<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

りんご、りんご、りんご

a0099350_23263619.jpg

奥州市江刺区 蔵の町



 岩手のりんごといえば、江刺りんご。先日の台風で落下したりんごの販売を江刺市役所前で行うと聞き、張りきって盛岡を出立。

 車で1時間40分くらい南へ。盛岡が南部藩なのに対して、ここは伊達藩なのだろう。気候風土も同じ岩手なのに違うし、なんとなく人柄も違う感じがした。

 落下りんごを目的に集まった人たちに対して、商売っ気のない対応ときたら。実家が魚屋で商売魂がある母が「売る気ねえのかな…」と、不満たっぷり。それでも、落下りんごの袋詰めにムキになり(200円)、急遽、江刺JAが持ち出してきた立派なジョナゴールドを買い(7個500円)、それでも足らずと産直「ふるさと市場」へ行き、さらに「あい香のかおり」を買い。

 昼食は、以前行った、蔵を改装した店へ行ったが…味が落ちていたのにがっかり。江刺は金札米(きんさつまい)という一級品の米の産地でもあるのに…ごはんがおいしくなかった。大好きなしょうがせんべいを買いにいったお店では、ほとんど品切れだった。

 何かこう…ひとつボタンをかけ違えたような、大好きな江刺の町が、この日はちょっと違って見えた。蔵が立ち並ぶ町並みの写真も、いまひとつだった。

 帰路に着いたものの、何か釈然としない母が、「こないだのところへ行こう」と言いだした。そう、お歳暮にりんごを贈るわが家なのだけれど、今年は江刺のりんごを贈るのはどうしようかと、悩みだしたのだ。

 母が言う「こないだのところ」とは、「mi cafe」のこと。

 山の頂上付近にある「mi cafe」は、この日も満員だった。やはりアップルティーを注文し、ついでに紅玉1個分のジャムをのせたというりんごトーストも頼む。

 母、大満足。「やっぱり美味しいねえ」「んだー」

 ついでに、こちらで再び、りんごの詰め合わせに挑戦。蜜たっぷりの「北斗」を。

 帰宅して、すべてのりんごを少しずつ切り分け、味見し。

 「やっぱりこっちだなあ」と、「mi cafe」、松本農園のりんごを指差す母。

 お歳暮まで、悩みに悩む母であった…。


※それでも、落下りんごで作ったジャムはおいしかった。冷凍パイシートでりんごパイを作ってみよう

a0099350_003529.jpg

それでも、江刺の町はどこか懐かしくも新しい町並み


by amemiyataki | 2009-10-31 23:25 | 日常

ワクチンのこと

a0099350_044532.jpg

箱があると必ず…



 たきは来週で満10歳。最近、口をくちゃくちゃさせているので、口内ケアをしてもらう予定。抜歯するのかどうか…。こうして見ると、毛色が確かに白っぽく変わってきている。

 プチポンショッピングにアップしなくてはいけない商品があるのだけれど、夜、蛍光灯の下で撮るとやはり色合いが違う。人工灯ではなく、自然光で撮るとなると、週末になってしまう…。少し早起きして撮ってみよう。

 10月10日の朝日新聞「私の視点」に、疫学者で元国立公衆衛生院感染症室長の母里啓子(もり ひろこ)さんが寄稿していた。
 曰く、

 インフルエンザワクチンは、予防接種の中で最も効かないものの一つであること。

 インフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜に付き、そこで増殖する。一方、ワクチンは注射によって、血液中にウイルスの抗体を作る。喉や鼻の粘膜表面に抗体ができるわけではないので、感染防止効果はない。

 効果が証明されていないにもかかわらず、重い副反応が出やすい妊婦や幼児にまでワクチンを勧める厚生労働省の方針に、危機感を覚える。

*****
 確かに、かつて小学校ではワクチンの集団接種が行われていたけれど、副反応被害のために、いまは任意接種となっている。

 いつだったか、猫ものペット用品の通販雑誌の記事に、「アナフィラキーショックが心配なので、うちの猫にワクチンを接種させるのが心配」という読者からの質問に、「そんな(アナフィラキーショックにかかる確率はかなり低いものだから)心配などせずに、ワクチンは絶対うつべき」という解答にびっくりしたことがあった。

