<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年も残すところ…

 「今年も残すところあと64日」。昨日、カーラジオを聞いていたらパーソナリティが言った。うはー。早い。早すぎ。
 そういえば。お世話になっている動物病院に猫たちが捨てられたのは、まだ今月の話だった。生き残った大きいちびたちのうち、結局、1匹はいまだもらわれ先が決まっていない、とのことでした。昨日、モリの通院のときに撮ってきた画像がこれ。

a0099350_10314472.jpg

ボクだけ、決まってないの…



 お問い合わせはこちらから。どうぞよろしくお願いします。

 尻尾の長い、キジトラ男の子。10月4日に撮影したときの画像が、これ↓。

a0099350_10321280.jpg


 亡くなったちびちゃんたちからうつされた風邪の名残が、左目に。じきに完治するはずです。
ひと足先にもらわれた2匹のうち、1匹は風邪で再び入院。点滴してました。ほかに2匹、風邪治療中です。
 もらわれた小梅すももも風邪。
 子猫の風邪は厳しい。命取りになりかねないし、なかなか治らない。里親さんもさぞ気が気ではないだろう。回復を心から祈ります。

*****

 プチポンのみんなは、全員が「猫飼い」。犬と暮らした経験があるのはbooさんだけ(のはず)。なので、猫に「服を着せる」という発想がまったくなかった。
 モリの通院が続くなか、先生とふとした会話のなかで、「体温管理は意外に大事」ということを教わり、アイさんがモリに手編みのセーターを編んでくれている最中。それより先に、慢性副鼻腔炎のぜんちゃんに、アイさんがマフラーというか、首をあっためるために毛糸の首輪を編んでくれた。これがまた、超かわいい!
 人間でも、喉が弱い人は寝るときに首をあっためて寝るといいように…てことで、ぜんちゃんにも。季節の変わり目とか寒さが厳しくなったときとか、鼻が詰まって呼吸が困難に見えるぜんちゃんだけど(けれど、本人はいたってご機嫌)、これで少しはラクになるといいなあ。

 そういえば。大腸検査をして腸内が空っぽになった母、かつてない便秘に悩まされ、本人は「検査なんてしなきゃよかった…」と、かな~り落ち込んでいた。そんななか、ホメオパスとのセッションがあり、貴重なアドバイスをいただいた。薬の数を増やされ、まじめにそれらをのむよりも、ずっといいねと母と納得。
 たまたま、ホメオパスの先生のお子さんもひどい便秘で、今話題の「高生存ビフィズス菌」のヨーグルト「ダノンビオ」を食べ始めたところ、便秘が解消されたという。高生存、つまり、長時間、生きたまま腸の中でビフィズス菌が存在するという。
 腸内をからっぽにしたことで、常在菌までなくなったわけで、もとの状態に戻すまで時間はかかるだろう。
 体の冷えも、足浴や自力整体で解消されるかも。
 静かな穏やかな声でそれらを教えてもらううちに、母の表情が笑顔に変わっていった。

 そして、ダノンビオには「14日間、まずはお試しください」と書いてあるけど、これは実際に効いた。「いままでにないいいモノが出た!」と、母、大喜び。ヨーグルトにもいろいろあるんだねえと、甘いものを買うより安いわけだから、ありがたいと、わが家はダノンビオブーム。

*****

 シャーロットが3日、姿を現さない。少々の雨でも濡れたくないのか欠席するシャーロットだが…もしかしたら、どこかで出産しているかもしれない。

 こゆたんさん、ご感想をありがとうございます。励まされました。

*****

以下、プチポン保護猫ではありませんが、里親募集リンクです。
気になる子がいたら、ぜひお問い合わせを!

