<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大雨

a0099350_9183147.jpg

何を見てる?


 秋本尚美さんの「家とオトコとネコ」がおもしろい(久居さん、ありがとう)。
 画像は、枕元の積み重ねた本(片づけろよ…)に顎をあずけ、見上げるたき。視線の先には…なんにもいなかったけれど。

 猫のまなざしっていいね。

*****

 ふぁんじにさんが、家の前で事故に遭った黒猫を保護。近くの動物病院からしんたろうくんのかかりつけ医でもあった病院へ転院。龍太郎くんと命名。愛猫の菜之助くんから輸血をし、両後ろ脚を断脚という大手術。
 4月に愛するしんたろうくんを喪い、今、こうして(おそらく飼い猫であったであろう)龍太郎くんとめぐり合い。

 猫を飼っていて、外に出している人は龍太郎くんのこと、これも何かの縁と龍太郎くんの命をつなごうとしているふぁんじに夫妻のことを心に留め置きください。


 断脚とは違うけれど、下半身不随の猫さんを知っている。野良の子として生まれ、何があったか、おそらくボス猫にかまれたのか神経をやられ、下半身不随に。外で生きるには難しく、保護されたものの、保護主は飼育放棄。めぐりめぐってたどり着いた一家に、本当に大切にされ、慈しまれたコ。自家製のサスペンダー付き半ズボンをはき(おむつ用)、信じられないくらいの速さで居間を駆け回っていた。膀胱炎しぼりなど排泄チェックの通院は欠かせず、体重管理にも気をつけてもらっていたけど。その猫さんは、とっても素直でまっすぐなまなざしをしていた。

*****

 ふぁんじにさんが治療の過程で知ったという「閉鎖療法」からリンクをたどって。エル・ファーロという動物病院のサイトに出会った。久しぶりに、読みでのある獣医師のサイト。
by amemiyataki | 2007-06-29 09:41 | 日常

快晴の水曜日

a0099350_105141.jpg

ぴんぴん(体重500グラム 6月25日撮影)



a0099350_1052268.jpg

「おねえちゃんをよろしくなの」ぽんぽん(同日撮影)



 ぴんぴん…鼻水ぐしぐし飛ばしてたけど、確実によくなっている。がんばるのだ。
「あっ! 後ろ姿がかわいいわよ!」てサヴァさんが撮影時、言ってた(笑)。たぶん近いうちに、前から撮ってもかわいい写真が撮れると思う。両腕のキジ模様が愛らしい。しかし、それにしてもぽんぽんの腹…。

*****

 母、回復力がすばらしい。今朝は昨日より遥かにいい。自然治癒力がやはりあるのだなあと、妙に感動してしまった。

*****

 情報キャッチのアンテナはかなり錆びついてしまっている。おととい、ジュンク堂に行っても何を買っていいか呆然としてしまい、結局は何も買わずに帰宅。とほほ。
 最近では、里親さんたちのブログで本情報をゲット。その夜は秋本尚美さんの本をアマゾンで注文。

 最近のホメ本では、やはり永松昌泰さんのホメオパシー入門がおもしろかった。後半のQ&A形式の各レメディ説明は多少はしょった感じがなくもないけど、前半がとにかく読みでがあった。ホメオパシージャパン本しか読んだことがない人はぜひ、ご一読を。

 たとえば。自分で作った借金を親に返済してもらうのと、自分でがんばって借金を返済すること。借金ゼロという結果は一見同じでも、親に立て替えてもらった人は、また借金を繰り返すであろうことは容易に推察できる。自力で返済した人はそれが糧となり、今後の人生が変わってくるはず。
 同様に(といったらいいのか)、ステロイドでそのときの症状を抑えたとしても、それは表面上の「つじつまあわせ」をしただけで、完治とはいえない。ホメオパシーで自然治癒力を発動させ、治すのが本当の治療ではないか。

 たとえに異議はあるだろうけど、「なるほど~」と思うことがたくさんあった。


 ほかのホメ本を読んで。なぜ同じレメディをリピートするのか。自然治癒力にスイッチを入れるためだそう。なるほど~。

*****

 以前、猫フードを通販したときに同梱してあった「CAT NEWS ネコちゃんパラダイス(にゃんぱら)」という新聞(産経新聞メディックス発行)にあった情報で気になったものを今さらだけどメモ。

