<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

永遠の0(ゼロ)

a0099350_241721.jpg

64年前のあの日の空は、どんなだったろう



 8月、終戦・お盆の時期は、私なりに神妙になる。折しも、テレビで「硫黄島からの手紙」を見た。
 「父親たちの星条旗」は見ていないが、監督のクリント・イーストウッドはフェアな人だなあとつくづく思った(アメリカ人は「フェアであること」「アンフェア」にこだわる、そんな印象がある)。誰かが、もしこれを日本人監督が描いたならば、もっとウェットな作品になっていたのではないか、というようなことを書いていたが、そうだよなあと思う。見る者に考えさせる余白がある、というか。

 ベトナム戦争を描いたオリバー・ストーンの「プラトーン」にも圧倒されたが、あの映画には日本人は出てこなかった。だから、ジャングルの蒸し暑さを感じながらも、客観的に見ることができた。「西部戦線異状なし」は様式美にこだわったようなラストシーンが強烈で、あまりほかのことは記憶にない。「硫黄島…」は、それらとは違うかたちで心に届き、残った。


 第二次世界大戦で亡くなった日本人は330万人ともいわれている。

*****

 ラジオで、この時期ぜひ読んでほしい本として「永遠の0(ゼロ)」を紹介しているのが耳に留まり、さっそく本屋に行き、購入。神風特攻隊として亡くなった祖父のことを孫たちが調べていく。祖父・宮部久蔵を知る人々を訪ねるが、ある者は「あいつは臆病者、卑怯者だった」といい、ある者は「優秀な飛行機乗りだった」という。果たして祖父の実像は…。
 何より、南方戦線の悲惨さがこたえた。数で圧倒するアメリカに挑む日本。どう見ても、勝ちの見込みはないとわかっているのに、それでも戦闘をしなくてはいけない日本軍。

 たとえば、飛行機に乗って戦闘するのに耐えられる時間はせいぜい1時間半。だが、彼らは3時間かけて戦地に飛び、正味数十分戦闘し、また3時間かけて基地に戻る。それを毎日毎日繰り返さなくてはいけない。対するに、アメリカ軍は一度戦闘に入ったら後方に回り、数週間の休暇を得ることができる。いくらゼロ戦が世界最高峰の戦闘機だとしても、物量ともにはるかに上回るアメリカに勝てるわけがない。加えて、エリート海軍将校たちの、保身による作戦の間違いの積み重ね…。

 この戦争が終わったのは、ほんの64年前のこと。そして、今も世界のどこかで戦争は繰り広げられている…。
by amemiyataki | 2009-08-28 02:42 | 日常

gremz(グリムス)始めました

a0099350_2474557.jpg

デール♀ 里親募集中



 里親希望の方はこちらからお問い合わせください。
 プチポンもりおかで保護している猫のほとんどは、わが家のさわれない猫「ちー」よりフレンドリーな猫たちです。なかでも、ちゅら、デール、ひばりは、猫同士の付き合いが長い保護部屋にいるより、飼い主を得て、人間と向き合う時間を持てば、今よりぐんと人馴れが進む。そんな可能性を秘めていると思います。なんとか、「保護」という環境から「家庭」という環境へ移したい。
 お問い合わせ、お待ちしています。

 カンパご支援ありがとうございますのページを更新しました。ありがとうございます。

*****

 ブログパーツにグリムスを追加しました。自宅のパソコンからはフラッシュプレーヤーのバージョンが低いため見ることができませんが、木は大好き。果たして大切に育てることができるかどうか…。
by amemiyataki | 2009-08-27 03:03 | 日常

自力運、他力運、そして…

a0099350_14255439.jpg

13の月の暦の手帳が届いた



 13の月の暦についてはこちら
 手帳カバー注文はこちら

 よくわかっていないながらも、「13の月の暦」の手帳とカバーを注文。もともと、こよみ(カレンダー)大好き人間なので、手帳が届いてから、暇を見つけては読んでいる。楽しい。手帳カバーには、私の太陽の紋章「赤い律動の竜」のワッペンを付けてもらった。ワッペンの上にある横棒リボンとスワロフスキーのビーズ1個が、私の「銀河の音」を表す「律動」。おもしろいなあ。
 そして、今日の8月26日は13の月の暦でいうと 「月の月(Lunar Moon)4日 Kin35 青い太陽の鷲」。
キーワードは

 太陽の→意図、脈動させる、実感する
 青い鷲→ビジョン、創り出す、心

 まだ、まったくそれらを意識することはできないけれど、この暦のリズムにのっていきたい。

 13の月の暦では2番目の月である「月の月」の問いかけは「私の挑戦は何か?(What is may challenge?)」。考えてみよう。

 ちなみに、手帳カバーを作ってくださったわかさんのブログに、松本サリン事件の河野義行さんのこと、田口ランディさんのブログ紹介のことなどが書かれてあり、つい、読み込んでしまった。

*****

 自力運とは、修行によって得られる自己運のこと。それにより、他力運がついてくるという。他力本願を頼る前に、まず、自分を磨くこと。自力運で他力運を引き寄せる。それらをサポートするもののひとつに、「鉱物運」がある。石屋さんからの受け入り。
 確かに。でも、なんとなくだけれど、石を身近に置くこと(鉱物運)で、自力運、他力運もついてくるように思うこのごろ。

 今日の朝日新聞では、ハワイに惹かれ、フラのDVDを出したという松坂慶子さんのコラムに目がいった。いわく、「大切なのは運、鈍、根」と、教えられたそう。運ばかりではなく、根気も必要。けれど、多少の鈍感さがあってもいい。芸能界で長く活動する彼女、その言葉を実践しているのだなあと思った。
by amemiyataki | 2009-08-26 14:46 | 日常