岩手県発 白黒長毛のチロリンちゃん♀

千葉県発 犬の「ゆき」ちゃん♀

名古屋発 茶白の平八郎くん♂

岩手県発 マッシュ一家とリン一家

岩手県発 さび猫ひなこちゃん♀

北海道発 うさぎのような短尻尾 白猫チロルくん♂

千葉県発 茶白の半長毛 グレースさま♀

*****

隻眼の光くんを捜しています石川県金沢市


プチポン逗留中、ヒゲゾウ氏の古巣のSOSです
バナーをクリックしてぜひご覧ください


by amemiyataki | 2008-10-29 10:33 | 日常

ひと雨ごとに…

a0099350_2345795.jpg

こだまさん♀ 目ヂカラがあるお方 ある意味かっこいい


 雨の日曜日。ひと雨ごとに寒さが増してくるのだろうなあ。

 この数日のことを覚え書き。

 エビゾーの捕獲失敗。
 24時過ぎにひとりで待っていたことがあったので、それを再現しようと、実行。ところが、チビたち(ちびヴァン、ドットちゃん、グレコ)が「わ~い、ごはんごはん、ごはん待ってたよ~」とわいて出てきて、この日は断念。病院に手術の予約をとったものの、キャンセルをしたのはこれで4度目。がくっ。
 シャーロットのお腹がでかくなってきたように思うこのごろ…。

*****

 先々週、めめこちゃんが亡くなった。プチポンも通院が多いが、めめこちゃんとも待合室で会う確率が高かった。飼い主さんに寄り添い、ひっそりと可憐な姿で楽しませてくれためめこちゃん。1歳と4ヵ月足らずの命だったけれど、優しい飼い主さんのもとで暮らせて幸せだったね。がんばったね。

*****

 ようやく平日、完全オフの日を取り、母親と社会保険事務所へ。5月にねんきん特別便の回答をした回答が再び母に来て、その決着を…ということで。冒頭、回答にずいぶん時間がかかるんですねーと嫌味を言ったら、その理由を聞かされ、まあ仕方ないかな…一瞬気の毒に思った。漏れていた勤務先を調べるのに時間がかかったということだが…。やっぱり、民間じゃ考えられない悠長さだと思う。うん。そしてさらに、漏れを申告して調べてもらうことになり…その結果がわかるまで半年以上かかりそうだと言われた。はあそうですか。待ちましょう。それしかない。

*****

 友人の息子がイギリスの大学に留学している。そこでの体験を綴るブログを友人に教えてもらい、読んでいる。十代のとんがった文章を読むのはおもしろい。誰かに「読まれている」ことを意識して書いているのもいい。写真が秀逸なのは思いがけない拾いもの。どこか、初期のころの村上春樹さんっぽいくどい文章構成もけっこうはまる。
 さっそく、文化の違いとやらの壁にぶつかっているようなエントリを読み、がんばれ、と心の中でエールを送る。母である友人はさぞはらはらしているのではないか。
 向こうの人って、フェアかアンフェアかということにずいぶんとこだわるように思う。そしてえてして、アンフェアだ!と文句を言うベースには、「自分は悪くないぞ」という自信過剰のようなものを感じる。それに対して日本人のほうは、思い切って自分の本当の気持ちを伝え、伝えたことで落ちこんだり、いわなければよかったとか、先に謝ってしまって、そのことにさらに落ち込んだりと…。がんばれ、青年! しかし、いい青春を送っているなあ。海外にはとんと無縁のおばちゃんには、楽しいブログです。ありがとう。

*****

 このところ、立て続けに「一度うちに来て話を聞いてください(or話を聞かせてください)」という猫相談が続く。そのメールを受け取るだけで、どっと疲れる。申し訳ないのだけど。どのメールにも本人の電話番号がない。メールの返信をする気にもちょっとなれない。メールを確かに受け取ったこと、開封を確認する開封要求がかけられていると、さらに気持ちは沈みこむ。ただでさえ体調不良のところに、背中がいっそう痛む。猫のことでいかに自分が大変な思いをしているか…というようなことを聞かされるのかなあとか、いろんなことを考えるとおっかないのです。すみません。私もぎうぎう状態なんです。プチポンは、猫を引き取ることはできません。
(正直、どこのどなたかよくわからない方の家に、いきなり話を聞きに行くのって…普通に考えたらおかしな話じゃないですか? そう思う私が変なのかな…)
 メールに返信を出さない自分、相手はさぞ困っているのだろうなあと思いつつ、それを無視しようとする自分の度量のなさにも落ち込む。ちょびっとだけど。

