<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

万聖節

 たきの結膜炎(左目)が、思った以上に経過が良くない。長引いている。大丈夫と思いつつ(治療はしてます)、気持ちは晴れない。こんなことはたきの8年間の猫生において初めて。

 今日はいよいよ、待ちに待った温水ルームヒーターの工事。
 わが家の暖房は石油エアコン、オイルヒーター、こたつ、ファンヒーター。寒さが本格的になるとファンヒーターをフル稼働。しかし、カセットタンクに灯油をいちいち詰め替えるのが「もうやんた(もういやだ)」と母が言い、確かにそうだと、今シーズン、思いきって温水ルームヒーターに切り替えることに。猫がいると、3時間ごとの換気もままならないし。
 築30年を越えるわが家に「新築、増改築に」とパンフレットに謳ってある温水ルームヒーターは分不相応か?? とびくびくしながらも、手こずった設置が終わったときには拍手喝采。きれいな空気、温まり具合に感動。これはいい。ありがとうございます。

 工事の間、家で仕事。たきはずっと、膝の上。ちっともはかどらなかったが、これは思いがけない、たきとのひとときだった。目がくっついて開かなくても、たきはかわいい。本当にいい子だ。

*****

 お知らせいろいろ。

 三日月星子さんが募集しているみつしま子猫姉妹、めでたく縁組成立したそうです。

 三毛猫ぷぅちゃんですが、この度晴れて、一時預かりさんのおうちの子になりました。おしっこの粗相などあり、ぷぅちゃんはぷぅちゃんなりに居場所確保というか、女王様ぶりを発揮していたようですが、それもまた意地らしい。馴れない新しい家でまた苦労するのもしのびないと、受け入れてくださったようです。なにより、ぷぅちゃんをかわいいかわいいと気に入ってくださっています。

 応援ありがとうございました。

 そして。キジトラのもみじは日曜に無事、譲渡完了となりました。里親さんからは「こんなにちいちゃくてこんなにかわいくて!」と喜びのメールが帰途届き、ご自宅に着いてからも画像付きメールをいただき。

 もみじは、テトと名前をつけてもらいました。里親さんのご快諾のもと、画像と文章をご紹介。

a0099350_23103892.jpg

無防備な寝姿



a0099350_23111163.jpg

ご実家のハクくんと対面



「名前はテトです!! ナウシカに出てきたキツネリスの名前からとりました!!!!
今日は疲れたのか、旦那のお腹の上で爆睡中です。

この新しい家族を二人で大事に育てていきたいと思います。この度は本当にありがとうございました!」

「実家の猫(ハク)はかなりビビリで、テトは遊びたくて近づいて行くのに、ハクは後ずさり。体はテトの何倍もあるのにテトに追いかけられているのです。でも少しずつなれてきて、3日目の今日は仲良く遊んでいましたよー!!」


 こんなに小さく、かわいい子を捨てるなんて。捨てる人もいれば、保護をする人もいる。どちらも同じ人間…など、里親になったことで、いろいろと考えさせられましたと文章にあった。

 ちょうど、千葉のnakonakoさんからちびぼぅくん、ミルクくんの縁組が進行中とお知らせをいただき、自分の周りでも野良の不妊去勢手術、保護ケアをする人が少しずつ増えてきた、と励みになるメールをいただく。

 これから寒さに向かう時期、一匹でも野良が減り、一匹でも家猫が増えることを祈る。

*****

 ひよしまるさんのブログ河原猫の日記を読んで。ひよしまるさんの餌場に800gの三毛子猫、「シマ子」が捨てられたことを知る。何か粘着性のものが体中にベタベタとつき、捨てられたショックと警戒心から恐怖の表情を浮かべていたシマ子が、ひよしまるさん宅に保護されて子猫らしい明るい表情を取り戻していく。

 ここに捨てたら、少なくともごはんはもらえる、誰かがなんとかしてくれる。そう思ったのだろうか。すでにギリギリの状態で、連れ帰りたい河原猫をどうすることもできないでいるというのに。

 Newsページを見て。シャムMIXの洋ちゃんが高齢であることを知る。里親募集中と、控えめながらも伝えている。

 この河原のすぐ近くに、7年間暮らしていたことがある。たがいに知っている店があることを知り、ひよしまるさんとはほんの数えるほどだがメールのやりとりをして盛り上がったことがある。