 母里さんの寄稿から一週間後、同じ欄に「ワクチン接種 不安あおらず冷静な選択を」という反論があった。診療に携わる医師として、ワクチンによる予防の重要性を実感している。いたずらにワクチン副反応を強調するのは、社会防衛の立場から賛成できない。

*****

 トリノ通院時、病院の待合室に母里さん監修の本があり、ちらっと読んだ。インフルエンザ脳症になるのは、解熱剤を使うから。などなど、おそらくこれは「タブー」なことなんだろうけど、黙ってはいられない人たちが発している警告なんだなあと思った。本にあったカンガエルーネットをリンク。子供に予防接種は必要か…など、お母さんたちが考えるネットワーク。翻って、ペットへのワクチン接種にもつながるんじゃないかと思う。

 ワクチンに含まれるケミカルなもの、重金属などを血中に取り込むことがどういうことか。答えは自分で出すことなのだろう。

*****

 マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」公開。見なくては。

 「本の旅人」に梯久美子さんの新連載が始まる。写真家の石内都さんの本、「ひろしま」を手に取りたくなった。

花柄のワンピース、水玉のブラウス、テーラーメイドの背広、壊れたメガネ。写真家・石内都が被爆遺品を撮った。美しいから辛い、可憐だからむごい。風化しない広島。

by amemiyataki | 2009-10-29 00:39 | 日常

錦秋

a0099350_22382990.jpg

黄葉 10月25日撮影



 里にも紅葉黄葉が下りてきた。けれど、ひと雨降っただけで、一気に晩秋の気配を増していく。惜しみつつも、生命の営みを感じる。実りの秋が過ぎれば、すべてが眠りにつく冬がやってくる。

 今日はトリノ通院。体重が250g減り、3.4キロに。タイミングよくといったら語弊があるが、先生が診ようとしたら、ちょうど口から出血。右上の歯を一本抜歯。腎臓の数値がひどいので、麻酔は危険。ということで、その場で抜歯。左下の歯も歯垢がびっしりで、いずれこちらも抜くことになるでしょうね、とのこと。

 いちおう、採血を頼む。採った血の感じから、「貧血気味ですね」と。腎臓を触診。右のほうが萎縮。左は正常。腎不全は腎臓が肥大し、やがて萎縮するそう。萎縮ということは、機能していないということなのか。聞きそびれてしまった。腎臓サポートのほか、アンモニアを分解するというレメディを処方された。

 プチポンに帰り、点滴。以前、いただいたチューブダイエットの「ライト」がグレ、トリノに好評だったので、遅ればせながら、腎臓用の「キドナ」を注文。これはちょっと敬遠気味だったが、トリノに強制給餌。

 治る病気ではなく、徐々に弱っていくのだと知りつつも、何かできないかと、やはり思う。少なくとも、少しは体がラクになるような何か。

 年をとっているのかもしれないけれど、年齢不詳のトリノの顔は、やっぱりかわいい。トリノもまた、実りの年を過ぎ、人生の冬を迎えているのだろうか。

 それにしても、今朝、私が部屋に入ると、トリノはソファから下り、ケージ内のペットヒーターでまったりしているヒゲのほうへジャンプし、後ろに隠れた。ヒゲはすかさずトリノの肩に腕を回し、グルーミングしてやった。絶対、ヒゲのほうが年下のはずなのに。
 そして通院でトリノを捕まえようとすると。(ヒゲがいるケージは戸口を閉めた)今度はトリノはこだまさんが隠れているサイコロベッドの中にもぐりこんだ。それは上の部分が開くので、難なく捕まえることができた。シャーシャー、こだまさんは怒っていたけど。