*****

 「篤姫」も、最近では最後の10分くらいしか見ることができないでいる日曜(自分で選んだことだから文句を言うな、自分よ…)。母が辰巳芳子さんの本を開いて「キャベツ煮」を作っているところだった。
 ベーコンをカリカリに炒めてそれをいったん引きあげたところにニンニクと玉ねぎのスライスを入れ、蒸し煮。しんなりしたらキャベツの芯を入れてさらに蒸し煮。やわらかくなったら、残りのキャベツ(計1キロ)を敷いていき、間に塩を振り、蓋をして蒸し煮。一度、天地返しをするときにベーコンを戻し、すっかりやわらかなくなったら、最後に酢。
 体がしみじみと生き返るような滋味に、感動。ありがとう、お母さん。

 また新しい一週間が始まる。出だしは母の通院から。

*****

 今年残りの目標。「本当の自分」を生きるべく、実行すること。

*****

以下、プチポン保護猫ではありませんが、里親募集リンクです。
気になる子がいたら、ぜひお問い合わせを!

岩手県発 白黒長毛のチロリンちゃん♀

千葉県発 犬の「ゆき」ちゃん♀

名古屋発 茶白の平八郎くん♂

岩手県発 マッシュ一家とリン一家

岩手県発 さび猫ひなこちゃん♀

*****

隻眼の光くんを捜しています石川県金沢市


プチポン逗留中、ヒゲゾウ氏の古巣のSOSです
バナーをクリックしてぜひご覧ください


by amemiyataki | 2008-10-26 23:59 | 日常

縁組成立!

 10月20日(月)、お世話になっている病院で保護中の子猫兄弟、小梅とすももが、ふたり一緒に晴れてめでたく、本当のおうちに迎え入れてもらいました。さっそく、画像をいただきました。

a0099350_0441267.jpg

きれいなおうちにゃ(すもも)



a0099350_0443656.jpg

ごはん&ちっこ(すもも&小梅)



 新しい本当の名前をもらうのかな? 里親さんのブログを見てびっくり。とりわけすももが、男の子になついている! 外の世界しか知らなくて、保護預かり中はずーっとケージ暮らしだったすももが。小梅が。子どものナチュラルパワー効果? すごいなあ。
 保護主からうとんじられていた野良子猫たちが。環境が変われば、いや、整えば、こんなにすてきな関係を築くことができるのだと、感動。
 ありがとうございます。


 この子たちの母猫も無事に捕まえることができ、先日不妊手術を済ませ、入院の後は(残念ながら)リリースしたそうです。入院中はすっかり甘えて馴れていたと聞いただけに、保護につながらなかったのは残念。人間の行動次第で猫の運命は左右されるのだと、改めて思う。

*****

 今夜はエビゾーを撫でた。エビもびっくりしたようだったが、私もびっくりしたよ。最近は、ちびヴァンが抱っこ、撫でてをせがむ(ごはんを食べ終わってみんなが三々五々散った後もその場に残って待っているのだ)。最初は、シャーロットが脚にすりすりしてくるのを、子どもたちが真似するようになった。シャーロットはそこまでで終わりだが、子どもたちはちょっと違うようだ。うーん。
by amemiyataki | 2008-10-22 00:58 | 日常

豊穣の秋

 先週、関東から友人が来県。便乗して紅葉狩りを楽しむ。日常を離れてのリフレッシュ。八幡平アスピーテラインのドライブは初めて。久居さんにルート確認のメールをすると、親切な返信が届く。ありがとうございます。頂上付近はソフトバンクは圏外になり、返信がいつまでも送信されず、結局送らずじまいでした。すみません。助かりました。

a0099350_2345234.jpg

八幡平アスピーテラインを行く



 このあたりがいちばん紅葉がきれいだった。後で聞いた話だけれど、なんでも今年は夜の気温が思った以上に下がらず、温度差がいまいちで、紅葉もいまひとつだった模様。確かに燃えるような錦秋ではない、静かな紅葉だったような気がする。それでも、自然の移ろいや大地の鼓動を感じることができた。やがて訪れる冬を前に、人々は豊穣の季節をいとおしむ。

a0099350_23455243.jpg

松川大橋から望む紅葉群



a0099350_23461682.jpg

松川渓谷の玄武岩



 おまけ。

a0099350_23543150.jpg

友人からもらった岩手山の風景



*****

 先日、カーラジオから落語家・樋口強さんの講演が聞こえてきた。がんを患い、闘病生活のことなどを落語にして、同じ病を持つ人たちに勇気と笑いを与えている人。「生きてるだけで金メダル」という言葉が心に残った。ほかにもいくつか。