 何かを成し遂げたい、というよりはとにかく毎日が生きるのに精いっぱいでシャカリキに働いていた二十代を過ごした1Kのアパート住まい。それなりに輝いていた懐かしい時代。
 仕事のオンとオフが「カチッ」と切り替わるような、そんな境界線にもなっていたあの川。その河原にひたすら生をまっとうしようとしている猫たち。
 一匹でも河原から連れ出したい。そうした衝動に、あのページを見るといつも駆られて仕方ないのだ。私に何ができるだろう。本当にできないのか。いつも、考える。
by amemiyataki | 2007-10-31 23:47 | 日常

子猫の里親募集 in 岩手

a0099350_1211532.jpg

ボク、スキップもできるよ!(もみじ 縁組成立。近日中に譲渡予定)



 昨日、たきの点眼薬をもらいに通院。すでに縁組成立しているもみじクンの撮影もした。体重550g。ごはんを食べた後で、おなかパンパン! 子猫は成長が本当に早い。

*****

 三日月星子さんが募集している子猫姉妹もよろしく! 

a0099350_1315239.jpg


【追記 10月31日】

縁組成立したとのことで、リンクははずしました。応援ありがとうございます。

*****

 もしかして…とふと思ったことを覚え書き。

 私はケータイからメール文を打つのが苦手でして。パソコンメールで文章を作ったあと、自分のケータイへ転送し、相手のケータイへ転送していたりします。
 自分のパソコン→相手のケータイメール だと、迷惑メールとして処理されてしまうこともあるようでして。

 もし、私からの返信がないなあと思っていらっしゃる方がいらしたら、お手数ですがご連絡いただけたら助かります。

 パソコンからパソコンへのメールも、受信後は私のケータイへ転送設定しております。

*****

 近日中に、プチポンサイトから、個人で猫を保護、里親募集している方たちの記事を、このブログへ移植します。猫の保護、募集をがんばっている猫友を応援する意味で掲載していたものでして、もともとはプチポンで保護している猫たちをアピールするためのスペースでした。その意味で、いわゆる里親募集の投稿掲示板とは違うものです。
 最近、掲載のお問い合わせをいただくようになり、私自身いろいろ思うところもあり、移行することにしました。

 おとな猫の里親募集はたしかに子猫より難しく、時間がかかるものかもしれません。保護主の猫友さんたちも、募集をやめたわけではないけれど、積極的に更新、呼びかけにためらいがあるようでした。その気持ちもとてもよくわかります。

 今後はこのブログの左サイドバーに項目をたてますので、どうか応援をよろしくお願いします。
by amemiyataki | 2007-10-26 13:32 | 日常

まだまだ

a0099350_12443390.jpg

10月17日撮影 網戸はステンレス製。外から網戸ストッパー


 ちょうどこの撮影の日の頃、たきが風邪を引いた。最初はくしゃみの連続。次いで透明な鼻水。そして左目が涙目(透明)。
 食欲もあり熱もなく、うんちしっこもいつもどおりなのでしばらくは様子を見ようとほうっておいた。が、母が騒ぐので症状が出た2日目あたりからセルフケアでレメディ投与。すぐに良くなるわけもなく、くしゃみは若干減ったものの、左目の縁が赤くなり、流涙の量も増え、周辺の毛が濡れてべったり。いよいよ、母が心配する。
 でもこれって(症状の悪化)、治癒の方向性からいえば間違ってないよなあと思いつつ、あと一週間もすればよくなるような気もするんだけどと思いつつ、レメディ投与に自信もなく、今朝の通院となった。

 体重4.35キロはベスト体重4.25キロを上回り、2番目くらいに重たい。先生はひと目見て、「たきちゃん、毛の質が変わりましたね」。
 9月に毛むしりがあったこと、最近、私の帰りが遅いと激しい夜鳴きが続くこと、なんとなく、免疫力が低下しているなあと私自身も感じていることなどなど…お灸をしてもらいながら話をする。
 来月でたきは満8歳になる。認めたくはないけれど、シニアの顔、体つき、毛づやになってきているんだなあ。

 たきはいつもよりおとなしかった。肛門腺も絞ってもらった(いつもより多かった)。

 投与していたレメディに加え、ほかのレメディも処方してもらう。

 「そういえば、今朝、また段ボールが(病院の前に)置かれてましたよ」と先生。

 えっ!?

