りはだいたい風邪をひいてしまうなあと思った。が、風邪が治った後も、予後がはかばかしくない。10月3日に血液検査。レメディとお灸の治療が続いている(必要に応じて輸液と強制給餌。インターフェロンは高熱が続いたときはしていたけれど、今は必要なし、とのこと)。ほかにアルファルファのマザーチンクチャー。抱っこをするとゴロゴロ…と喉を鳴らすモリに、「モリちゃんは本当にがんばってるねえ、えらいねえ」と声をかける。小さな、痩せた体で本当にがんばっている。気がかりな日は続く。

*****

以下、プチポン保護猫ではありませんが、里親募集リンクです。
気になる子がいたら、ぜひお問い合わせを!

岩手県発 白黒長毛のチロリンちゃん♀

千葉県発 犬の「ゆき」ちゃん♀

名古屋発 茶白の平八郎くん♂

岩手県発 マッシュ一家とリン一家

岩手県発 さび猫ひなこちゃん♀

*****

隻眼の光くんを捜しています石川県金沢市


プチポン逗留中、ヒゲゾウ氏の古巣のSOSです
バナーをクリックしてぜひご覧ください


by amemiyataki | 2008-10-22 00:17 | 日常
<< 縁組成立! なんということはないけれど… >>