<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

バナーについて

 プチポンサイト リニューアル以来、バナーリンクのことをうっかり記していなかったのですが…。後ほど、サイトのトップページに掲載します。

 以下のバナーのいずれかをご自由にお使いください。バナーなしのテキストのみのリンクも大歓迎です。
 
 リンク先のアドレスは http://www.ictnet.ne.jp/~taki/ です。「プチポンもりおか」はリンクフリーです。よろしくお願いします。

a0099350_11572421.gif

a0099350_11575267.gif

はんこの制作元はすなめり遊印さま


by amemiyataki | 2007-11-28 12:01 | 日常

里親募集in岩手

a0099350_118153.jpg

よろしく


 お世話になっている動物病院に、中学生が「猫を拾ったけれど親に反対され、飼えないので…」と、持ち込まれた猫です。

 詳細がわかり次第、お知らせします。どうぞよろしくお見知りおきを!
by amemiyataki | 2007-11-28 11:11 | 日常

月の女神

a0099350_17494487.jpg

オナガミズアオ(別名「月の女神」)



 メールで送らなければいけない仕事がたまっていたものの、それも小一時間で済ませ(適当だなあと自分でもあきれる)、今日は久しぶりに(何日ぶりだろう)完全オフ。満月の夜だというのに、15時くらいから明かりをつけなくてはいけないほど空は暗く、予報の雪ではなく、大雨が降っている。

 画像の「蛾」は、すでにこの世には存在しないのだけれど。かれこれ3週間ほど前にプチポン友のサヴァさんに送ってもらったものだ。オナガミズアオという名前の蛾を、生まれて初めて見た。

 この秋、去年に引き続き、サヴァさんがどこからか幼虫をもらってきて、大事に育て、それがメタモルフォーゼして蛹(さなぎ)となり、蝶がかえり、蛾がかえった。今もプチポンの玄関口に蛹がいる。
 サヴァさんは、蜘蛛(くも)以外の生き物はオールオッケーなのだそうだ。

 ある日、プチポンの連絡帳に「オナガミズアオの蛹が孵りました。この寒空に外に放すとたちまち命つきてしまうのは明白なので、かわいそうだけど、このままここに…」と綿々と、その見たこともない蛾のことが書かれてあり、興味が引かれた。

 曰く、オナガミズアオはヨーロッパでは別名「月の女神」と讃えられているということ。その容姿はさながらスティルス戦闘機のようとも形容されること。蛾になったオナガミズアオは食べることも飲むこともできず(口がないとか)、ただひたすら卵を産み続けるということ。しかもそれは無精卵であること…「哀れですじゃ……」と、締めくくってあった。

 およそ動物にはいっさい興味のない人生を送ってきた、プチポンの中で最も猫初心者の私だけれど(「動物、好き?」と聞かれたら、今も迷うことなく「嫌いですね」と答えると思う)、サヴァさんの熱心さにほだされて、成長したオナガミズアオを見させてもらった。

 対面してびっくり。この地球上に、こんな生き物がいるなんて。

 いや。自分が知らない生き物のほうが多いのは頭ではわかっているとはいえ、何をどう間違って、こんな不思議な生き物と対面する機会が巡り巡ってきたのか。

 蛾も蝶も。できれば遭遇せずに済ませたい。そう思っていたけど。こんな不可思議な生き物を間近に見て。地球という生命体に生かされている万物のことをふと思い、「ありがたいなあ」と素直に思った。人間は倣岸になりすぎていやしないか。何のために生きるのかとか、答えを即物的に求めすぎてやいないだろうか。ただ、この地球上に「在る」。それが答えだ。そのことを感謝し、自分の生をまっとうすればいいのではないか。人も、猫も、オナガミズアオも。

 ペパーミントグリーンの翅は、見たこともないほど純粋で美しかった。一週間後に見たときは「衰え」を感じたけれど。


 たまに通る道の脇に、大きな銀杏の樹が一本ある。頂がほんの少し黄葉したなあと思ったら、たちまち全体の葉が黄金色に染まり、さらに数日後には、落葉していた。これもまた、命の営みなのだ。

 生命ははかなくもあり、たくましくもあり。一瞬の輝きを見るものの胸に刻みつけ、散る。

 あっという間に駆け抜けていった、こっこちゃん、しゅうのことをふと思い、泣けた。なんのために生きるのかとか、疲れたなあとかしょぼいなあとか。つまりはどれも取るに足りないこと。この地球上にいることを謙虚に素直に感謝し、日々を過ごすこと。

 今週は、いきなり盛岡は「冬」になった。12月になってからでいいやとのんびり構えていたタイヤ交換も、さすがにマズいと、慌てて近くのガソリンスタンドに持ち込んだ。秋が過ぎ、冬がやってきた。この時期は少しばかり、生きることに神妙になる。母の命日ももうすぐだ。