 「また雨宮さんに写真撮影をお願いしなきゃと思って開けたら…」
 
 開けたら?
 
 「カルガモが入ってました。キャベツの葉っぱと一緒に」

 鳥獣保護センターに連絡して預けるように

 鳥のヒナも、雀も。拾ってはいけません。保護センターで預かってくれます。

 「…て、知らない人、多いんですよねえ」

 カルガモはキャベツは食べないのでは…など、つらつらと、憮然としたたきの頭越しに話を続ける。そういえば、雀のヒナってドッグフードを食べさせるといいらしいですよ(て、以前、漫画で読んだことがある)と私。へえ、そうなんですかと先生。


a0099350_1242545.jpg

9月13日撮影 右わきばらにかけて、毛むしり


 たきの毛むしりは落ち着いた。けれど、一度なくなった毛が生えそろうにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 今日の通院では、うれしい再会があった。以前、代理募集していたシャムMIXのぽんぽん。まだまだ若く、ひょろひょろしていたけれど美しいアイスブルーの隻眼。新しく名前をつけてもらい、とても優しそうな飼い主さんとともに待合室にいた。いや~これはうれしい。
 飼い主さんは18歳で愛犬を亡くし、ちょうどその日に保護されたというぽんぽんを、「これも何かの縁」と、迎え入れてくれたのだそうだ。ぽんぽんの姉妹で亡くなったぴんぴんのことも知っていた。ぴんぴんはかわいそうだったけど、どこかでぴんぴんの命もつながっているのだと信じたい。飼い主さん宅にはぽんぽんを含め3匹。外にいる猫たちの面倒も見ているという。

 そういえば、先日病院に来たときは、思いがけずナイトとも再会できて嬉しかった。02年に夜逃げした牧場主の後に残された、100匹以上に増えてしまった猫たちの一族のひとり。
 「ナイト! 私のこと覚えてる?」と声をかけても、シャーシャー言ってケージの中で固まっていた。すっかり毛づやもよくなり、黒々としたシマ模様。口内炎の治療で入院していたけれど。飼い主さんは本当によく面倒を見てくださっている。ナイトも、一緒にもらわれたさくらも、家の中ではすっかり甘えん坊の家猫になっているそうだ。

*****

 あんだんてさんから。すすクン、チャミちゃんの縁組が成立したと、昨夜喜びのメールが届く。よかった! めでたい。募集記事を拝見したが、気合が感じられた文章だった。代理で精神的にもきついものがあったと思うけど、とにもかくにも本当によかった。


*****

 「Dr.野村の猫に関する100問100答」という本が、偶然昨日、床に落ちているのを拾う。たぶん、くーまんが落としたのだと思うけど。その中の一問一答を紹介。これがまったく正しいとは思わないけれど、考えさせられるものがあったので。

 私自身、五千枚のチラシを配った経験はなく、今はネットという便利なツールがあり、里親募集ではほとんどこれに頼っているわけだけれど。そして。私自身、「本当の猫好き」かと聞かれたら「たぶん、違うと思います」と言うと思う。もともと、猫が好きで好きで仕方なくて猫の保護ケアを始めたわけではない。そうした状況が嫌だから、どちらかというと気が進まないまま、けれど自分を奮い立たせて、今もどちらかというと気が重たくなることのほうが多いまま、それでも細々と続けているわけで。まして、何かいいことが起きるだろうと見返りを求めているわけでもない。

 人それぞれ、飼えない状況、環境、家族の不理解などから保護も里親募集も「できない」ことってあるのもわかる。私自身も経験していることだから。


Q.猫を拾ったのですが飼えません。どうしたらいいでしょう。

A. 僕にも、野良猫を拾ってきちゃ育てていた時期がありました。大学に入る前のころです。
<略>多いときで三十六匹拾いました。もちろん全部飼いきれないので、「猫を飼ってください」というビラを五千枚刷って、自転車こいで町中に配りました。最後は切れ痔になりましたね。でも、飼い手はすぐ見つかりました。

