<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスイブ…律動の月 12日 Kin155 青い水晶の鷲

 前のエントリを書いてから、「何歳ですか??」と、けっこうな数聞かれました。アラフィーです。

*****

 12月20日は、モリの命日だった。去年の通院の頃を思い出す。おそらく、スティービー・ワンダーをいちばんたくさん聞いた黒猫は、モリだ。ずーっと車のCDに入れっぱのスティービー。朝一の診察目指して車を飛ばして。モリは、ずっと黄色いベッドで移動だった。

 お世話になっている動物病院の先生はホメオパシーを実践するホメオパス獣医。ホメオパシーは「病名」をつけない。そんな印象がある。モリが神経麻痺の症状を見せ、歩けなくなったときも、FIP…?という病名が頭をよぎったけれど。先生は「モリちゃんには、まだしてあげられることがありますから」と、きっぱりと言った。ダメかも…と思っていたときにその言葉はどんなに力強くこちらの胸に届いたことか。

 まだしてあげられることがある。

 お灸。水分補給。強制給餌。なにより、声をかけること。別れはそう遠くない日に訪れるかもしれないけれど、それまで、お世話させてね。私たちみんな、モリのことが大好きですよ。大切に思ってますよ。

 そうしたケアのひとつひとつが、確かにモリの魂の「恵み」になると信じて。

 ありがとうね、モリ。ゆっくり休んだ後は、いつかまた生まれ変わって、今度は大きくなれますように。もっとたくさん、幸せを味わえますように。

*****

 その後、車のCDはパタリと音を出さなくなり。唯一、音楽を聴く空間なのに。ラジオを聴くばかり。

 年の瀬、もしかしたらトリノも年を越せないかも…という思いがあったけど。どうかな。


*****

 誕生日があった先週、すてきなことがあった。

 新しく注文した名刺入れと名刺が、狙ったわけではないのに、同じ日に届いた。名刺入れを作った人にそれを言うと、「引き寄せ上手なんですね~」と。引き寄せ上手。

 そして誕生日のその日、思いがけないプレゼントが届いた。すごすぎる。これは…使いこなせるようになるまでずいぶん時間がかかるだろう。本当なら、来年の2月以降に届くことになりそうだったのが、友人の尽力でこうして手にすることができた。そのことに感謝。自分のもとにたどり着いてくれた意味を考えるのは、これから。

*****

 「引き寄せの法則」というのがあることを、初めて知った。

*****

 今年はバイトのリストラから、ずいぶんと流れが変わった。プチポンショッピングをオープンさせることができたことに感謝。

 猫を通してたくさんの方と知り合い、こうしてお世話になっています。

 ありがとうございます。
by amemiyataki | 2009-12-24 18:48 | 日常

過去ログより 「翻訳雑記」 目次

 以前、書いたものを、このブログに再掲載しました。主に自分のためにですが、誰かに読んでもらうことを意識した文章でもあり、このまま「お蔵入り」というのもちょっと寂しいかなあとか、これってささやかなプライドなのかなあ、自意識過剰? とかも思ったりしましたが。

 ご興味ある方、読んでもいいよという方、よろしかったら下の目次一覧をクリックしてご覧ください。


※この雑記は1999年4月から2000年11月、15回にわたってフリーペーパーに連載したものです。
読み返すと、当時の自分と今の自分のギャップを感じたり、いやたいして変わりないか成長してないんじゃないの~、てか、今の私は翻訳なんてできないわよ!とか、いろんな思いが駆け巡ります…。
結局、翻訳は椎間板ヘルニアになるほどのストレスとなり、締め切りを守ることができなくなり、足を洗ったのでした…。


第1章 はじめまして

第2章 不実な美女、理想の美女

第3章 「食」は楽しい

第4章 はじめての外国語

第5章 移り変わりは人の世の常……

第6章 タイトルは難しい~ネーミング考~

第7章 フェアであること

第8章 人生でいちばん長い夜

第9章 力を身につける

第10章 遠きものへのあこがれ~love for distance

第11章 訳者冥利につきるよう……

第12章 嘘は何色……?