 今いる猫たちのケアをできるだけ心がけること。あまり暗くならないこと。
by amemiyataki | 2009-10-27 22:59 | 日常

知の悲しみ

a0099350_16185387.jpg

紅葉したナナカマド



 今日は二十四節気の「霜降(そうこう)」。まさに盛岡で初霜。平年より遅く、昨年より早いという。エルニーニョ現象で今年は暖冬というけど、どうなのかな。保護部屋のオイルヒーターの目盛りを気にするこのごろ。今朝の盛岡の最低気温は1度。寒かった。

 街路樹のナナカマドがいい感じに紅葉。「7回、竈(かまど)に入れても燃えにくい」ところから名が付いたそうだ。盛岡ではよく見かけ、とりわけ銀行の敷地に見かけるので何か縁起がいい木なのかなあと思っていた。秋は赤く、春は白い花を咲かせる、お得感のある木。
 
*****

 仕事を終え、プチポンに行く前に、夕飯をとる。朝昼晩、パスタを食べても全然平気!なので、ついパスタ屋を探してひと息つく。昨日も、どこにしようか、そうだあそこのミートソース+納豆ソースのパスタを食べよう!と張り切って向かった。が…。

 味は平凡というより、いまひとつだった。初めて食べたとき、ミートソースと納豆の絶妙なマッチングに驚嘆、しみじみと感動したのだけれど。今回は違った…。ミートソースと納豆の温度が合っていなかった。微妙に「ぬるい」部分があり、納豆臭さが妙に際立ち、ミスマッチに思えた。残念だなあ。
 前食べたときと作り手が違うようだ。メニューのレイアウトが替わってから、「………」と思う部分も確かにあったのだけれど。残念だけど、もう二度とこのメニューは注文しない。

 開高健が、イギリスの「フィッシュ&ポテト」を初めて食べたときの感動が忘れられずに、二十年後だったか、久々にイギリスでフィッシュ&ポテトを頼んで口にしたとき。初めての感動はもはやそこにはなく、平凡な、むしろ油ぎったポテトやらなにやらB級メニューのそれとしか感じなかった…。「知ってしまうと、次に食べたときはどうしても、その初めて食べたときの味には及ばない」といったようなラテン語の「知の悲しみ」という言葉を引き合いにしたエッセイを思い出す。

 何度食べても、かわらずおいしい!というものはあるかもしれないけれど。

 確かに、初めて食べたときの「ラザニア」の味は、その後食べたどんな「ラザニア」よりずっとずっと美味しかった。記憶がそんなふうにさせているのかもしれないけれど。
 世俗にまみれて、いろんな経験をし、食生活も豊富になった自分は、同時に「知の悲しみ」を味わうことも多くなった。そんなことを言いたかったんだろう。

***** 

a0099350_1619348.jpg

なまはげが来た



 職場に、なぜかなまはげが来た。本物を見たのは初めて。ウォーーーッと、サービスで雄たけびをあげてくれた。みんなで競って、撮影会。
by amemiyataki | 2009-10-23 16:50 | 日常

ちょっとひと息…

 プチポンショッピング、怒濤のオープン騒乱(?)もようやく一段落。最初が勝負だなあと思っていたものの、これほどご贔屓にしてくださる方々がいらっしゃることに改めて、一同感動。厚く御礼申し上げます。

 順次、商品の発送を行っています。お楽しみにお待ちくださいませ。

*****

 パソコン画面とにらめっこ時間がかなりの時間になり、久々に肩はバリバリ、目がどーんと重たくなりました。鈍痛。バイトをやってたら、とてもできなかったなあ。さらにいろんなアイデアが頭の中でぐるぐるし、私にしては珍しく、浅い睡眠が続いたり。

 画像は先週金曜に行った、松本りんご園の中にある喫茶店「mi cafe」で撮ったもの。grottaさんのブログを見て、これは行かなくては!と思ったのだ。

 アップルティーはリンゴジュースで紅茶を煮出して作ったものだそうで、さっそく家でも試してみた。ジュース100%だと甘すぎて、お湯で半々に割ったのがいい感じだった。湯気が写るといいなあと思ってたら、写ってたので嬉しい。

a0099350_12221992.jpg

アップルティー



a0099350_1222489.jpg

りんご畑を上りつめたところにカフェはある



a0099350_1223147.jpg

遠くに岩手山を望む



a0099350_12233836.jpg

私が注文したりんごのチーズケーキ(350円)



a0099350_1224448.jpg

母が注文したアップルパイ(400円)



