<< ドットちゃん、決定! 一粒の麦 >>

恭賀新年

 昨年中の応援、ご支援、本当にありがとうございます。2009年もどうぞよろしくお願いいたします。

*****

 一日が終わり、一日が始まる。という日々の連続で新しい年が明け、日常が繰り返される。

 「しなければいけないこと」にいっこうに手が付けられないのは、生来の不精と、ちょっとばかり気力が萎えているから。しっかりするのだ。認めたくはないけれど、たぶんちょっと疲れているのだと思う。

*****

 ブロンテ一家で保護第一号のどっとちゃん。おかげさまで預かり先で家猫修行中です。どっとちゃんの様子はこちらでどうぞご覧ください。応援よろしくお願いいたします。預かってくださった久居さんご一家には、ただただ感謝です。ご厚意、本当にありがとうございます。

 そして、保護第二号がちびヴァン。12月25日の聖夜に抱っこして連れてきました。

a0099350_1474620.jpg

ちびヴァン



 ノミと回虫の駆虫は済み。来週、シャンプーをしてから去勢手術の予定。そして、この子もありがたいことに一時預かり先が決まっている。ありがとうございます。


 どっとちゃん、ちびヴァンが野良生活を卒業した。そのことが思った以上に気持ちをラクにしてくれた。預かり先のご負担、ご迷惑を考えると見も縮む思いではあるのだけれど。
 ブロンテ一家の暮らしにも変化があった。まず、エビゾーがちびヴァン化してきていること。なつっこい。これまでは「ごはん一番乗り」を逃すまじとばかりに番を張っているかのようにその場所にじっとうずくまっていたのが、若々しく、駆け寄ってくるようになった。しかし、新年になってからは姿を現さない。
 数が少なくなったのをどう思ったのか、さっぱり姿を見せなかったシャーロットが、大晦日に現れた。が、例によって味見をする程度にしか食べない。
 いちばん気の毒なのはどっと、ちびヴァンのきょうだいであるグレコだ。それまでほとんど鳴かなかったのが、ミャウミャウとか細い声で鳴き、ごはんを催促するようになった。このこはドライしか食べない。出席率はすこぶるいい。
 グレコは秋に一度、捕まえたけれど、結局はどうすることもできなくてリリースした。どっとちゃんを捕まえたときは、自身のときのことを思い出したのか、パタパタと周囲を走り回って慌てていた。ちびヴァンを抱っこしてキャリーに入れたときは、グレコはいなかった。
 グレコも保護する予定。
by amemiyataki | 2009-01-03 14:37 | 日常
<< ドットちゃん、決定! 一粒の麦 >>