第13章 心の栄養剤

第14章 How Old Are You?~おいくつですか?~

エピローグ いつも心に太陽を
by amemiyataki | 2009-12-14 00:44 | 翻訳雑記

こちらでも、宣伝

 本日のにゃんこ2で宣伝したら、売れ行きがすごかったので、こちらでも宣伝。プチポンショッピングでは、新作入荷。クリスマス限定商品も。プレゼントに迷っているあなた! プチポンでお買い物はいかがですか? カレンダーも残り5部となりました。ありがとうございます。


a0099350_17124636.jpg

108starさん作製のクリスマスストラップ
アメジストは、手元に置いておくと重宝する、おすすめのパワーストーンです



a0099350_1625373.jpg

プチポンオリジナルのストラップ
サヴァさんのお友達制作



 そのほか、サヴァさん特製のブレスレットも。空蝉さん作のがま口はあっという間に完売。鋭意、製作中です(のはず)。私? 私の手作り品はなしです。宣伝するだけ。

 プチポンショッピングの画像登録のサイズが小さく、いまひとつ商品の素晴らしさを宣伝できていませんが、画像をクリックして大きくして見てみてくださいませ。

*****

 12月は誕生月でもあり、なんとなく気分は浮かれ気味。もっと何かをしたいなあとか、来年を想定して、あれこれ考えるのは楽しい。

 それはさておき。すっかりお気に入りとなったりんご園の中のカフェ「mi cafe」(盛岡市黒川)にまた行ってきた。

a0099350_1624492.jpg

限定ランチ りんごのすりおろしたものを味噌に混ぜたおにぎりが目当て
ひっつみ、かぶのそぼろあんかけ、漬物、菊の花の酢の物、どれもが丁寧でおいしい



a0099350_16241415.jpg

デザートに陽光のコンポート
皮付きでことこと煮て、その後皮をむくと、こんなふうに
果肉に皮の赤みがうつるのだそう



 一昨日、こちらの農園でとれたりんごが家に届き、あまりの見事さにびっくり。家庭用でも、大きさに文句なし。立派すぎ。味もすばらしい。とりわけ、初めて口にした「はるか」に感動。

 これまではりんごを求めて江刺まで行ってたけれど、ここで決まりだねえと、母と確認。もうお歳暮には迷わないぞ~。


a0099350_16242395.jpg

岩手山に根雪


by amemiyataki | 2009-12-10 17:14 | 日常

来年の準備

a0099350_1510434.jpg

すなめり遊印さんからカレンダーが届く



 うきさん、教えてくれてありがとうございます。おかげで大好きなすなめりカレンダーを逃さず入手できました。
 はんこ(遊印)を作っているすなめりさんが作った来年のカレンダー。最初の頃は100部限定だったのが、気づくと200部。申込みが滑り込みセーフの年あり、逃した年あり…。一枚一枚、手刷りで心を込めて作ってくださっています。そして、手書きの丁寧なハガキも嬉しい。来年が笑顔いっぱいの年となるように。
 
 残り20部ちょっと。プチポンカレンダーもどうぞよろしく。こちらも残り20部を切りました。

*****

 久しぶりに石屋さんに行った。今年一年の、自分へのご褒美に作ってもらいたいものがあったので。

a0099350_15111966.jpg

クリオブルーの時計をリフォームしてもらう



 二十代後半の頃、雑誌で取り上げていたブランドが気に入り、自由が丘のショップで購入したもの。時計の針のひとつが、魚2匹。キスしているデザインがかわいらしく。このときも、自分へのプレゼントのつもりで思いきって買った。

 いつしかケータイが時計代わりになり、活躍の場が少なくなり、なによりもともとついていたシルバーのベルトが汚れてきて。巾着に入れたりして懐中時計のように持ち歩いていたけれど。

 前に作ってもらったローズクォーツとラブラドライトのトップは、バイト先のロッカーキーを入れる巾着につけていたが、それももう用なしだ。というわけで、これこれこんなふうに、バッグにつけたいんですけど…と、相談。ムーンストーンで輪っかをつけて…くらいにしか思っていなかったのだけど、実際の石をあれこれ見て、ふと目に留まったのがトルマリンたち。ピンク、グリーン、(写真には見えてないけど)ブラックをムーンストーンの間に入れてもらって出来上がり。透明感があり、とてもいい。大満足。オーダーメイド料含め2000円ちょっと。