 がんばっている人に「がんばって」と声をかけることの負担。「がんばって」ではなく、「がんばってるね」と、ちょっと言い方を変えるだけで、ずいぶんと救われるものです。

 「元気?」と聞くのではなく、「お変わりありませんか?」と聞かれるほうが患者にとってはずいぶんラクなのです。


 保護猫のモリは、本当にがんばっている。8月11日保護当時の体重が1.75キロ。一時は2.15キロまでいったが、今は1.7キロになってしまった。のりおの次に風邪をひいたとき、新入りはだいたい風邪をひいてしまうなあと思った。が、風邪が治った後も、予後がはかばかしくない。10月3日に血液検査。レメディとお灸の治療が続いている(必要に応じて輸液と強制給餌。インターフェロンは高熱が続いたときはしていたけれど、今は必要なし、とのこと)。ほかにアルファルファのマザーチンクチャー。抱っこをするとゴロゴロ…と喉を鳴らすモリに、「モリちゃんは本当にがんばってるねえ、えらいねえ」と声をかける。小さな、痩せた体で本当にがんばっている。気がかりな日は続く。

*****

以下、プチポン保護猫ではありませんが、里親募集リンクです。
気になる子がいたら、ぜひお問い合わせを!

岩手県発 白黒長毛のチロリンちゃん♀

千葉県発 犬の「ゆき」ちゃん♀

名古屋発 茶白の平八郎くん♂

岩手県発 マッシュ一家とリン一家

岩手県発 さび猫ひなこちゃん♀

*****

隻眼の光くんを捜しています石川県金沢市


プチポン逗留中、ヒゲゾウ氏の古巣のSOSです
バナーをクリックしてぜひご覧ください


by amemiyataki | 2008-10-22 00:17 | 日常

なんということはないけれど…

a0099350_0591236.jpg

ちー 黒猫には赤がよく映える



 くるねこ大和風に言うなら、プチポンの面々はそれぞれが「ぎうぎう」「わっしょい」状態の一週間だった。お届け、フリマ、通院、通院、フリマ、通院、フリマ。それぞれ仕事、家事、餌やりをこなしながら。みんな、お疲れさま! がんばりました! 好天に恵まれ、フリマも大盛況。モスさんからいただいたゴートミルクは威力抜群。ありがとうございます。

 フリマ品を送ってくださった方々、無事に届き、活用させていただきました。お礼のメールが遅れていて申し訳ありません。本当にありがとうございました。


 実は昨夜、一週間の出来事を書いたエントリが(小一時間かけたのに)、消失してしまった…。シューッ…灰になり、がっくし。また思い出しながら、少しずつ書いていくしかないか。

*****

 お世話になっている動物病院で保護している子猫たち。
 小梅とすもものキジ白兄弟は、ふたり一緒に、めでたく縁組成立です。回虫の駆虫、風邪…とちょっと大変でしたが、譲渡日も決まりました。応援ありがとうございます。

 そして、お星さまになったちいちゃいちゃんたち4匹(母猫もおそらく亡くなってしまったのではないか、だから捨てることにしたのかも…と先生)。
 大きいちゃんたち5匹。土曜、通院した時点で急展開、思いがけず4匹が縁組成立していました。心配してくださった方がご友人を紹介してくださり(1匹決まり)、病院の患者さんが2匹もらってくださることになり、さらに1匹は先生の親戚の知り合いがもらってくださることになり。モリの診察中、残る1匹を見に、ちょうど来客が。本当によかった。ネット上でもお問い合わせを何件かいただきました。ご希望にそえず申し訳ありません。

*****

 昼寝で寝過ごして、危うくバイトに遅刻しそうになった日曜。そして、ぎうぎうの脳ではこれがいっぱいいっぱい。

 おやすみなさい。

 
by amemiyataki | 2008-10-20 01:19 | 日常

やりきれない

 病院に捨てられた子猫9匹。ふた腹から生まれ、大きいちゃん5匹、ちびちゃん4匹(うち1匹は死亡)。

 モリの通院をした空蝉さんから、さらにちびちゃんが1匹亡くなり、残りも危ないとメールがあった。
 昨夜遅く、先生からチビ子猫2匹が亡くなったと、メールがあった。

 「小型組3匹中2匹が今日亡くなり、残る1匹も今晩中に危ない様です。
母猫から離れた事や密飼のストレスで呼吸器感染が悪化したのかもしれませんが
皆突然神経症状様を起こした上の死亡でしたから
同腹全てがFIPの濃厚感染を併発していた可能性があります。