・石やタイルにペット画像を焼き付けたコロシリーズ

・正しくアロマセラピーを知るための物語猫から飼い主への手紙(さんが出版 1000円)

・ペットシッターが考案した無機系消臭剤

※プチポンで実際に使ってる消臭器にオーフレッシュがあります。静かにしてるとかすかな音はしますが、このコンセントタイプは本当に便利。芳香剤とは違うので安心感もあるし、空気清浄機よりコストパフォーマンスは高いような気がします。なにより、お手入れ、取り替え不要、場所取らずというのがいいです。高いけど、それなりの価値はあるんじゃないかな。重宝してます。booさんありがとう。
by amemiyataki | 2007-06-27 11:41 | 日常

水無月も今週で終わり

a0099350_7171961.jpg

遊んで満足(ちー)



 月曜、サヴァさんとちいちゃんの通院。ぴんぽん姉妹を撮影。
 いつの間にか、ぽんぽんはお姉ちゃんのぴんぴんよりでかくなっていた。
 そして、ぴんぴんの目が開いていた! 瞬膜が出てるけど。鼻水ぐしぐし飛ばしまくりだけど。

 がんばるのだ。

*****

 母、今度は風邪を引く。左手の不調を整形外科医に腱鞘炎といわれ、絶不調に拍車がかかる。
 庭の草取りを業者に依頼したのだけれど、草取りをしてもらう前に、自分でかなり草取りをする。
 髪を洗って、乾かさないで寝てしまって風邪を引く。
 うーん。心疾患に草取りは厳禁なのに…。父が遺した庭の手入れはけっこう厳しい。

 先生に相談し、朝はT-21、夜はカルクフロアのいずれもティッシュソルトをのんでもらうことにする。
 傷めた腱やくるぶしにテルミー灸オッケーと聞き、さっそくやってみることに。

*****

 marieさんが子猫を保護し、里親募集しています。
 東京近郊の方、どうぞよろしくお願いします。
by amemiyataki | 2007-06-26 07:32 | 日常

穏やかな週末

a0099350_1434295.jpg

祈るようでもあり…


 平日に2日間、バイトを休みにしてもらったら、本業のほうがだいぶラクになり、ほっとしている。
 その代わり、土日はまったく休みがなくなってしまった…いいんだか悪いんだか。バイト日を減らしたいと、はっきり言うふんぎりがまだつかず…。けれどいずれ月半分の出勤になるよう調整できたらいいなあ。この1年間に3人辞めて、補充なしだから無理そうなんだけど。

a0099350_1435512.jpg

アングルを変えて



 梅雨入り宣言の日と翌日、雨が降ったものの、それ以外は夏日が続いている。暑い。今日は今年初めて、コンビニクーラーを稼働。キッチンで、そうめんをいただきながら冷風を感じる。夏の到来。

 昼寝は母と、と決めているたきは、こんなふうに母のベッドで寝ている。猫の寝姿はいい。つい激写。

a0099350_14354439.jpg


 金曜夕方、突然、ケータイが壊れた。数分おきに再起動してしまう。メールがまったく受信できなくなる。土曜、ショップに行き、修理に出すことになった。買って1年未満なので、無料修理だそうだけど。こういうことってあるんだなあ。代替機を借りる。これ、紛失したら3万円の賠償金を払わなくてはならないそう…おそるべし。

a0099350_14361746.jpg

切れ長の目…と母は言う(そうか?)



 昨夜、「ライアーゲーム」スペシャルを見た。気にはなっていたのだけれど、なかなか見る機会がなくて、やっと。初回から見てる人には総集編といった感じだったろうけど。ちーと遊びながら、結局最後まで見てしまった。うーん。ありがちというか。性善説? ちょっと気恥ずかしくなるような最後だった。「デスノート」系というわけでもないけれど、なんとなく「作り」が似てる感じがした。今、若者にはこういうものがはやるのか。松田翔太と戸田恵梨香のキャスティングも、どうしても「花より団子」を引きずって見てしまうんだなあ。

*****

 「猫持ち込み願い」というメールが届く。フリーメールアドレスで連絡先なし。
 何度か読み返し、頭の中で返信を書いてみる。
 すみません。返信を出したところで、それはあなたが聞きたい言葉とはほど遠いもの。
 そしてこちらの言葉が本当に届くかどうか。
 なので、返信は出せません。