 珍しく空いていたので、この日は即作ってもらって持ち帰ることができた。ふと石屋さんが、「今年は『火』の年だったから、火事が本当に多かったですよね」と言った。確かに。岩手では座敷童子がいるという緑風荘が全焼してしまった。

 来年は「土」の年。干支の「寅」もそうだけど、「地に足をつける」がキーワード。実りの年、結果が出る年でもあるという。
 だから、実現させたいことは今年中に準備を。年が明けてからは手遅れ。結果が出せませんよ~と石屋さん。
 そうか。やらなければいけないことに思い至り、出だしだけでも年内に作ろうと決めた。

 「いいことを聞いたでしょう?」と、にっこりと笑う石屋さん。はい。ありがとうございます。

*****

 トリノ。トリノのことではたくさんの方に心配いただき、いろいろアドバイスをいただいております。本当にありがとうございます。

 火曜通院時に便をしぼり出してもらった後、ちょっと元気になり、みんなをびっくりさせてくれました。自力で階段を上ったり、缶詰の残りを口にしてみたり。

 昨夜は、キャリア組のトイレ複数に大下痢。たぶん、トリノ。そのトリノは、いつもいるソファから窓辺のさんに、カーテンの向こうに隠れていた。ということは、窓辺にジャンプしたということで。

 おそらく、毒素の排出ができて少しすっきりしたのではないか。便秘と黄疸、下痢の関係。便秘が解消されると、黄疸も緩和しますよと教えてくださった方がいたが、そうなのかもしれない。


 トリノにはいろいろ試しているので、どれが効いたとか確信することはできないけれど。

 ひとまずはトリノのためにほっとするけれど。正直、トリノのために何ができるだろうと考える。病気の猫を持つ人のほとんどが思い悩むことかもしれないけれど。自分たちがしていることが、果たして当の猫のためになっているのかどうか。よかれと思っていることが、実は自分のエゴに過ぎないのでは…などなど。

 悩んだところで始まらない。今はまだ、トリノが受け入れてくれているような気がするから、できることをするだけだ。

*****

 波動水のこと。少し検索した結果、自分の覚え書き。

 人も動物も、生命あるものにはすべて「波動」がある。その波動が滞ったりすると、病気になる。波動水とは、「正しい波動を転写」したもの。本来の波動に戻るよう働きかけること(免疫力を上げる)。波動水=活性機能水であること。

 ※ホメオパシーのバイタルフォースに似ているなあと思った。

 体内の60~70%近くが水分である人、動物(犬猫)には水がとても大事。水の質が肝心。水の粒子(クラスター)が均一なものほどいい。水道水などから不純物を取り除き、ピュアウォーターにしたもの、できればより酸素を多く含んだ水が望ましい。酸素が体内毒素を排出させるのにとても重要なものだから、だそう。

 ※だから腎不全の猫に有効と、H4Oが勧められているのだなあと思った。

 ネットで「波動水」で検索すると、申し訳ないけれどどれもなんだか「あやしい…」というような(すみません)、ちょっとよくわからない説明文にけっこう行き当たる。

 ミネラルをたくさん含んだ波動水がけっこうあるけど、それは要らない。

 あれこれ見て、これはいいかなと思ったのがCat's専科NinnaNanna(ニンナナンナ)バイオス。普通のミネラルウォーターより30%酸素が多く、ミネラルを含まない(らしい)。ニンナナンナ店主のメッセージに「なるほどなあ」と思ったので、注文してみた。美しいハーモニーを奏でられる水。


 確かに水は大切だよなあと実感する。カーブスに母と通って2年。水は毎日2ℓ、普通に飲めるようになった。ほかに飲むのは紅茶と緑茶くらい。たまにコーヒー。ペットボトル飲料水は水だけ。すこぶる快調。体重も体脂肪も、信じられないくらい、難なく減った。後期高齢者の母もスリムダウン(もともと小柄なので、それなりに)。なにより、この年で筋肉がついてきている。