残る5匹は風邪をうつされましたがそれ以外は今のとこ症状はありません。
今日奇しくもソックスの1匹を貰ってもらえることになったんですが
いちばん風邪症状が酷いんで待ってもらっています
とりあえず風邪がすっきり治るかどうか
治った後念のため抗体検査をし、その上で貰って頂けるかどうか再度ご相談しようと思っています。他の4匹もおいおい検査します。

小梅達は テンパってすぐ出したい気持ち満々ですが まだ少しくしゃみをしますので もう少しレメ投与したいと思います。来週末か再来週始めには何とかお渡ししたい」


 実は、小梅にはお問い合わせをいただいており、木曜にお見合いがあり、ありがたいことにすももも一緒にもらってくださることになっていた。しかし、すももに回虫がいたのと、小梅が少々風邪気味だったのとで、お届けがいつになるか、先方も先生も待ち遠しい…というところだった。


 先生のメールには「やけ酒中~  ついでに心身症になってやろうとおもいます じぐじょ~」と
結んであった。

*****

 ちびヴァンを初抱っこした夜。もし、万が一、保護場所を確保できたなら、「日の丸」という名前で里親募集しようか…なんてちょっぴり夢を見た。まあるくて、背中に黒の丸がひとつ。ほかのきょうだいよりもでかくなった。食いすぎだべ。
 風が冷たく感じられるこのごろ。

 感傷的になりすぎないこと。所詮なるようにしかならないこと。けれど、希望は捨てず、いつも心に灯していること。そのための努力は怠らないこと。
by amemiyataki | 2008-10-12 10:39 | 日常

里親募集!in盛岡   応援よろしく!

 先月、プチポンに猫相談をくださった方が、がんばって野良一家を保護しました! ご自宅にはすでに4匹の先住猫さんがいて(なかに、緊密なケアが必要な猫さんがいます)、これ以上、自宅に猫を迎え入れるのは困難な状況です。

 目に留まった猫さんがいましたら、どうかよろしくお願いします!

 お問い合わせは 藤村さん nekonyago7☆yahoo.co.jp へ(☆を@に変えてください)。


【マッシュ一家】

a0099350_15401377.jpg


野良猫の家族を保護しました。
大切にかわいがって下さる方を探しています。

【募集地域】
岩手県全域・東北6県でも良い出会いがありましたら出来る限りお答えしたいと思います。

【性別/年齢】
・成猫 シャム風(仮名/マッシュ)メス・年齢不明
・子猫 茶トラ(仮名/クッキー)オス・生後2・3ヶ月
・子猫 サビ(仮名/プリン)メス・生後2・3ヶ月
・子猫 キジトラ(仮名/スフレ)メス・生後2・3ヶ月

現在通院して駆虫をしています。
親猫 猫エイズ マイナス・猫白血病 マイナス
親猫は駆虫完了後避妊手術をします。
トイレしつけ済み

【譲渡条件】
・ペット飼育可の住宅にお住まいで、完全室内飼いをして下さる方。
・適正時期に避妊・虚勢手術をして下さる方。
・家族全員の賛成を得られている方。
・引越し、妊娠などの理由で手放さず一生愛情を持って飼育して下さる方。
・簡単で構わないので、たまに近況報告をして下さる方。

どうかこの子達を家族の一員として可愛がってあげて下さい。ご連絡・質問などはメールにてお願いします。



【リン一家】

a0099350_15402857.jpg


野良猫の家族を保護しました。
大切にかわいがって下さる方を探しています。

【募集地域】
岩手県全域・東北6県でも良い出会いがありましたら出来る限りお答えしたいと思います。

【性別/年齢】
・成猫 キジトラ(仮名/リン/写真左)メス・2歳くらい
・子猫 キジトラ(仮名/チャック/写真右)オス・生後3・4ヶ月

現在通院して駆虫をしています。
2匹共に猫エイズ マイナス・猫白血病 マイナス
親猫は駆虫完了後避妊手術をします。
トイレしつけ済み

【譲渡条件】
・ペット飼育可の住宅にお住まいで、完全室内飼いをして下さる方。
・適正時期に避妊・虚勢手術をして下さる方。
・家族全員の賛成を得られている方。
・引越し、妊娠などの理由で手放さず一生愛情を持って飼育して下さる方。
・簡単で構わないので、たまに近況報告をして下さる方。