 おまけ。オナガミズアオとほぼ同時期に孵った「イシガケチョウ」。コットンに染み込ませた蜜を吸っているところ。この造形美。
a0099350_1750193.jpg

 これは「うまくいけばひと冬越す」そう。サヴァさんがマメに世話をしている。幼虫が蛹となり、蛹がかえるところを見守っていた空蝉さんが、「本当にメタモルフォーゼするんですねえ」とか「サヴァさんって、本当にいい人ですねえ」とか、しきりに感心していた。

 6年前、たまたまサヴァさんに出会う機会がなかったら、プチポンしてる自分もたぶんいなかっただろうし、こうした蛾のことも知ることはなかっただろう。出会いの不思議さをふと思い、感謝する。サヴァさんとは「猫」とはまったく関係のない出会いだった。知り合ってほどなく疎遠となったものの、ふとしたことがきっかけで、メールのやりとりをするようになり、「ユニクロ、お得ですよ」「行ってみます」だのたわいないメール交換のついでに、「たきと一緒」のアドレスを伝えたところ、「どうして私が猫が好きだってこと、わかったんですか!」と思いがけない返信が届いたり。
 いえただ単に、うちのたきぴょんの自慢をしたかっただけです(笑)。そして、サヴァさんがみいみちゃんとびいびちゃんという2匹の猫と暮らしていることを知り、写真を送ってもらった。それが始まり。

 縁は異なもの、という話。蛾が苦手な人にはごめんなさいなエントリでした。
by amemiyataki | 2007-11-24 18:34 | 日常

アフィリエイト報告

a0099350_10523452.jpg

10月のアフィリエイト報告


「前月」の項が10月のアフィリエイト部分です。ご支援、本当にありがとうございました。
by amemiyataki | 2007-11-12 10:53 | 日常

ノアくん、里親募集in岩手…募集終了

a0099350_1142423.jpg

ノアくん♂(推定2歳)



【追記】

保護主のsakuさんより募集終了のお知らせメールをいただきました。

ノアくんをこの度、正式にご実家の猫としてご両親が迎えてくださることになったそうです。

*****

06年4月15日、保護主のsakuさん(岩手県在住)が、自宅近くの道の駅の駐車場で激しく鳴いているところを保護しました。
以下、sakuさんより。
-----
お店の方の話では、4日程前に突然現れて、どこにも行かずにずっとここにいるから、捨てられたのではないかということでした。

☆推定1歳の男の子
☆キジ白。丸くて大きな眼がチャームポイント。
 とても人なつこく、大きな声で鳴きながら、
 頭や顔まわりをすりすりこすりつけてきます。
☆ノミはなし
☆回虫もなし
☆耳ダニがいましたが、駆虫しました

・去勢手術済み
・三種混合ワクチン接種済み


里親さんに望むことは
①一生、責任と愛情を持ってかわいがって下さい。
②完全室内飼い、脱走防止の努力をお願いします。
③時々、近況をお知らせ下さい。
④もしも、何らかの事情により一緒に暮らせなくなった場合は
私にお戻し下さい。
⑤ご自宅までお届けいたしますので、東北~関東エリアの方を
希望しますが、事情によってはこの限りではありません。

仮の名前は「ノア」といいます。
体重は4月18日現在で、2.9キロでした。
by amemiyataki | 2007-11-08 11:47 | 日常

ふうたクン、里親募集in福島

a0099350_11264190.jpg

片目のふうた♂(推定3~4歳 07年現在)



プチポンから、ノース改めほのかとさくらちゃんをもらってくださった、さじさんが保護しています。お問い合わせは さじさんのアドレス saji41☆joy.email.ne.jp へお願いします。
(お手数ですがアドレスをコピーペーストして、☆を@に変えてください)

以下、さじさんから。

*****

04年12月、職場近くのスーパー駐車場にて保護。
友人より「怪我をした子がいる」との話を聞き保護しました。
(友人は社宅住まいのため猫を保護することができず)
保護したとき既に片目がつぶれ、涙や膿で顔半分が覆われたような状態で腐敗したようなにおいもありました。

病院にて確認したところ眼球などはもうなくなっており、おそらく病気などで片目は落ちてしまったのではないかとのことでした。もう片方も少し白濁しております。
片方の目が見えませんが元気で甘えん坊な子です。ただ無くした眼から流れる涙などをこまめに拭いてあげることが必要となります。

私は平日は勤めに出ており毎日多くても2回程度しかケアをすることができません。また、我が家はこの子のほかに9猫おりこの子が望むだけ遊んであげることができずにおります。

まだ噛み癖はありますが抱かれるとすぐふみふみするかわいい子です。ねずみのおもちゃやじゃらしで遊ぶのも大好きです。
私よりずっとたくさんの時間、愛情をこの子にかけていただける方を探しております。