 見たこともない猫のことを思い、泣きたくなる。
by amemiyataki | 2007-06-24 15:12 | 日常

びっくりが、ふたつ

a0099350_12552623.jpg

「異議あり!」と、挙手しているようでもあり…



 昨日のこと。宅配で届いたフードの段ボールを開封していたときのこと。ストックケースを整理したりと段ボールから離れたほんの一瞬の出来事だった。
 ちーがフードが入った段ボールの中に飛び乗り、しっこ粗相をした。びっくり。段ボールの側面、内側、フード、底面。本人(猫)もいけないことをしてやったと重々承知で、ターッとパソコン部屋へ走り去った。
 しっこ粗相は私の部屋でしたことがこれまで何度かある。原因はちーの場合、「かまってない」「充分向き合ってない」「しっかり遊んでない」。この数日、しっかり遊んでないものなあ。毎朝、カステラのひもを振りかざし、追いかけっこしてちーと遊んでいた母も足の打撲以来、遊んでいなかったし。夜も、隠れるままにして、私の部屋へ連れていかなかったのも一因かも。
 ちーの粗相を初めて目撃した母は、「しつけないと!」と息巻き、手を挙げて叱るふりをしてみたり。いや、そんなことしても通じないしと言ったところでやめるわけもなく。

 段ボールの中に、隙間を埋めるクッション代わりに、新聞紙・チラシをシュレッダーでかけた細かい紙が入っていたのも、ちょうどトイレ代わりにいいと思ったのだろう。

 人も猫も、悪かったなあと思うひっかかりがそれなりにあった午後は、おたがい神妙に過ごした。

 一夜明けて、午前中はちゃんと遊んだ。たくさん話しかけて。ちーもまあ満足してくれたようだ。
 わが家に来て4年。いまださわれないけど。さわれないちーとの唯一のコミュニケーションが、今のところ「遊び」なんだから、それをおろそかにしちゃダメだよね。ちーにも心があるのだ。母も母なりにかわいがってくれている。

a0099350_1256593.jpg

気だるい真昼の眠り



 これは、今週初めの暑い日のショット。のびているちー。はみだしているあんよがあまりにかわいいので、いけないと知りつつ、つい触れてみた。案の定、ビクッとひっこめ、起き上がり、頭を平らにして「なにするにゃっ!」とこちらを凝視。ごめんねー、あんまりかわいかったからさあ。

a0099350_12563563.jpg

文句ある?



 その日の夜に撮影。いつも、カメラ目線。

 そうそう。さらにびっくりがもうひとつ。
 そんなちーの粗相騒ぎが起きた昼。昼食にと焼いた柳かれいの干物がどこを探しても見当たらない。ちーが取ったに違いない!と、これまたちーを叱る母。濡れ衣だって…。
 実は焼いてないんじゃない? そんなはずないっ!
 さんざん探した挙げ句、ホイルに包まれたまま、台所の流しに置いてあった……。
 こうやって、ボケが進むのかと、母もショック。

*****

 6月は環境月間なのだそうだ。今日の朝日新聞でエコバッグ特集をしていた。
 スーパーで「レジ袋はお使いですか?」と決まって言われるのに辟易して、マイバスケットを使うようになってからだいぶ経つ。環境云々というより、お決まりトークに本当にうんざりしたからだった。先日はデパートでルーショッパーのエコバッグ展をやっていて興味深く見たけれど、実際に「欲しい!」と思う柄はなかった…。猫柄より、犬柄のほうがセンスあると思った。これがわが家の猫のプリント柄だったら欲しいなあ、でもいくらするのかなあ…ベネトンのエコバッグのほうが使いやすいのかなあとか、あれこれ考えたりして。悩むくらいなら、手持ちのレジ袋をさんざん使いまわしたほうがいいのでは…と思いつつ。
 しかし、某高級ブランドが7月に発売するとかいう15万もするエコバッグを買う人って…いるんだろうな。水牛の革と絹製で、バーキンやケリーバッグと同じ工房で作るからって……。

*****

 ある本を読んで。その動物が「幸せか」「不幸か」。幸不幸はあくまで人間の側のものさしであって、動物自身はそうした枠を超えた、はるか大いなる営みというか、輪の中にある。生きることに無心、ということか。

 まあなんにせよ、猫たちによって自分が幸せにしてもらっているということに変わりはなく。どうしたいのか、どうしたらいいのか。まずは里親募集掲示板に投稿しよう。カンパ支援ありがとうございますコーナーの更新もいい加減にしないと。感謝の気持ちを忘れずに。メールの返信も。