 猫を拾って、獣医さんに押し付ける人がいますが、お客がいない時間帯に安楽死させてしまう先生もいるから要注意です。うちはもちろん、そんなことはしませんけどね。しかしながら、病院の前に猫を捨てていかれると非常に迷惑です。たくさんの飼い主不在の猫の世話に追われて、病院がつぶれてしまいますよ(ですから今は、デジタルの記憶メディア付き監視カメラで二十四時間監視しています)。

 猫を拾うのなら自分で飼うべきで、飼えないのなら、自転車こいで五千軒ビラを配るような根性を見せてほしいと思います。つまり、自分が猫を拾って、友だちに押しつけて、自分はいいことをしたっていうのが間違いなんです。
 五千枚ビラを配れば、三日で飼い手が決まります。本当の猫好きならそうしてほしい。そうやって猫のために頑張れば、必ず猫の神様が見ていて、いいことが起こります。

by amemiyataki | 2007-10-22 13:34 | 日常

もみじ、決定!

a0099350_17325296.jpg

ボク、決まったよ!(もみじ)


 おかげさまでキジトラもみじ、縁組成立しました。いや~めでたい。タイミングとかめぐり合わせとかあるのだなあと今回もまた思った次第です。

 応援ありがとうございました。お届けはもう少し先、県内の方との縁組となりました。保護主は「え~ん」と、うれしいのはもちろん、放しがたい思いにぐるぐるしてます(笑)。ひとりですでにかなりの複数飼いになってるからダメですってば。

*****

 そして、子猫を里親募集している方はまだまだいます。

あんだんてさん募集の茶白「すす♂」茶トラ「チャミ♀」の兄妹猫(秋田発) ※縁組成立しました!

pataさん募集のすももちゃん♀&ライチちゃん♀(秋田発)

三日月星子さん募集の黒白女の子&キジとら女の子(岩手発) ※縁組成立しました!


 ぜひご覧ください。よろしくお願いします。
by amemiyataki | 2007-10-19 18:04 | 日常

三毛猫ぷぅちゃん 里親募集(募集終了)

a0099350_9515299.jpg

ぷぅちゃん♀ 生後10ヵ月くらい 不妊手術済み


 ネット環境にない人の代理で里親募集をします。

名前は「ぷぅちゃん」。
白の部分が多い三毛。長い尻尾の三毛模様がきれい。


先住の同居猫が体を壊してしまい、飼えなくなりました。
とても甘えん坊の猫なので、
できれば一匹で飼い、死ぬまで面倒を見てくれる人を希望します。

直接お届けにあがりたいので、里親さんには東北圏内の方を希望します。



 上記の(飼い主の)文章を読んで、疑問などお持ちの方もいると思います。私自身、いろいろ話をうかがいましたが、結論をいえば、ぷぅちゃんには新しい、より良い環境で暮らしてほしいと思い至り、代理募集をする次第です。

 たぶん、ぷぅちゃんにはちょっとばかり、その家の環境が合わなかったんだと思います。
 
 すでにぷぅちゃんは飼い主宅を離れ、別のおうちで一時預かりとなっています。

【追記 10月31日】
ぷぅちゃん、晴れて一時預かりのおうちが「本当のおうち」となりました。
ぷぅちゃんはおしっこの粗相があり、新しいおうちでも「私が一番!」と女王様ぶりを発揮しつつ、
しっこ粗相をしていたそうですが、預かり主が根気よく接し、受け入れてくださいました。
なにより、かわいいかわいいと気に入ってくださっています。
またここから新しい家に行って新しい環境に馴れなきゃいけないというのもかわいそう。
そう言ってくださいました。ありがとうございます。
by amemiyataki | 2007-10-19 10:23 | 日常

アフィリエイト報告など

a0099350_1214024.jpg

9月のアフィリエイト報告(「前月」の項)


 いつもご利用ありがとうございます。9月のアフィリエイトは上記のとおりです。プチポン保護猫たちのフード代などに充てさせていただきます。

*****

a0099350_1243100.jpg

ボク、逆立ちもできるよ!(もみじ)



a0099350_1253114.jpg

ボク、お問い合わせがもう来たよ!(もみじ)