どうかこの子達を家族の一員として可愛がってあげて下さい。ご連絡・質問などはメールにてお願いします。
by amemiyataki | 2008-10-10 15:52 | 日常

今日はまぐろの日…だそうで

a0099350_11424318.jpg

B5判サイズの来年の手帳


 少し前の話になるが、来年の手帳購入。今年10月始まりなのも都合がよく(ブロンテ一家の出席簿がつけられる)、店のポイントを使ってボールペンも含めて400円くらい。よし。さっそく活躍している。難をいえば、私としては日曜始まりが好み。慣れるしかないか。

 皆勤はエビゾーのみ。昨夜の雨の日も。雨が降り止むのを見計らったのとプチポン猫にごはんをあげた後、24時過ぎに到着したが、タッタッタッタッ…、暗く濡れた暗闇の中から現れるさまに、つい胸が熱くなった。きみはたぶん、シャーロットが捨てられる前からずーっと野良をしていたのか。奮発して缶詰(小)を3缶あける。それでも、まだ食べたりなさそうだった。プチポン猫のグレにくりそつ。エビのほうが若いけど。今月中に、去勢手術ができますように。

*****

 その前の夜。ついうっかりと中腰になったまま振り向いた瞬間、ぎっくり。久々に(何年ぶりだ?)腰をやられた。あれもしなければこれもしなければ…と頭ぱんぱんで動いていたからか。
 たいしたことでもなく、たいした量でもないのに。

 「年をとると力が弱くなる。その分、思いは強くなる」と、亡くなった緒形拳さんが言っているのをテレビで見た。まだそれほど自分は年だとは思わないけれど、無理はいくらでもきく年齢はとうに過ぎている。椎間板ヘルニアになった原因の仕事を手放してかれこれ8年(まだたった8年??)。
 ちょっと体の調子が悪くなると、たちまち気弱になる。腰は「かなめ」だからなあ。1ヵ月以上続く舌の粘膜の荒れ、ヘルペス(これは治った)、そして腰痛。そんなこんなで、メールも差出人を間違えて、送ってしまったり。

 落ち着いて、自分。

*****

 拳さんの遺作ともなる「風のガーデン」を見逃す。イングリッシュガーデンを見たかった~。今夜24時10分は、NHKで特集を放映。これはぜひ見たい。

*****

 病院保護の子猫たちの性別がわかりました。

 白ソックスはいてる2匹はどちらも女の子。キジトラ3匹は全員、男の子。キジトラのうち1匹のみ短尾。あとは全員、長くてまっすぐ。

 さらに、チビチビーずキジトラ3匹は全員男の子。お星さまになった子が女の子でした。
by amemiyataki | 2008-10-10 12:02 | 日常

寒露

a0099350_11514313.jpg

おいしい紅茶


 ひいきにしているパン屋でふと目にとまり、購入。キャップを開けたとたんに紅茶の香りがひろがり、びっくり。こんな経験は初めて。国産茶葉(鹿児島知覧産)と信州安曇野の水を使った、無糖の紅茶ペットボトル。いや~、まじでびっくり。そのへんの店で注文するアイスティーよりはるかにうまい。体がしみじみと生き返るのがわかる。オイシックスや楽天でも扱っているようだけれど、一般売りはあまりしていないよう。パン屋さんでは120円で売っていた。当分、はまりそう。