ありがとう

a0099350_156978.jpg

ちゅら♀ 里親募集中



 「二十日盆」といわれるように、8月20日までには母の実家のお墓参りに行きたいと思いつつ叶わず。今年は雨模様の天気のせいもあってか、なんだかしっかりと「お盆」を意識しないまま、お盆の週が過ぎてしまった。13日のお墓参りと16日までの迎え火送り火はちゃんとしたけど。
 バイトのほうは…その後、二転三転。まったく。書くのもイヤになるくらい呆れ返る。もうすっかり気持ちは離れてしまっているので、今週いっぱいで終わりかあと思っていたところに、また…。上の都合は知らない。でも、お世話になったリーダーからの頼みならば、断りにくい。産休明けの復職者の自己都合に、現場が振り回されている。とにかく、離職するまで無事に何事もなく済みますように。

*****

 今年の夏ほど、母と一緒に甲子園、高校野球に熱中した年はなかった。花巻東。準決勝は結果としてはエースの満身創痍からのボロ負けだけど(相手が強すぎた)、素晴らしい戦いぶりだった。準々決勝、延長10回で逆転勝ちしたときは、本当に感動した。
 初戦から、「ああ…負けそう」「やっぱりダメかも…」「えっ? すごいっ! すごいっ!」「うわーー、勝っちゃったよーーー すごいすごいっ!!」と、信じられない快進撃。どうせ一回戦で負けるよなあと、もう何年も岩手県民はそんなスタンスで観戦してきただけに、半信半疑ながらも、勝ち進むうち、もしかしてもしかして今度こそ、初の「優勝旗 白河越え」なるか?? なんてつかの間、夢を見てしまった(北海道に優勝校はあるから、厳密にいえば白河越えはしているのかもしれないけれど、東北勢で優勝校はない、という意味で)。当時、太田幸治選手を擁する三沢高校(青森)も、ダルビッシュ有を擁する東北高校(宮城)もなしえなかった、ゆ、ゆ、優勝?? 準々決勝で勝ったその日は、花巻東のニュースを少しでも多く拾おうと、ケータイでネット三昧。「花巻東」でブログ検索までして、「決勝は花巻東vs帝京で決まりっ!」なんて文章を見つけては、よしっ!とひとり大きくうなずいたり。

 それにしても、中京大中京(誰だったか、「ニッポニアニッポンみたいな響きですよね」と言ってたなあ)は強い。それに最後まで食らいついた日本文理もすごい。9回裏、二死からのあの驚異的な粘りといったら!



 準決勝で敗れた翌日、月曜の地元IBCラジオ(岩手放送ラジオ)の朝の番組に届いた読者からのメッセージの九割九部九厘(パーソナリティー談)は、「花東、よくがんばった!」「感動をありがとう」だった。そして、リクエスト曲が井上陽水&奥田民生の「ありがとう」。まさに、ぴったり(SMAPの「ありがとう」ではないよなあ)。その次にかかった岡本真夜の「TOMORROW」はちょっと違うと思ったけれど。

 岩手県勢の準決勝進出は、実に90年ぶり。前回は大正時代の話…? 「てことは…だいたい100年に1回ってことなわけで……次は100年後? もう、私たちは見れないってわけ??」なんて言ってた人もいたけど。
 いやいや。菊池くんたちのおかげで、岩手の野球レベルは確実に上がった。後輩たちよ、後に続け。

 (お世話になってる石屋さんの息子が某高校の2年生でピッチャー。彼の来年の活躍ぶりを密かに期待)


野球には、忍耐、努力、勤勉、自己犠牲、礼が要求される。(中略)
これらがないと日本の勝負ごとは成立しない。
球児たちはこれらを重んじ、一つの共同体となって勝負に挑んでいる。
まさに日本の原点がここにあると思うんです。

山本浩(「サッカー実況のカリスマ」と呼ばれる元NHKアナウンサー)
09年8月24日(月)朝日新聞より


 
by amemiyataki | 2009-08-25 01:57 | 日常

案の定…

 今週はお盆。今朝は暑くならない前にと、6時にお墓の掃除に行く。なかなか私が起きないので、母がひとりで先に行ってしまった…。はかはかしてるから、心臓にくるのよー。

 昨日、バイト先でリーダーに次回の休み希望の紙を提出したら、すご~くいたたまれないような表情をしながら、「マネージャーから聞いてない?」と。「聞いてません」「実はね…今月いっぱいで終わりなんですって」

 すごいなあ。異動を断ったから何かあるだろうなとは思ったものの。本人にはいつ通達するつもりだろう? 駐車場も解約しなきゃいけないし。もしかしたら、月末と言わず20日の〆日で解雇というのもありうるかも。いや、本当にすごいわ。せめて最後の日まで、何事もなくいい仕事ができますように。

*****

 迷惑メールの見直し後、ケータイは嘘のように穏やかだ。これでもう少しメルマガの配信停止を徹底できたら、相当すっきりするだろう。

*****

 たきはやっぱり…白髪なのだと思う。おじいちゃんになったな…。最近、おじいちゃん、おじいちゃんとたきを呼んでいたら、母が気を悪くして、「たきにはちゃんと通じてるんだからねっ!」と。
 被毛は確かに、枯れ草というか干し草のように日に焼けた感じがするものの…。
 昨夜は反省して、「たきちゃん、かわいいなあ」「うちに来てくれて本当にありがとうねえ」など絶賛しながら撫でていたら。嬉しそうにころんころん寝返りを打ち、万歳をし。
 たきが見守ってくれていたこの10年は、本当に何ものにも代えがたい、貴重な「私の年」だ。
 これからもよろしくね。9月からは、少しは時間がとれるはず。
by amemiyataki | 2009-08-11 08:53 | 日常