<< 身の丈、そしてグレコの修行の場所 恭賀新年 >>

ドットちゃん、決定!

 カンパご支援ありがとうございますのコーナーを更新しました。「ちびのすけ」さま、A・Mさま、本当にありがとうございます。感謝申し上げます。A・Mさま、メールを差し上げましたが、猫さんの代理画像、お待ちしております。


 当ブログの左サイドバーも更新しました。新たに「おすすめ猫ブログ」の項目を追加。遅まきながらくるねこ大和をリンク。「猫*友の輪」に猫も茶を飲む…を追加、過去ログのコーナーに続・病めるときも…モリの場合を追加しました。
 
*****

 おかげさまでドットちゃん、里親さん決定! 東京へお届けの予定。
 この上ない良縁にすんなりと恵まれたことが、まだ信じらない。ドットちゃんは強運の持ち主だ。
 外にいるときは、どうしても人なつこいちびヴァンに目と気持ちが先に行き、ドットちゃんは常にナンバー2だった。行動もちびヴァンに倣うところがあり、てっきり男の子かと思っていたりした。
 それが、餌をあげているだけではダメだ、とにかく不妊手術をしようと決め、特に目当てはつけずにいたら、最初に捕まったのがドットちゃんだった。

 モリが亡くなったとき、ある人と話をしていてなるほどそういうこともあるのかなあと思ったことがある。その人が言うには、この世は仮の生で、あの世こそが本当の生。この世で体験する喜びも苦しみも悲しみも、すべてはあの世に行くための修行。たとえば、かかわった猫が野良として生きるのも、またひとつの修行。病気を得るのも修行…。
 本音を言うなら、修行なんてしなくていいや、の生来の無精者。病気が修行というのも耐え難い。けれど、無精者ゆえ、すすんで社会生活を営み、社会に参加しなくては、どうしようもない堕落の奈落の底へどんどん落ちてしまうだろう…とも思う。猫にとっての修行、自分にとっての修行をふと考えた次第。

 猫たちも、外で暮らすしかない野良もいるかもしれない。けれど、まだ幼く人なつこいドットちゃんやちびヴァンは、家猫になって修行を積む猫であってもいいかもしれない。
 どこで修行を積むか。
 「外」でもなく、「家」でもなく、「保護状態」が続くプチポン猫たちの修行はまた、それなりに厳しいものではないのか。人なつこく寂しん坊のななやぴあには確かに厳しい状況だ…。
 きょうだいより警戒心があるグレコがいまだ外にいるのは…。

 なるようにしかならないと思いつつ、やはり人間のちょっとした努力や行動がその猫の生を左右するなら、がんばらなくては。 

a0099350_13231714.jpg

ちびヴァン 1月9日撮影



 駆虫とシャンプーを済ませたちびヴァン(ドットちゃんの兄)がプチポン入りした。去勢手術を済ませ、養生してから一時預かりしてくださる方のもとへ行くことになっている。
 おっかなびっくりに新しい環境をきょろきょろ見回しながらも、またたびの木にすりすりしたり、こちらが振り回すおもちゃに「カカカカ…」と反応し、遊ぶ。ドットちゃんもそうだが、素直というか、すれていないというか。

a0099350_13234269.jpg


 ケージ内のトイレにうずくまったきりだったが、砂を足したら、それまで我慢していたのだろう、しっことうんちをした。
 プチポン猫のヴァンサンに模様が似ているから「ちびヴァン」と呼んでいたけど、どちらかというとのりおっぽい。

 しかし、去年の8月に初めて見たときは確かに子猫だったのが、こんなに大きくなろうとは。4.2キロ。うちのたき(9歳)と同じ。この子にも良縁を呼び込めますように。

 そしてグレコも捕まってくれますように。

*****

 久居さんのお宅におじゃまして、ミスティーガーデンを実際に見て、遅まきながら2セット購入。わが家の母と、プチポン猫のぜんに。ともに慢性副鼻腔炎。
 電気不要の気化式加湿器。コップ1杯が自然蒸発するより15倍の加湿力らしい。
 毎朝、「効いてる?」「(効いてる)ような気がする」という会話がわが家では繰り広げられている。が少なくとも、「鼻がびがび」状態はなくなったようだ。

a0099350_1324812.jpg

プチポン部屋に置いたミスティーガーデン(左)



*****

 今週の目標。「借りたものをお返しする」。CD画像の発送を2件。
by amemiyataki | 2009-01-13 14:24 | 日常
<< 身の丈、そしてグレコの修行の場所 恭賀新年 >>