 …と、つぶやきをメモ。
by amemiyataki | 2007-06-21 13:48 | 日常

今日も夏日

a0099350_13365971.jpg

さくらちゃん


 ロビン改めさくらの飼い主さんから、貴重映像をいただく。左手の「くたっ」と感がべリィキュート。ケータイの待ち受け画面にしているそう。

 梅雨入り宣言はまだなのに、この暑さはどういうこと? 猫たちがばったり、廊下に行き倒れ、「午睡」の文字そのままにまったりと昼寝をむさぼっている。その寝姿がいちいちかわいい。

*****

 「やっぱり検査は受けなきゃね…」と、同窓会から帰って、母。はい? 同窓生の中でも心臓カテーテル検査を受けてる人が何人かいて、やっぱり検査は受けるべき…と思って帰ってきたのだ……。言葉がない。

 「呼吸法が間違ってるのよ」と、先日の「オーラの泉」で美輪さんが大泉洋ちゃんに言っていて、なるほど!と思った。間違った呼吸法(この場合、口呼吸)だと、鼻炎・鼻づまりのトラブル、引いては心臓疾患にもつながる、と。母もすべてに当てはまる(慢性副鼻腔炎、不整脈)。
 モスさんのところで知ったナチュラル・メディスンに、「呼吸法」について書いてあった。

 鼻から息を吸い、口から吐き出す呼吸法。この本では、4・7・8の比率を勧めている。鼻から息を吸い、4つ数える。息を止め、7つ数える。口から吐き出しながら、8つ数える。

 太極拳でも似たような呼吸法を習った。

 意外に杖って高いのだなあとか、どこで売ってるのかと迷いもしたが、客にお年寄り率の高い某ショッピングアーケード内にある100均ショップで105円で売ってあるのを見つけ、購入。重宝している。

*****

 先日のチャグチャグ馬コのスナップ写真をkeikoさんが撮っていた。さすが。あの仔馬は生後20日だったのか~。しかも、母馬の尻尾につながれていたのね~~。めんこい。リンク先にスナップ写真集があります。
 
*****

 本日の気になる商品。飲む酸素 オキシジェンドロップス。最後のページにペットに飲ませる場合の説明があります。
 
by amemiyataki | 2007-06-19 14:45 | 日常

生きろ。

a0099350_14533571.jpg

ぽんぽん、里親決定


 先生から。先週の「オーラの泉」の感想メールの追伸に、「ぽんぽん、近所の方にもらってもらうことになりました。先方の準備が整い次第、嫁入りです。えがった~」。
 えがったえがった。近々、ぴんぴんの写真撮影に行く予定。

 応援ありがとうございました。ぴんぴんもよろしく!

 にしても、大泉洋出演の「オーラ…」。時間帯も変わってからはあまり見なくなっていたけど、この回は、「なるほど~」と思うような言葉が胸に響いた。グループで何かをしているとき、活動を継続させていくコツ、のようなもの。思い当たることがあった。

*****

 前のエントリのぴんぴんの画像を見たときも思ったのだけど。人間以外の生き物は、生きることにシンプルだ。ただ、「生きる」。それだけ。

 そんなことをぼんやりと思っていた先週。ふと回したチャンネルの画面に、「もののけ姫」のイラストと「生きろ。」のキャッチコピーが飛び込んできた。そのキャッチが、糸井重里さんのものであることを初めて知った。それでつらつら検索して行き当たった言葉をメモ。
Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学べ。
  明日死ぬかのように生きろ。)

ほぼ日刊イトイ新聞より



 最近では、「プロポーズ大作戦」の「明日やろうは馬鹿やろうだ」の、夏八木勲演じるヒロイン長澤まさみの祖父の台詞。

 ぼやぼやしてちゃダメなのだ…と思いつつ。

*****

 いつも応援してくださっているHさんが、ブログでプチポン猫の紹介をしてくださった。ありがとうございます。
 今、プチポンで里親募集している猫たちは正直、(言い方は悪いかもしれないけれど)難易度が高い猫たちばかりのような気がする。人馴れいまひとつとか、なつっこくてもケアが必要だったりとか。

