カテゴリ:日常( 394 )

再生

 ロジャー・ゼラズニィの「アンバーの九王子」に夢中になった時期があった。SFヒロイック・ファンタジー。

 父王オベロン亡き後、王位を狙ってさまざまな陰謀が渦巻く真世界・アンバー。主人公コーウィンは最も王位に近いところにいながら、弟王子らの策略でアンバーの影の世界の一つである現世界・アメリカの某病院に監禁され、薬で記憶喪失にされてしまった。

 意識が混濁していたコーウィンが覚醒するところから、物語は始まる。「終わりが始まろうとしていた。僕にとって永遠とも思える時間が過ぎ去った今になって」。うろ覚えだけど、確かそんな思わせぶりな一文から始まるゼラズニィのこの作品に、たちまちシビれた。

 自分がどこの誰なのかわからないまま、次々と襲いかかる「敵」(実は兄弟姉妹が放つ刺客たち)に立ち向かい、倒していくコーウィン。徐々に記憶が蘇り、ようやく故郷アンバーへたどり着き、ほぼすべてを思い出したのもつかの間、弟王子の手中に落ち、王宮の地下牢へ投獄。再び監禁されてしまう。今度は両目をえぐられ、失明させられて。そして宮中では、弟王子の戴冠式が行われる…。

 どのくらい時間が経ったのか。絶望にあっても、コーウィンは「その時」を待っていた。そう。自分の「力」が蘇るときを。彼をはじめ、王族にはなにがしかの再生能力が備わっていた。空洞だった彼の眼窩には再び目が再生し、光を取り戻す。そして、おのれの力で脱獄し、復讐を誓い、アンバーに呪いをかける……。

 この世で絶対、信じてはいけないもの。それは「きょうだい」と言い切り、登場人物すべてがうさんくさく(王女たちまでも)、スピード感あふれ、とにかくかっこいいのだ。大学で中世イギリス文学を専攻したゼラズニィが満を持して、オベロン伝説をモチーフに繰り広げるサーガ。

a0099350_23155655.jpg


ふうん、それで?(ちいちゃん)


 プチポンもりおかで保護して里親募集しているキジ白のちいちゃん(♀ 不妊手術済み)。去年の夏、大通の繁華街の某店の敷地で子猫を3匹出産、竹薮で子育てしていたところを保護。
 子猫たちは無事それぞれもらわれていき、ちいちゃんだけが残った。とても人なつこく、まだまだ若い。子育ても済み、ほっとしたのもつかの間、ちいちゃんはどんどん体調を崩し、11月には眼球炎を患い、右目が破裂してしまった。
 もともと、保護したときから涙目で(左目は切開跡のような医療行為があったことから、ちいちゃんは元飼い猫だったのだと思う)、目の調子は悪かった。

 けれど、一度、悪いものを出してしまってからのちいちゃんの回復力は見事だった。
 右目が破裂ということは、つまり視力を失ってしまったものと思っていたのだけれど。画像(4月1日撮影)を見てわかるとおり、うっすら膜のようなものが全体にかかっているけど、瞳孔は大きくなったり小さくなったり。ということは、見えているのだ。

 みんなで、「ちいちゃんの目、よくなってきているような気がする」「すごいよね」と言っていたけど、ここまで回復するとは。体型は…ぼんぼり尻尾の後ろ姿はまるで、うさぎそのもののようにころんとなっちゃったけど。おなかの毛の再生も、そのうち、ね。

 失われたものがどこまで再生するものなのか。再生能力がある「種」はどういう種なのかはよく知らないけれど。そういえば、清水玲子の「パピヨン」も、プラナリアを使った「再生」の話だった。

 ころころと肥えて、こちらにしがみついて「にゃむにゃむ」と甘えてくるちいちゃんを抱っこしながら、ふと、一条の光すら届かない牢獄の闇で、復讐を誓うコーウィンを久々に思い出した。岩窟王もどんな思いだったか。「銀色の髪のアリサ」(by和田慎二)のアリサは…なんて、目の再生から思いがけず、囚われのフィクションの主人公たちのことをつらつらと思い浮かべた、4月最初の日曜日。

 ある化粧水をつけてダメージを受けた皮膚はなかなか回復しない。なんとかよくなったかと思ったら、再びひどくなった。自分の再生力って…とちと情けない。

 心は? 落ち込んだりダメージを受けたり、自分に嫌気がさしたとしても、再生する力は必ずあると信じている。うん、大丈夫だ。こういうときは、荒波に向かって「人間って案外強いものですのね」とつぶやく「エースを狙え!」のお蝶夫人を思い出したりして。しょーもないなあ。