*****

 ブロンテ一家を相手にしているときは、人馴れさせることは考えず、車の中で彼らがごはんを済ませるのをネットケータイしながら待っている。
 昨夜もそうしていると、杖をついた脚の悪いご婦人が、「にゃんにゃん、にゃんにゃん」と言いながらブロンテたちの様子を見ていた。うーん、困ったにゃあと思っていたら。そのご婦人が車に近づき、話しかけてきた。
 いわく。自分はあのビルの(と指を差し)3階に住んでいる。毎日、ご苦労さま(ずっと見ているのよ、と言った)。自分のビルのところに(シャーロットが)捨てられて、4匹、子猫を出産して、おっぱいをあげていて。自分は餌をあげていたが周りから止められてあげるのをやめてしまった。親切な人が、動物保護団体に子猫をもっていって里親探しをしようと言い出し、みんなでさんざん追い掛け回してかろうじて1匹捕まえ、持って行った。その後、(シャーロットは)住みかを変えてしまった。
 餌をあげて大きくさせてしまった責任を自分は感じている。ほかにきちんと餌をあげている人はいない。せめて自分の罪滅ぼしと感謝をこめて…ということで、お金をこちらの手の中に押し込んでいった…。
 これまでいくつか餌場を持ったことはあるけれど、こういうことは初めて。誰かのためにしているわけではない。常にこれでいいのだろうかという煩悶も抱えている。こうした成り行きは、ここの周辺が人にも動物にも優しいコミュニティであるということなのかどうか。わからない。少なくとも、今のところ、餌をやるな!と怒鳴られたことはない。

 あなた、勤めているの?とか、お金が続かないでしょう?とか。
 こういうことをしている人間って、よほど奇特に思われるのだろうなあ。毎日、似たような服を着て、いかにも貧乏そうに見えたのかなあとか。ちょっと言い表しがたい、複雑な気持ち。

 何かにかたよった生き方、アンバランスな社会生活の営み方はいけない。のめりこみすぎも続かない。
 家族を大切にしつつ、きちんと社会生活をこなし、人としての責任を果たしつつ、行き場のない猫たちのことも…。

 覚え書きとして。
by amemiyataki | 2008-10-08 12:16 | 日常

小さな命がひとつ、消えた。

a0099350_13265616.jpg

のらねこ物語



 河原猫の世界の日記で本の出版を知り、購入。ズーズーの笑顔? が印象的だ。せつない。

a0099350_13272588.jpg

これでも見られる顔になったのにゃ



 先生から、画像付きメールが届く。段ボールに詰められて捨てられていた9匹のうち、ちびグループ4匹のうちの1匹。よしよし。少しずつ猫に近づいてきたにゃ。
 と思っていたら、つい先ほど、危うかった1匹が亡くなったとメール。ミルクがどうしてもうまくのめなかった、片目が溶けてなくなっていた子。次に生まれ変わったときは生命の不安のない、祝福を受けた猫生でありますように。がんばったね。ごめんね。

*****

 おかげさまで、千葉発のさび&三毛姉妹「さむ&さぁ」ちゃん、めでたくふたりそろって同じところへお届けとなったそうです。ふぁんじにさん、お届け先の「伝説の塩ラーメン」はかな~りおいしいですよ。いまのところ、私の中では「これまで食べてきた中でいちばんうまいラーメン」ナンバーワンです(地元のデパート催事で食べただけだけど)。

以下、プチポン保護猫ではありませんが、里親募集リンクです。
気になる子がいたら、ぜひお問い合わせを!

岩手発 白黒長毛のチロリンちゃん♀

千葉県発 犬の「ゆき」ちゃん♀

名古屋発 茶白の平八郎くん♂

*****

隻眼の光くんを捜しています石川県金沢市


プチポン逗留中、ヒゲゾウ氏の古巣のSOSです
バナーをクリックしてぜひご覧ください



*****

 いつも応援ありがとうございます。改めて御礼申し上げます。細々とながらも行き場のない猫たちの保護ケア、里親募集が続けられるのも、皆さまの応援、ご支援あってのことです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 カンパご支援、フリマ品ご支援をくださったO・Tさま、F・Aさま(ともに岩手)、猫村さま(大阪)、T・Kさま(埼玉)、心より御礼申し上げます。

(イニシャルは姓・名の表記とさせていただいております)

 いつも変わらず、支えてくださっているH・Nさま、お仕事お忙しいようですがどうかお気をつけて。ありがとうございます。


 一匹でも、外で暮らす猫が、温かい家庭に迎えられるますように。すべての命が祝福を受けて生まれ出る世界でありますように。
by amemiyataki | 2008-10-07 13:57 | 日常