 確かに生きることにシンプルな猫たちだけど、あともうひと押し。飼い主がいてこその「暮らし」をぜひ味わってほしい。

 私自身、たきに友達猫を迎え入れるまでに4年かかっている。それまでに一時預かりをした猫、4匹。なかなかふんぎれなかった。「失敗」というのではなく、経験値を重ね、自分を追い込む意味もあったのかもしれないけれど、遠い横浜で里親探しをして奮闘している人から、ちーをもらい受けた。
 人それぞれ。いろんな出会い方があっていいはず。

 猫との暮らしはいいです。

*****

 狂乱の一週間が過ぎた。本番の同窓会を無事に終え、母もひと息。足は全治2ヵ月という。
 同窓会から帰ってきて、しばらくはあれこれ言っていたけれど(車一台買えるくらいの眼鏡をかけていた人とか、なんだらかんだら)。やれやれ。結局、私が全身コーディネートしたことになってしまった服装にたいしてもひととおりこぼしていたけど、過ぎてみればいい(ホントか?)思い出。

*****

 ねこ畑でオリジンを扱っていることを知り、さっそく注文。オリジン、イノーバEVOに味が似てる。
by amemiyataki | 2007-06-18 15:25 | 日常

真夏日(たぶん)

a0099350_2141563.jpg

ナニー@ぴの子になつく、ぴんぽん姉妹


 ぽんぽんの腹が…(笑)。ぽんぽんをもらってくれそうな一家、現る!と先生からメール。「ぴんぴんの目もだんだん開いてきました」

 がんばるのだ。

*****

 黒猫ぴあとヴァンサンへの応援メッセージをくださったgさん、ありがとうございます。
(HNを記載していいかどうか迷ったので頭文字のみにて失礼します)
 fioreさんもいろいろとありがとうございます。嬉しいです。
 デールへの応援メッセージをくださった神奈川のKさんもありがとうございます。プチポンをチェックアウトした保護猫たちは、関東圏にもたくさんいます。

*****

 月曜、母、病院へ。レントゲンを撮ったところ、骨にひびが入っていた。医師からは温泉OKが出たそうで、同窓会行きに変更はなし。検査入院はしないで同窓会!?と、叔父叔母たち(母の弟妹たち、大勢)があきれている。「今は便利なものがあるんだねえ」と、ギプスとはまた違うしっかり固定のサポーター?に母、感心しきり。奇しくも待合室で、ペースメーカーを入れているという婦人と話がはずんだそう。品格のあるその人は、リタイアした看護師で、とても80という年齢には見えないほど若々しかったそう。さらに、偶然にもその人も同窓会を控えているといい、宿泊先を聞いて愕然。母たちが止まるホテルより格が上のところ…。比べても仕方ないし。

*****

 たまにホメオパシー相談のメールをいただきますが、やはり専門のホメオパスにかかったほうがいいと思います。

 私は利用したことがないのですが、ホメオパシー相談を受け付けているところをリンク紹介。

ホメオパシージャパンが行う動物相談(たぶん会員制)

日本ホメオパシー医学会
メールで問い合わせをすると、ホメオパスの獣医師を紹介してくれるみたいです。
by amemiyataki | 2007-06-12 02:38 | 日常

週末 覚え書き

a0099350_234777.jpg

左・ぴんぴん(♀450g) 右・ぽんぽん(♀350g)


 8日(金)、こっこちゃんの歯石取りのため通院。数日前から食欲不振、下痢とのこと。熱が39.5度。口内炎が悪化しているからかも。この日は歯石取りはせず、栄養剤など注射してもらい、そのまま入院。土曜に歯石取りをしてもらって退院。

 去年の7月の炎天下、行き倒れのこっこちゃんと出会う。以来、エイズキャリアのこっこちゃんの調子は低空飛行ながらも、空蝉さんのお母さんのもと、大事にされ本人(猫)も嬉しそうだ。腎臓が弱っていることもあり、未去勢のまま、保護当時から歯石がものすごいことはわかっていたのだけれど、全身麻酔でスケーリング、というのは考えにくい状況だった。
 けれど、牙がオレンジ色になるくらい、歯石が層になっていることから、今回の歯石取りとなった。「(歯石がある状態は)いわばばい菌を飲み込んでいるようなものですからねえ。そのばい菌からくる老廃物を排除しようとして、腎臓肝臓に負担がかかるわけで…」と先生。口内もかなり腫れていたようだから、落ち着くといいのだけれど。今後のケアはレメディで。