*****

 ゼラズニィ作品では、ほかにインド神話をモチーフにした「光の王」(深町眞理子さんの翻訳がすばらしい)、ギリシャ神話をモチーフにした「わが名はコンラッド」、そして「伝道の書に捧げる薔薇」がおすすめです。

 ゼラズニィを教えてくれたSちゃんには感謝。一緒に行ったギリシャ、懐かしいね。

*****

 ちいちゃんの募集記事はこちら。里親募集中です。
by amemiyataki | 2007-04-01 23:54 | 日常

あったかくなったら

 3月29日付の朝日新聞 天声人語を転載。

 一休さんのような少年僧が、暗い道に張られた縄に足をとられた。地面にしたたかに顔を打ち付け、血が噴き出す。しかし、少年は泣くこともなく寺に帰ってゆく。

 「衣を着たときは、たとえ子どもでも、お坊さんなのだから、喧嘩(けんか)をしてはいけません」。少年は、縄を仕掛けた連中が近くに潜んでいるのを感じたが、この母の教えを守った。母は、血だらけで帰ってきた彼の手当てをし、抱きしめて言った。「よく辛抱したね」

 80歳で亡くなった植木等さんが『夢を食いつづけた男』(朝日文庫)に書いた、幼い頃に受けた「いじめ」と母の記憶だ。住職だった父は、部落解放運動の闘士でもあった。治安維持法違反で入獄したり、各地の社会運動に出かけたりして寺に居ないため、植木さんが檀家(だんか)回りをせざるをえなかった。

 父・徹誠さんは後年、「スーダラ節」の「わかっちゃいるけどやめられない」のくだりについて、「親鸞の教えに通じるものがある」と言ったという。「人間の弱さを言い当てている」

 おだてられてその気になったり、お呼びでないところに出てしまったり、あげくには、ハイそれまでよになってしまったり。人の弱さと浮世の切なさとを、底抜けの明るさで歌い、演じた。

 「無責任男」として有名になったが、根は誠実で、思慮深い人だったという。いわば、世の中の「無責任感」を一身に背負うという責任感が、あの笑顔を支えていたのではないか。耳に残る数々の「植木節」は、戦後の昭和という時を共にする多くの人の道連れであり、応援歌でもあった。


 これを読んで「夢を食いつづけた男」が読みたくなり、アマゾンで検索したが在庫切れ。

 朝ごはんを食べながらこの話を母に読んで聞かせたら(最近、食べながら新聞を読むというひとり暮らし時代の悪いクセが…)、

「親鸞! おばあさんがしきりに『えらい人だ』っていってたっけなあ」

 信仰篤かった曾祖母のことを懐かしそうに言う。曾祖母が善光寺参りに行ったとき、お土産に草履を買ってきてくれたのが幼心に相当嬉しかったらしく、何かの折にふと、その思い出が母の口をついて出る。

「あったかくなったら、善光寺に行こうか」

「行くのは大変だっけ…牛に引かれて善光寺参り……

 てお母さん、それはちょっと違うのでは……。

 けれど最近、「どこかに行きたいなあ」とふと漏らすのだ。

「あったかくなったら、善光寺行こうよ」

 母がうれしそうに笑う。

「大阪でもいいよね」

 母が声をあげて笑う。大阪万博で食べたすうどんの味がいまだ忘れられないでいるのだ。

 あったかくなったら。

 暖冬なのに、朝起きたら一面の雪だった。

 やはり東北人には春は待ち遠しい、特別な季節だ。


*****

追記

 tamaさんから、復刊ドットコムというサイトを教えてもらい、さっそく「夢を食いつづけた男」に投票しました。一定の投票数に達すると、出版元に再版交渉をしてくれるそう。すごい。登録手続きが必要。


 拙ブログはリンクフリーです。

 それにしても、エキサイトブログ、使いやすい。便利。
by amemiyataki | 2007-03-30 01:25 | 日常

暖かい日

a0099350_171631.jpg

テレビでまったり(母撮影)


a0099350_18482.jpg

フィギュアを見るちー


 最近、母がまずい…。簡易保険の契約をうっかり結んでしまったらしく、後で不安になり、私に話をしてもさっぱり何を言っているのかわからない。本人も、何を契約したのかわからない。郵便局の人に再度足を運んでもらって話を聞き、納得したものの、今朝になってまた不安になり、それならいっそ、解約すればいいじゃないと再々度、足を運んでもらった。が、結局は解約しないという。当初、はんこなんて押してないと言い張っていたが、控えの領収書を見るかぎり、どう見ても新しい契約を結んだことになってるよと言っても、「覚えがない…」。

