<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どうやったってたかが人間

a0099350_336364.jpg

小岩井の一本桜 (09年5月16日(土)撮影)



 桜が満開の連休にたどり着けなかったのが少々惜しくも悔しくもあり、改めて目指して行った。とうに桜は散り、こうして青葉繁るる…の一本桜の光景に、新たに菜の花の風景が加わった。これには驚いた。
 10年、いや少なくとも8年前はほとんど無名で知る人ぞ知るという隠れスポットだったはずだ、ここは。「き」さんに教えてもらって初めて知り、その場所に行き、感動した。立ち入り禁止の柵はあっても当時は駐車場もなにもなく…朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」、映画「壬生義士伝」ですっかりメジャーになるや、かなり周辺も整備され、立て看板もでき、こうしていつの間にか菜の花までが加わった。景観を守り、大切にするのはいいことだけれど、あまりつくられすぎるのもなあ。なんにもない、だだっ広いところにぽつんと、一抹の寂寞感をまとって立つのが一本桜だよなあ。むしろ、周りは岩手の自然の厳しさを伝えたままでいてほしいかなあ。
 それでも、桜以外の楽しみ方もあるのだと知ったのは収穫だった。

 この場所に行く道を、新たに発見。残雪の岩手山、そこから広がる雄大な稜線に見惚れながら、ほとんど車とすれ違わずに道を駆け抜ける爽快感。好きだなあ。

*****

 「ぼくの妹」を、気づけば続けて見ている。キャストに特別興味があるわけではなかったけれど(強いて言うなら大滝秀治さん)。脚本(池端俊作さん)がいいのだ。2月に見た「お買い物」の前田司郎さんもすごいなあと思ったが、「ぼくの妹」も、タイトルから連想する「勝気でわがままな妹(長澤まさみ)に振り回されるボク(オダギリジョー)」的なほんわかさがどこにもなく、結末がどう転ぶのか、今からハラハラしている次第。九鬼(千原ジュニア)もせつないよなあ。しかし…なぜ、どうして? 大滝さんの年齢からいって、どう見ても九鬼は息子ではなく孫だろう…と突っ込んでしまった…。地方の優等生から医者になり、大学病院に勤め、優秀ぶりに上司からも妬まれる外科医という設定にオダジョーの髪型と服装に違和感ありあり…という突っ込みも…私だけではないよね?ね? 「いきものがかり」の歌もいい。

*****

 注文していたHB-101が届いた。以前、勧めてくださったFさん、ありがとうございます。無味無臭なのか、たきは飲み水に入っていることにまったく気づかず。よしよし。

*****

 日曜の朝日新聞を読んでいたら、久しぶりに稲葉賀恵さんの凛とした姿を紙面に見つけ、つい記事を読み込んだ。「追憶の風景 ガンジス川(インド)」という記事。

 1976年春、稲葉さんが初めてインドを旅したときのこと。「それはパンドラの箱を開けちゃったような体験だった」という。横尾忠則さん、藤原新也さんの本を読み、インドの神秘的なイメージに惹かれて旅を決め、1ヵ月、ニューデリーからカルカッタまで回った。最初は各室に1人ずつボーイがいる高級ホテルに泊まったものの、外に出たとたん、街の光景に稲葉さんは衝撃を受ける。「手足のない人たちが体を引きずるようにして物ごいしたり、果物を売ったりしている」。ところが、片腕の人が器用にパパイヤを切り、それにコショウをかけて差し出すのを恐る恐る食べてみたら…。

 「それがとってもおいしいの!」

 洋服を詰めてきたトランクを送り返し、稲葉さんはTシャツ2枚とスカートとジーンズだけで旅を続ける。高級ホテルから安宿に替えて。ガンジス川の沐浴も経験する。茶色く濁っている川の水も、コップに汲むと濁りがゆっくりと沈殿していく。「それを見て、あー、みんな土に帰るんだと思ったの。」

 雄大なヒマラヤの姿にも圧倒された。人間ってちっぽけな存在だなあと。人それぞれに大きな志があったり希望があったり、喜びも悲しみも背負っている。それは大事なことだけど、どうやったってたかが人間って、思ったの。