猫の特徴
・キジ白、しっぽは蝶がとまったような、リボンのような形をしています。このしっぽをぶんぶんしながら近寄ってきます。
・仮の名をふうたといいます。
・性別 男の子
・月齢 推定3~4歳
・05年1月25日に去勢手術を行いました
・4種ワクチン接種済み
・健康診断やノミ駆除・駆虫の有無 ノミ駆除、駆虫済み、エイズ、白血病ともに陰性
・性格や特徴 遊び大好き、抱っこ好き。甘えん坊です。9猫とまだ折り合いがつかず一緒に遊べません。

また、男の子が狭い家の中に4猫おります。ストレスのせいか少し噛み癖、たまにスプレー行為があります。

現在レメディ、フェリウェイなどでストレスを緩和させようと対応しております。

里親の方に望む条件
・ 完全室内飼い・脱走防止の「目に見える形での」努力をお願いします
・住所や名前を明記するなど、身元を明らかにしてお問い合わせして戴ける事
(信頼関係を築くために細かなことまでお聞きすることがあります)
・適切な健康管理(涙をこまめに拭く、毎年のワクチンなど)をし、終生、家族として愛して下さい。

外での生活に耐えてきた子です、急がず信頼関係を築いていっていただけるようお願いいたします。
・事情によりどうしても一緒に暮らせなくなった場合は、私にお戻し下さい。
・ときどきでかまいませんので、近況を写真付きでお知らせ下さい
・ご自宅までお届けさせて頂きます。
・近県エリアの方を希望しますが、事情によってはその限りではありません。

問い合わせ先
さじ(福島県)saji41☆joy.email.ne.jp
(お手数ですが☆を@に変えてください) 
by amemiyataki | 2007-11-08 11:32

しっぽちゃん、縁組成立!

a0099350_10351715.jpg

しっぽちゃん(♀)縁組成立しました


 ご報告が遅くなりましたが、福島の吉田さんより、縁組成立のお知らせをいただいております。画像の黒白猫、しっぽちゃんです。また、茶トラの「ちゃと」くんの募集終了のお知らせも合わせてご紹介します。どうかお大事に。

※プチポンもりおかの里子一覧から、近日中に吉田さん保護の猫さんたちの記事を削除し、引き続き募集中の猫さんの記事をこちらのブログに以降します。また、「そら」くんの記事は画像が届き次第アップする予定です。ほかも順次、更新予定です。それまでは里子写真一覧をぜひご覧ください。よろしくお願いします。

しっぽに素敵なご縁がありました。

1.5ヶ月のお試し同居を経て正式にしっぽを迎えてくださることになりました。

東京に住む女性でペットOKのマンションにチロちゃんという猫ちゃんとお住まいです。

チロちゃんを含め、今までたくさんの猫と暮らしてきた経験があり、エイズの猫たちとも多く暮らしてきた方です。

病気に対する理解もあり、近くに信頼できる病院もあり安心してお任せしてできました。

先住猫ちゃんと少しずつ仲良くなれているようですし、里親さまにとても甘えているような様子です。

我が家では遊ぶときも甘えるときも他の猫たちを気にして輪の向こう側で見ていることが多かったしっぽ。

本当に最高のご縁です。しっぽの幸せな様子は下記里親さまのサイトで見ることができます。

http://plaza.rakuten.co.jp/PussyCatSophie/

これからはチロちゃんと仲良く、里親様に思い切り甘えて過ごしてくれると確信しております。



またちゃとの里親募集の中止をお願いいたします。

ここ半年ほど具合が悪く、涙、鼻水、よだれがひどくなったり、

本当に具合が悪くなるとストーカーも、御迎えもできないときもありました。

食べようとする意思は有ります。

しかし一日中寝ていることが多くなり、その場所も明るくみんながいるリビングではなく

寝室の奥の椅子の上だったりひとりでいたいように思えます。

エイズは発症していませんが体調は良くないようです。

このままの小康状態がいつまで続くかはわかりませんが我が家で最後まで過ごさせたほうが

よいと思いました。



しっぽ、ちゃと、ともに長い間掲載頂きありがとうございました。

by amemiyataki | 2007-11-07 10:44 | 日常

All I Need to Know I Learned from My Cat.

a0099350_2491192.jpg

眠ることをバカにしてはいけない。



ひとりで楽しむこと。
好奇心に富むこと。
過去にあんまりこだわらないこと。

寛容であれ-でもあまり言いなりになってもいけない。
踏まれたら怒れ。
踏まれたことを忘れよ。
日当たりのいい場所をすべて知っておくべし。

a0099350_2552428.jpg

居場所は多彩に。


時間をムダにしないこと。
無条件に愛すること。
自立を失わず人に頼るべし。
自分自身を楽しむべし。

ソフトに。クールに。
そこにいるだけで誰かをいい気持ちにできるようになるべし。
愛されるべし。
夢を見るべし。

スージー・ベッカー作・谷川俊太郎訳
大事なことはみーんな猫に教わった (小学館文庫)より抜粋
by amemiyataki | 2007-11-01 03:01 | 読み物