 もみじへの問い合わせをさっそくいただきました。子猫は早いですねえ。ハラミ改めポリンちゃんが呼び込んだ縁。お話をうかがっているところです。


【追記 10月31日】

もみじ、縁組成立しました! 応援ありがとうございます。

*****

 岩手県北上市で迷子になった茶トラ。遅くなりましたが情報を加筆修正しました。近隣の方、何か情報などありましたらよろしくお願いします。


【PR】人気のマンハッタナーズの猫ぬいぐるみ

by amemiyataki | 2007-10-18 12:07 | 日常

キジトラの男の子 里親募集(縁組成立しました)

a0099350_10554237.jpg

にゃーっ!


 ボク、もみじ! ていうんだよ。←保護主が名づけました
 ボク、体重は450g。←10月16日 早朝5時半、段ボールに入れて捨てられてました
 だれかボクをもらってください。早い者勝ちだよっ!←嘘です。先着順ではありません


 今ってシーズンなんだっけ? と思うような里親募集の依頼、猫相談などが相次ぐ。
 プチポン保護猫の出入りに変わりはなく、何か別世界の出来事のように飛び込んでくるものの、ここは気持ちも新たにがんばらなくては。

 画像の「もみじ」くんは人馴ればつぐん。差し出す指にしゃぶりつく。ミルクが欲しいんだろうなあ。生後1ヵ月半くらい。

 しかし…防寒用の衣類を詰めて、段ボールに入れて捨てるってのは…。
 それがその人の精いっぱいなのかもしれないけれど。
 罰金ものの軽犯罪ですよ、愛玩動物を捨てるのは。

 といっても、その人に伝わるわけもなく。

 捨てるより、不妊手術に連れて来い!っつーの。


 【追記 10月31日】

もみじ、縁組成立しました!
by amemiyataki | 2007-10-17 11:06 | 日常

なんでもない日、おめでとう

「なんでもない日、おめでとう」という言葉を、
かつて人々は、冗談として聞いたものだ。
しかし、王様も大金持ちも、鼠も孔雀も、恋人たちも、
いちばん欲しいのは、そんな日じゃないのかね。

「セフティ・マッチ氏の焚火話」より



a0099350_11355260.jpg

ほぼ日手帳が届いた



 仕事のピークは先々週で片付いたものの、叔父のお見舞い(胃がん)、母の新規通院(耳鼻咽喉科)と、相変わらずバタバタした一週間があっという間に過ぎていく…。一週間、ではなく気づくともう、10月(は黄昏の国)も半分が過ぎてしまった。

 そんななか、楽しみにしていたほぼ日手帳が届く。黄色の宅配袋、パッケージング…なにもかもがきちっとうまくされていて、感心しきり。相当数のスタッフと、経験の蓄積なのだなあと改めて感嘆。さっそく手帳を組み立て(おおげさだな)、にやにやしている。本当にうまくできている。
 冒頭の引用は、手帳が入っていた箱の内蓋に書かれてあったもの。確かにね。

*****

 おかげさまで、レバミハラミ姉妹子猫は良縁を得て、無事にめでたく譲渡を済ませました。報告はまた改めて。応援ありがとうございました。


 ハラミにお問い合わせをくださった方、本日中に必ずメールを差し上げますのでお待ちください。私自身が初めての猫、たきを迎えたときの状況にとてもよく似ています。

*****

 もう里親探しはやめようか…という気持ちのところへ実は行ってましたが、気持ちも新たにがんばりたいと思います。ちいちゃんのふくふく幸せそうな画像を送っていただき、明るい気持ちもわいてきました。ありがとうございます。

 元・野良の成猫たちを里子に出すのは難しい。けれど、あきらめることもない。そう思えるようになりました。なにより、プチポンの保護猫たちはみんないい子たち。寂しいのを受け入れているいじらしさ。

 ここでおしまいにすることはない。

*****

 近々、代理で里親募集を開始します。1件は三毛猫(生後10ヵ月、不妊手術済み)。もう1件はキジトラの子猫。段ボールに入れて捨てられていたそう。もしかしたら、この子は去年捨てられていたうーふーすーの血縁か……。



 いつも応援、励ましありがとうございます。感謝をこめて。
by amemiyataki | 2007-10-15 11:53 | 日常