 ピクチャーウインドーから目の前に南昌山を見渡せて、空気もきれいで、いいひとときだった。

 …それにしても、肩がバリバリ…。痛い……。
by amemiyataki | 2009-10-21 12:24 | 日常

オープンしました!

 アドレスはこちら。←クリック

 http://petitpont.cart.fc2.com/

 プチポンショッピング、どうぞよろしく。
by amemiyataki | 2009-10-18 00:09 | 日常

プチポンショッピングのお知らせ

 当初、「プチポン(ネット)手づくりフリマ」としてご案内しましたが、出品のどれもが「新品」で、フリマというよりは、お休みしていた「プチポンショッピング」再開がいいような気がいたしました。

 オープンは10月18日(日)。0時をめどに、こちらと「本日のにゃんこ2」のほうでアドレスを公開します。どうぞお楽しみに!

※収益の一部はプチポン保護猫のフード、ケア費などに充てられます

*****

 数に限りがあるので(ほとんどが一点もの)、先にラインナップをご紹介します。

【作家:あんだんて さん】

a0099350_19453061.jpg

サンキャッチャー



a0099350_19454136.jpg

ペンダント



a0099350_19455095.jpg

ストラップ




【作家:ミズタマネコ さん】

「ミズタ・マネコ」さんではありません。「ミズタマ・ネコ」さんです。

a0099350_19475889.jpg

子猫ぬいぐるみ



a0099350_19481630.jpg

キャットニップ入りねずみのおもちゃ




【作家:ちろりろ工房 さん】

かわいい&大人シンプルの手づくりバッグが4点。一点ものなので早い者勝ちです!

a0099350_19495524.jpg


a0099350_1950926.jpg


a0099350_19502212.jpg


a0099350_19503686.jpg


ほかに、天然石とビーズで作ったストラップが10点ほど。

a0099350_1952337.jpg

これはルチルクォーツを使ったもの




【作家:坂川孝子さん】

プロの写真家が撮った写真はがきはいかがですか?

a0099350_1953226.jpg


a0099350_19533586.jpg


****

 ほかにも、作家さんが今後も登場します。かつてない品揃えのプチポンショッピング、どうぞよろしく!
by amemiyataki | 2009-10-16 19:56 | 日常

秋日和

a0099350_1659119.jpg

庭の小菊が色づく



 12日の体育の日、アイさんとサヴァさんがフリマ参加。フリマ終了後、サヴァさんの到着を待っていたかのように、闘病中だった愛猫のびーちゃんが永眠。確か5、6年前も、やはりフリマを終えたサヴァさんは、愛猫のみいちゃんを失った。偶然の符号だとしても、悲しいことに変わりない。どちらも賢く、いい猫さんだった。

 サヴァさんが受けた猫相談は、なんとか落ち着き先を見つけたようだ。乳飲み子のときから育てて10年、突然の家族の都合で手放さなくてはならなくなったという。一時は保健所へ…と考えたが、サヴァさんが保健所での処分は安楽死ではなく窒息死であることを伝えてから、飼い主は真剣に自分の代わりに面倒を見てくれる人を探した。
 それにしても、10歳といったら、たきと同い年。もしわが家でどうしてもたきを飼えなくなったとしたら? 果たして手放すことができるだろうか? たきがほかの環境に耐えられるだろうか? 万が一、たきがプチポン入りしたとしたら? すべてが「まったく考えられない」。10年暮らした環境から変わることを、空蝉さんは「猫にもよると思うけど、生き地獄じゃないかな」と言った。なれる、なじむとしても、シニア猫には体や心に相当なストレスだろう。