 …なんだか横道にそれてしまったけれど、自分への覚え書きとして。

 トリノに今夜は生鮭を茹でたものはどうだろうか。

 
by amemiyataki | 2009-12-04 16:38 | 日常

師走突入

a0099350_0444244.jpg

物撮りの練習 その2



 昨日はトリノ通院。体重は先週より500g増えて2.85キロ。体温は平熱。おしっことうんちをしぼり出してもらった。うんちは、かちんかちんに硬いの。出してもらって、トリノもほっとしたようだった。黄疸は相変わらず(でも、進んではいない)。ド貧血。口内は痛そうには見えなかった。

 みずから食べ、飲むということをしなくなって何週間だろう。

 表情(目)はしっかりしている、と先生は言うけど。

 今日は腎臓サポートに替え、脾臓サポートが処方された。それからチャイナ(Chin.)。黄疸サポートはいつもどおり。それから、アペ(栄養流動食)を2本、購入。点滴もさらに2パック。シリンジも大(25cc)と小(6cc)をもらう。

 この日、グレさんがまったく食べず。

*****

 日曜は、母とあれこれ買い物をして回った。車に乗るときふと母が「年をとると足も変形するっていうよね?」と言った。「そうなの?」「うん、どうも左足が変形したみたい…」

 どんなふうに?と聞くと、つま先の感じがねえ、と。靴に何か入っているんじゃないのと言うと、何回も見た、と。

 絶対おかしいって、靴の中、ちゃんと見てみたら?

 ぶつぶつ言いながら、車の中で母が靴の中に手を入れ…「あった……」

 画像に写ってるフェルトのボール(いただきもの)が入っていた。ほーら、やっぱり入ってたじゃない~。
 「ちっこのやつだな」、と笑いながら母。

 そう、明らかにわが家の転がし屋、ちーの仕業だ。


 関係ないけど、アザラシの置物は20代のころ、ハワイに行ったときの自分へのお土産。


 そういえば、ハワイのホ・オポノ・ポノのことを、もう少し知ってみたい。

 それから、波動水のことも。トリノや副鼻腔炎のぜん、口内炎のこだまさんに効くのかどうか。水は情報を記憶する。人間や動物の体内は70%が水分。免疫力を発動させるという波動水。なんとなく、ホメオパシーのレメディに通じるものがあるんじゃないかと、先生に聞いてみたが「波動といっても、何の波動なのか…」と、いまひとつの返事だった。

*****

 おかげさまでプチポンショッピングも早や1ヵ月半。息切れせず、継続を目指したいと思っています。どうぞご贔屓に。

 来年のカレンダーは残り20部を切りました。今週中にもまた、新作をアップする予定。



 アイさんの湯たんぽカバーは実に見事。編み方がとても丁寧で凝っている。サヴァさんはビーズストラップ。そして、空蝉さんも…。

 なんかね、みんなすごいんだよねえと母に言い、母も感心しきり。商品が届くたび、開いて母に見せると「欲しいっ! 買うっ!」と、けっこう本気になって眺めている。

 私は何にも作れないし、作る気ないなあ。お母さんは何か作れる?と夕飯時にふと聞いてみた。

 しばらく考え込んで、ぱっと顔を上げた母。「あるっ! ふんどし」

 あーっ、んだーっ! と私も声をあげ、ふたりで大声で笑った。

 ふんどし。病院では看護師さんたちは「T字帯」といっていた。膀胱がんの手術で膀胱を摘出した父は、人工膀胱となった。わき腹につけるそれは、T字帯にしないと具合が悪い。ということで、一念発起した母が手縫いして作ったのだ。市販品も確かにあったけれど、手作りのほうがずっと具合がよかった。

 「そっかー、手作りのふんどしねえ。売れるかなあ」などと言い、またふたりで笑う。ねえ、お母さんさあ、学校出てから手縫いのものってほかにしなかった? 「しない」「ふんどしだけ?」「んだ」と言い、ちくちくと縫う仕草をする母。

 ふとよみがえる、看病の日々。じきに父の誕生日と命日がやってくる。



←はなこちゃんをどうぞよろしく

*********
大阪発! 三毛猫ゆらと子猫のうみちゃん、里親募集中です。
募集記事はこちら
プチポン@booが募集中。どうぞよろしく! 近日、更新予定。

プチポンショッピングでお買い物はいかが?


 
by amemiyataki | 2009-12-02 01:07 | 日常