<< 恭賀新年 モリ、永眠。安らかに。 >>

一粒の麦

 モリがいないこの世界は、少し色あせて見える…。

 お悔やみのメール、ありがとうございます。プチポン一同、心より感謝いたします。


 「モリちゃんの頑張りは『一粒の麦』のように、きっといろんなところで実を結んで、どんどん増えていくと思います」

 一粒の麦、という言葉がなんとなく、小さなモリに似合うなあと思った。これまで出会い、別れを告げた猫たちは、思えばみんな、一粒の麦たちだったように思う。私にとって。聖書の教えは不勉強ゆえよくわからないけれど。私の中で、出会った猫たちの命は一粒の麦。私の中で芽を吹き、やがては実を結び…。たみおも、こっこちゃんも、ジルも、のりちゃんも、マッチョンやキョンちゃんも…みんな、関わらせてくれて本当にありがとう。そしてプチポン保護猫たちも、一粒の麦たち。そう考えることがいいのか正しいのかよくわからないけれど。命の大切さ、はかなさ、強さと弱さ、慈しむこと、悼むこと…さまざまな感情をもたらしてくれる。

 そして、一粒の麦がもたらす恵みのひとつが、ドットちゃんのこれから、なのかもしれない。
 
a0099350_1303950.jpg

ドットちゃん、生まれて初めての爪きり



 外にいるときは目つき悪いぶさちゃんだなあ…などと思っていたが、こんなにかわいらしい子だったなんて。先生にリリースせずにすみそうですと伝えたら、「あらいがった 凄い甘えて不憫でがんしたよ」と返信があった。病院スタッフ一同、喜んでくれた。

 外で、野良として生きるしかない猫もたくさんいる。けれど、少しでも家猫になれるように。

 河原猫のトラ地蔵さまの命もまた、一粒の麦。

 悲しいときはこらえずに、きちんと涙を流して悼むように。そしてきちんと別れができるように。しばらくはモリのことで涙する日が続きそうだ。

*****

 カンパご支援ありがとうございますのコーナーを更新しました。ミケしゃっぽさま、ありがとうございます。
by amemiyataki | 2008-12-24 02:26 | 日常
<< 恭賀新年 モリ、永眠。安らかに。 >>