 日本の都会で暮らす忙しさ、喧噪とは対極のインドでの経験。70年代後半、「ビギ」「モガ」を立ち上げて猛烈に忙しくなる前にしたインドへの旅。人の生き死にに接し、大自然と対峙するというかけがえのない体験。そうしたことをしっかりと自分のものにし、さらに成長していく。

 「70年代から時代の先端を走り、モデルも務めたオーラは健在。洗練された生き方と作風の基層に、鮮烈な原色のインドが見え隠れした」と締めくくる筆者に共感。かっこいい。

 どうやったってたかが人間。それならせめて命が果てる時まで、じたばたしたっていいやね。
by amemiyataki | 2009-05-18 04:27 | 日常

覚え書き――腸は第二の脳――

a0099350_2271886.jpg

玉ねぎのぽったら煮 レシピは辰巳芳子「あなたのために―いのちを支えるスープ」より



 すっかり愛用しているPENTAX K-m(デジイチ)、画像を1580枚撮ったところで購入時から使用しているリチウム電池が切れた。4ヵ月使用。ありがとうね。そして以前から充電用意していたエネループを代わりに入れる。よろしくね。

 画像は新玉ねぎが出回る季節、必ずわが家で作る玉ねぎのスープ。辰巳さんの文章は哲学的で、そのレシピで作る際は少々気合が入る。けれど、料理の「一点」にぴたりと合って作られたときの、あの絶妙な旨みといったら! ぽったら煮ともいうらしいこの玉ねぎスープのレシピを新聞で読んだときは、「玉ねぎはできれば淡路島産のものを」という指定まであった。甘味が断然違うのだそうだ。一度だけ、淡路島産のもので作ったことがあるが、味の違いは…それほど劇的な違いは感じなかった。私の味覚はそんなもんです、はい。どのときも「おいしーねー」「んまーい」の称賛がわが家の食卓を飾る。それほど滋味あふれるスープ。ポイントは梅干しの種と昆布の出汁。

*****

 以下、覚え書き。

・腸は健康の「土壌」であり、腸をきれいにすることが肝心。
(腸、特に小腸が悪い人は自己卑下をしがち。良い感情、良い精神を保つためにも腸の健康を)

・消化吸収の働きをする腸は「第二の脳」とも呼ばれている。

・腸は造血器官でもある。
(現代医学では赤血球は骨髄で造られると考えられているが、
ホメオパシーでは赤血球は腸の絨毛で造られていると考える。
赤血球はすべての細胞のもとになる)

・腸は最大の免疫器官でもある(腸管免疫)。

・小腸が悪いと心臓が悪い(小腸と心臓はつながっている)。

・腸(小腸)が悪いと直感力が鈍い→丹田を鍛えること。直感を取り戻すこと。

・膵臓が悪いと油を消化できない。

・栄養吸収のためには脾臓も大事。
(栄養は腸から、気は脾臓から)

・胃と脾臓は双子の臓器。

・腎臓が弱いとすべてが悪くなる。

・腸が悪いと鼻が悪い(副鼻腔炎)。

*****

 どうりでうちの母は慢性副鼻腔炎で腸が弱くて心臓が悪くて腎臓も悪いんだー、ついでに膵臓にもダメージあるんだろうなあ…なんて考えていくと、老齢のグレさんや軟便で鼻詰まりのぜんのことも頭に浮かんできたりして。

 腸の健康を取り戻そう。乳酸菌を増やさなくてはねと、母の場合、ダノンビオのおかげでかなり具合が良くなった(便秘の改善)。ヨーグルトならなんでもいいというわけではなく、人それぞれに合うヨーグルトを見つけることも大事だということも学んだ。生きたまま腸内に届くだけでなく、「高生存」というのもポイントなのね。

 腸、腎、肝、胆、脾、膵、心臓、脳…年をとってくると人も動物もそれらが必定、弱ってくるわけで。

 本日のにゃんこ2のほうにも書いたけれど、調子の悪いグレさんのことであれこれネット検索していたとき、偶然知ったヨーグルメイト。地元の自然食品店で手に入れることができたのはラッキーだった。グレさんも不調から浮上するとき、頼もしいくらい食べてくれた。粉状の乳酸菌サプリメントをふりかけるより、ヨーグルトを食べてくれたほうが少しでも脱水緩和につながるかなあと期待。
 それでも、ヨーグルメイトの説明書きに頻繁に出てくる「ヒト由来」というのが少々気になり、やはり猫には「ネコ由来」の乳酸菌のほうがやっぱりいいかなあとも思っているところに。偶然にも、ネコ由来の乳酸菌を猫友さんから送っていただいた。感謝。