 はんこは押してあった。そして、本人がしっかり署名もしている。それなのに、「覚えがない…」。そして、3回足を運んでもらって、結局契約は解除しない。ばかじゃないのと言ったところで、「親をばか呼ばわりして」とそういうところで逆ギレする…。

 お願いだから、ひとりのときはどんな人でも家にあげない。娘がいるときに来てくれと断る勇気を持とうよ、と言うとうなずくけれど。

 なんだかしゃっきりしない、頭に暗雲がのしかかったような日が続く。まあ何事もなくてよかったことはよかったけれど。そんなこんなで仕事の予定が大幅にずれこんでいく。

a0099350_114173.jpg

理想的なレメディのあげ方というのはあるけれど。
 たとえば食前20~30分前にのませることとか。
 (自分が飲む場合でなければ)直接手に触れてはいけないとか。

 さわれない猫にのませる場合など、理想とは違う状況下というのがいくつもある。

 粘膜から吸収されるわけだから、たとえばスプレー式のものなら、鼻や口のわきから歯茎に向かってしゅっ!と吹きかけてOKだし。量ではないから、たとえ吐き出されようと、口の中にぽいとレメディを入れ、口をふさいで少しでも粘膜にふれる状況を作ればOKだし。ごはんにふりかけてもあり、だと思う。実際、猫たちにあまり負担のかからないように「○○しないよりはマシ」という感じでレメディをあげてます。

 病院からは、画像のようなスポイトと、附属のキャップをもらいます。キャップに1粒レメディを入れ、ミネラルウォーターを入れ、溶かす。溶けるのに意外に時間がかかる。そういうとき、ソフトタブレット状のものなら溶けるのが早い。
 溶けたら、よく振る。スポイトに取る。口のわきから粘膜(歯茎)に向かってぴゅっとのませる。

 と、こんな感じでレメディをあげてます。
by amemiyataki | 2007-03-26 00:39 | 日常

またまた、雪。

 今週の頭、盛岡は朝の最低気温がマイナス8度だった。そして昨日はみぞれまじりの雪が降り。寒い。けれど金曜の朝の陽射しは確実に春を思わせる。おかしな天候。

 月曜、皮膚科とチップデールの通院。古株のぴあとこぶを除いて、ほぼ全員がひとまわり、今年の風邪を経験したことになる。今年の風邪は目。左目からきて右目へ。姉妹でも、処方されたレメディが違った。少し治りかけのチップは朝晩のアージニット(アルグニット)。後から風邪を引き、左目の結膜が真っ赤っ赤のデールにはラカシス(ラケシス)とエイピス(エピス)。腫れててかゆくてしんどいだろうな。

 点眼薬はユーファラジア。逃げるので昨夜ケージに入れた。逃げ回る途中、デールは怖くて肛門腺を出した。うーとうなるけど、ふたりとも扱いやすい。やはり生粋の野良ではないと思う。捨てられたのだろう。

 つい忘れていた(切らしていた)ちーちゃんの点眼ももらう。ちーちゃんのはユーファラジアとカレンデュラを調合したものだ。

 ふと思いたち、自分の皮膚にグラファイト(黒鉛)はどうなんでしょうと先生に聞いてみる。「うーん…それこそ(グラファイトは)好転反応がきついんじゃないかな」

 皮膚科では、普通は一週間で改善されるのに、思ったより(自己の)自然回復力があがってこないといわれ、ビタミンから強い薬に処方が変更になった。3種類…うーん。もういいっす。すみません。
 最悪の時期は過ぎたと実感はあるので、処方された薬はのまないことにして、ホメジャのスパジリック ゲルTu(スーヤ)と、先生に「ラカシスかアーセニカム」とヒントをもらって、アーセニカムをのんでいる。
 皮膚が薄い目の周りのダメージがひどい。眉間に般若のような深い皺が掘り込まれたのにはまいった。しかし、まだ痒みはあってもずいぶんましだ。
 覚え書きに。そのうちここかここのクリームを使ってみるのもいいかも。

*****
 
 「京都のお酢屋さん」というレシピ本をなにげに買ったら、けっこうこれがいい。アボカドとじゃがいものサラダ。マヨネーズを使わず、アボカドのもったりしたバター感とオリーブオイルと塩、酢だけの味付け。本当ならレシピどおり紅芋酢を使ったほうがおいしいのだろうけど。手持ちの米酢で間に合わせても充分おいしい。

 黒酢バナナから、今わが家では黒酢リンゴをヨーグルトにかけている。これもまたいいけど、減量には黒酢バナナのほうが効き目がありそうな気がする。
by amemiyataki | 2007-03-23 01:19 | 日常