 先生は「ぱ」行が好きだ。去年保護したぴの子(一昨年と書いたのは間違いでした)、ぽんぽん、そして、遅れて拾われたぽんぽんの姉、「ぴんぴん」…。ぴんぴん……。
 画像のように、ぴんぴんはあまりぴんぴんしていなかった。自力では食べられないそう。目がどうなってるのか、わからないそう。ぽんぽんよりでかいから、姉。ぽんぽんより一週間遅れの保護。それにしてもぴんぴんかあ。がんばるのだ、ぴんぽん姉妹。

*****

 前のエントリで呼びかけた猫さんのご相談の件。無事に連絡がとれました。

*****

 9日(土)、アイさんとサヴァさんとでフリーマーケット参加。収益は9,530円とのこと。短時間のわりに効率がよかったそう。お疲れさまでした。

*****

 7日(木)にプチポンにチェックインしたヴァンサン。この夜はキャットウォークに置いた段ボールに隠れたきり、とうとう姿を現さなかった。みんながごはんを食べ、遊ぶなかも。8日(金)朝もそのままの状態だったらしい。が、その夜はまあまあ食べ、まあまあ遊んだ。けれど、表情が「よそゆき」。そして部屋の入り口のふすまにぴったり貼りつき、どこか落ち着かない。鳴く。捜しているのだ。ここではない「どこか」を知ってしまったのだものなあ。不憫。
 人馴れしていない猫の譲渡のことであれこれとまた、思い悩む。里親さんにも、ヴァンサンにも、本当に気の毒なことをしてしまった。

*****

 「ヒマラヤ岩塩」のことでいくつかお問い合わせをいただきました。私は、石材屋で入手したのですが、それとまったく同じものを扱っているサイトがこちら。キャプションにもあるとおり、さらさらしているので山盛りにするのにはちょっと苦労します。色は写真のものよりもう少し濃いピンクでした。120gで盛り塩は2~3つはできるんじゃないかな。
 このサイトのパワーストーンなびが初心者の私にはとても興味深かったです。

*****

 9日(土)は、盛岡の初夏の風物詩、チャグチャグ馬コ。偶然、通り合わせたので急いで見に行こうとしたら、母、転倒。アスファルトのくぼみにひっかかったのだ。軽い擦り傷とくるぶしを痛める。私の注意が足りなかった。
 実は検査入院のことよりなにより、同窓会への出席に気をもんでいた母…。迷いも晴れ、いざ同窓会へと準備も着々と進めていた矢先のアクシデント。
 打撲、けがなどのナンバーワンレメディのアーニカが効いてくれますように。

 それにしても、地元にいながら、こんなにチャグチャグの行列をまともに見たのは初めてだったかもしれない。着飾ったおとな馬にまざって、仔馬が何頭も。いやあ、めんこかった。私は見なかったのだけど、後ろにいた人が「あんや、おっぱい吸ってら~~」と喜んでいた。
 そして。お約束なのだけど、乗り人のうち、疲れきった子どもが馬にゆられながらがくんがくんと体を揺らして居眠り。落ちそうな子はもちろん、馬から下ろします。昔の装束に扮した子どもたちも、まためんこい。
by amemiyataki | 2007-06-10 03:19 | 日常

水無月の雷雨

a0099350_1364360.jpg

悩みなんて、なし!(byたき)


 7日(木)は決戦の日。いやいや。循環器センターへ、母の3回目の通院。
 この2ヵ月悩みに悩んだものの、当日の朝、直前になっても「どうすべ…」。
 でも、9割方、検査はしないつもりのようだった。

 これまで2回、診察室まで同行したけど、今度は私は廊下で待ち、母だけが診察室に入った。予約時間より2時間遅れでやっと名前を呼ばれて診察室に消えたけど、1分足らずで出てきた。病院その1やその3の医者とは違い、ここの医者は最後までキレることはなかったようだ。ただし、「次にめまい転倒を起こしたときは、間違いなくペースメーカーですからね」と言われたらしい。

 ご心配をおかけしましたが、こういうことになりました。いろいろとありがとうございます。

*****

 里子に出たヴァンサン@猫村ですが、諸事情によりまたまたプチポンに戻ってきました。
 里親さま、再々募集です。

*****

 7日16時に、愛猫さんの病気のことで相談のメールをくださった方。
 すぐに返信したのですが、届いてますでしょうか。私の都合で大変申し訳ないのですけど、電話でお話ししたほうが早いと思い、ご連絡を待つ次第です。猫さん、どうかお大事に。

 
by amemiyataki | 2007-06-08 01:54 | 日常