 どうか、手放された猫さんが健やかでありますように。

*****

 ラジオで、不妊手術の助成のことを伝えていた。こちら。(社)日本動物福祉協会が開催する「捨て犬・捨て猫防止キャンペーン」の今年の対象県が鹿児島県と岩手県で、不妊手術にメス1万円、オス5000円の助成をするそう(抽選)。不妊手術は飼い主の義務。
by amemiyataki | 2009-10-14 18:04 | 日常

台風一過

a0099350_15592783.jpg

女子カメラストラップ購入



 付属のストラップは味気なく、かつ短く、探していたらチロリアン風のものが見つかったので購入。いい感じ。

 「プチポン手づくりフリマ(プチポンショッピング)」のサイトを制作中。で、こちらの更新が遅れる。お楽しみに。

 飼育放棄の猫相談が、サヴァさんのもとに届く。通報者はサヴァさんに丸投げ。腹の立つ。自分はさぞかしいいことをしたと思っているのかもしれないが、こういうのは最悪。プチポンならなんとかしてくれるだろう…というのは勘違いもいいとこ。しかも、サヴァさんが大変な時期に…それなのに、当事者に何度か電話をかけ、根気よく説得。私にはできない。どうなるか。

 昨日の台風。母が、ベランダの自転車が風に倒されないかと外に出たとき、息が止まるかと思うほどの強風にあおられ、びっくりしたそう。そして、風で倒れる前に自ら自転車を倒し…今朝、私が元に戻した。
 昨日は一日、クライアント先の窓が、ピープーピープー…エンドレスに鳴ってまいった。誰かが「まるでヘタな尺八を聴かされているよう…」には、笑った。古いビルなんだな。

*****

 大阪発。プチポンのbooさんが募集しています。子猫2匹はそれぞれもらわれました。残る一匹、7月20日海の日生まれの「うみ」ちゃん。どうぞよろしく! 母猫のゆらもよろしく!
 募集記事はこちら

a0099350_1601357.jpg

うみちゃん よく見るとサビ三毛



a0099350_1602691.jpg

肉球の色が左右違います。これもサビの魅力



a0099350_1603754.jpg

とっても人馴れしています


by amemiyataki | 2009-10-09 17:06 | 日常

犬と猫と人間と

a0099350_1333180.jpg

ぜんちゃん♂ ご機嫌



a0099350_134378.jpg

洟垂れだけど



 秋は「肺の季節」だそうだが、ぜんちゃんは今のところ調子がいい。週に1~2度のテルミー灸も、今では道具を出し始めるとそれが「気持ちがいい」「体がラクになる」ことを知っているかのように反応する。ソファに乗って、「さあ、どうぞ」とポーズを取ったり。「早く~」と、ごんごんと頭を押し付けてきたり。かわいい。

*****

 最近では、すっかりケータイからネット三昧。一昨日もそうやってmixiニュースを読んでいたら、「2兆円ペット産業の“開かずの間”に迫るドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』」というのが目に飛び込んできてドキリとした(mixiでなくても、このタイトルで検索すると記事を読むことができます。ほかに同様の記事はこちら)。

 長年、野良猫のケアをしてきた一人の女性が、「これぞ」と見初めた映画監督に、資金は出すから動物たちの命の大切さがわかる映画をつくってほしいと依頼する。お金は満期となる生命保険を充てるという。
 見初められた監督は、実に4年の歳月をかけてドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』を作り上げた。

 オフィシャルサイトはこちら

 東北の上映予定は今のところ未定のようだけど…一人でも多くの人にぜひ見てほしいと思うものの、果たして自分は見ることができるだろうか。以前、「動物たちのレクイエム」展を盛岡で開催したときは、こうした現実のことが本当にはよくわかっていなかったからできたように思う。行き場のない動物たちと関わってきていると、こうした啓蒙は必要なことと思いつつ、積極的には関われなくなってきている。向き合うのが怖くもあり、とてもつらい。

 覚え書きとして。
by amemiyataki | 2009-10-03 01:56 | 日常