 参考までに。試してみたことはないけれどネコ由来の乳酸菌商品として乳酸菌Daニャンがヒット。楽天ショップだとケンコーコムで取り扱い。ほかに乳酸菌生成エキスというのもあった。

 ヒトもネコも、腸内環境はとても大事、ということで。
by amemiyataki | 2009-05-18 03:26 | 日常

雫石ドライブ

a0099350_9261696.jpg


a0099350_9264524.jpg


 あくびをしたりなど、決定的瞬間もあったのだけど、2枚しか写せず…。たきの茶色の毛の質感が少しは出てるかな…。

 そういえば、猫田大学の「そみ」さんが、茶トラの女の子の里親さんを募集しています(北海道 道東限定)。募集記事はこちら。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。しかし、名前が「こぶ」ちゃん…。いいっすね。

 猫友のMさん(今はとりあえずイニシャルで)が、ちび子猫2匹を保護。現在、養育奮闘中。お披露目はもう少し先かもしれませんが、そのときはよろしく!

*****

 夏日が続いたこのGW。5日は小岩井の一本桜を見ようと出かけたところ、延々と大渋滞。早々にドロップアウトして、裏道を選択。これが大正解だった。確かに遠くから来た人たちは小岩井農場、一本桜を見なくては来た甲斐がないというものだけど。雫石はとにかく、ドライブコースが充実。楽しい。陽光に輝く青葉若葉の林道を快適に駆け抜け、楽しかった~。
 今回の収穫は風光舎。アイスクリームの「松ぼっくり」から、46号へ向かい、最初の信号を左折。この道はまっすぐ行くとペンション通り、そば屋の「極楽乃」に行き当たるのだけど、左折してほどなく、左側の高台に「風光舎」発見。この通り、充実してきた~。ちょっと行って右折すると(看板あるのでわかりやすい)、森のパン屋「tuk-tuk」もあるし。
 なにより、母はこのカフェのトイレのインテリアにいたく感激してました。
 冬になると厳しいよなあこのあたりは…と思うようなところにあえてオープン(都会の人たちはわりと雫石に移住する人が多いのだけど、冬の厳しさがわかってるのかな?と他人事ながら心配したりして)。この日は絶景の岩手山が窓から望めて、しかも明らかに都会から来た客で満席だった。

 こちらのコーヒーを飲んで、コーヒー好きが再燃してしまった~。こういうコーヒーが飲みたかったのよっ!「ケニアAA」の深煎り。私の中でベストコーヒーは「十一房(東京自由が丘)」の「タンザニア(キリマンジャロ)」の深煎りなんだけど、それに近い味わいだった。コーヒーのメニューだけで15種類、というのにも興奮。軽食などはこれからのようだけれど。アンデスのミントチョコがちょこっと出されたのも都会風でございました。
 思いがけない出会いに大満足。犬関連の本が置かれていたりなど、たぶん犬飼いのご夫婦店主なのだろうなあと。クリさんのママ、おすすめですよ。
by amemiyataki | 2009-05-07 09:48 | 日常

直感 勘 本能

a0099350_0524453.jpg

5月2日撮影




自分の勘を信用すること。
Trust your instincts.

「ねこ式人生のレシピ」より




 十代の頃は、今より比べてけっこう勘が鋭かったような気がする。
 それが社会に出て、荒波にもまれるうちに、いつしか自分に自信が持てなくなり。
 直感に頼るのとは別の、いわゆる処世術を身につけていくうち、
 勘とか直感とかそういうものにはあえて無縁の日常に浸っていったように思う。

 たとえば道が二つに分かれていたとして、
 心の底では「東」とわかっていても、
 なぜか足は「西」へ向き、「ああ、やっぱり間違ってたよ…」と引き返す。
 そんな回り道をずいぶんしてきたように思う。

 それがここへ来て、やはり勘って大事なのだなあと思うように至った。
 勘を働かせること。信用すること。

*****

 連休は普通にバイト。それでも、メインの仕事は休みなわけで、できるだけ近場へドライブしたい。
 晴天に恵まれますように。
by amemiyataki | 2009-05-04 01:06 | 日常