<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ラクダのツガルさん

a0099350_1795192.jpg

ななぼ



 年齢を重ねてきた猫のまなざしは、奥深い。

*****

 「ラクダのツガルさん」の記事をネットで見て、頭に残った。

 ラクダの平均寿命は25歳。女子のツガルさんは推定34歳。人間の年齢にすると、100歳をとうに超えているという。

 ツガルさんがいるのは、横浜の野毛山動物公園。国内最高齢のフタコブラクダ。

 その元気の秘密?が、補酵素として知られる「コエンザイムQ10」のサプリメントではないかという。関節炎がひどく、床ずれもひどかったツガルさんが、Q10を飲み始めてから変わったそうな。


 なぜツガル?と思ったら、青森生まれだからという。青森の牧場生まれ。けれど、あまりかまわれず、片隅でひっそりと暮らす姿は牧場前の国道から見え、名前のない当時は「国道のラクダ」といわれていた。


餌は十分ではなく、地元の人から給食の残りのパンなどをもらって育った。

 転機が訪れたのは昭和50年代後半のある冬。吹雪の中、たたずむツガルさんの姿がテレビで偶然放映された。それを見た神奈川県に住む男性がかわいそうに思って引き取り、野毛山動物園に引っ越させた。

 こうして来園したのが昭和57年12月。だが、同園ではラクダの飼育予定はなく、困惑したのが実情だった。ここでも微妙な立場から新生活を始めたツガルさんだったが、おとなしい性格から来園者に好かれた。パートナーだったミチオさん(雄)とも仲良く過ごしたが死に別れ、子供を持つことはなく、ゆっくりと歳を重ねてきたという。



 津軽の国道沿いの牧場で、「なぜ?」と思ったかどうかは知らないけれど、そこにいたラクダ。

 その情景を思い浮かべたら、胸が詰まった。

 
 平均寿命に達したころから高齢化が顕著になったというツガルさんだが、同園は公開をやめなかった。命あるものとしてごく自然に一日、また一日と老いていく姿は「生きること」をそのまま伝えている。




 ツガルさんのブログもあるみたい。興味のある方は検索してみてください~。


 私の悩みもどきなんて、つくづく塵に等しいと思った次第。

 ツガルさん、ありがとうね~~。
by amemiyataki | 2010-08-26 17:30 | 日常

岩手の人は…

 猫友さんたちが子猫を保護し、里親さんを募集しています。ぜひぜひよろしく!


a0099350_17234688.jpg

エビゾーくん、里親募集中。募集記事はこちら。千葉県から
保護主のふぁんじにさんのブログはこちら



a0099350_1725479.jpg

カイくん、里親募集中。募集記事はこちら。秋田県から
保護主のあんだんてさんのブログはこちら



a0099350_17253196.jpg

ポーくん、里親募集中。カイくんの兄弟です。同じく秋田県から



a0099350_1726030.jpg

ちゅらくん、里親募集中。募集記事はこちら。静岡県から




 奇しくも、全員男子です。白黒率高いな~。
 猫と暮らしてみたい人、猫と暮らすことの楽しさ幸せを実感してる人、ぜひ問い合わせください!

*****

 ぜんちゃん通院のとき、幕末歴女(土方歳三ラブ)のホメオパス先生と、久々「龍馬伝」から始まって話が盛り上がった。

 先生、忙しいのに、土佐へ行き、以来、俄然歴史に燃えている(龍馬像の写メを送ってきた…)。それから司馬遼太郎の著作を読みまくり、今は昭和史にはまり(空蝉さんと同じだ)、この間は盛岡市先人記念館に行き、米内光政の業績に涙してきたという。

 「知ってました? 米内は下小路生まれなんですよ!」

 って、私と先生が通った中学校があるところでは~。そして、浅田次郎の「終わらない夏」には、「愛宕町出身の人が出るらしいから号泣必至。なので怖くて読めません~」と先生。愛宕町は中学校の住所だ。


米内光政も新渡戸稲造も原敬も後藤新平も 岩手の人はどいなか出身の癖に立ち居振る舞いから生き方までとてもダンディなんですよねぇ

楢山佐渡も 斎藤実も 南部藩の者達は茫洋としたたたずまいの中に確固としたダンディズムが貫いている ばーい 司馬遼太郎「歴史を紀行する」~



 と、熱いメールが来た。返信に「やばい、全部ウィキりそう~」としたら、「調べて調べて~」。


 鈴木善幸さんとか小沢一郎さんとかもいるけど、かつての偉人たちはスケールがでかかったなあ、岩手。「壬生義士伝」の吉村もそうだけど、岩手人でよかったなあ、なんて思うこのごろ。若い頃は岩手が嫌で飛び出したけれど、戻ってきて、こんなにいいとこはないわ~とまったりするこのごろでした。


 でも、先生に伊勢谷祐介の力石姿のリンク送ったら「みません」と拒否されちゃった。香川照之の丹下も「いや」って…。

*****

 
by amemiyataki | 2010-08-19 17:53 | 日常

明日は立秋だというのに…

 暑い。うちの猫たちは日中雲隠れして、ほとんど姿を現さない。今朝も、たきは神棚に上がり(罰当たり…)、奥へ隠れてしまった。あんな上の、空気がよどんだようなところの何が気に入っているんだか。

 ちーの粗相は回数こそ少ないけれど、定期的にある。ある……むむむむ。この暑さが過ぎて、部屋が片づいたら、ちーも満足するのではと思うけど。


 少し前の話になるが、たきに猫ベッドを購入。購入先はそらまめ屋さん。人気ですぐ完売するそうで、ふと思いついてメルマガに登録、めでたく入手することができた。

 届いたのが、これ。

a0099350_17205376.jpg


 前に、ねむねむ ルシャさんのものを購入したけど、それはちーのものになった。

 新しいものはすぐには使わないはずなのに、届いて開封したとたん、たきがすぐに入った。ちーが使うと「もうボク、使わないもんね!」とヘソを曲げるのはわかっているので、このベッドの定位置は台所、ダイニングテーブルの椅子の上に。人馴れいまひとつのちーは絶対来ない場所。


a0099350_1721466.jpg

ぐっすり



 クッションの具合がとてもいいらしく、力の加減でいい感じにたわむのも気に入ったらしく。細部にわたって丁寧な仕上げに感動。

 いい買い物をしました。ありがとうございます。

*****

 最近、ホメオパシー療法に疑問・警告を投げかける新聞記事等を見かけます。亡くなった赤ちゃんと遺族がいるという事実。軽はずみなことは言えません。深刻に受け止めるべきです。

 けれど、ホメオパシーをセルフケアや猫たちに使う者として、それを読むと暗澹たる気持ちになります。

 ホメオパシーとは何か。そうしたことを語るのは荷が重く、それは私の任ではありません。ただ。


 たとえば、お世話になってる動物病院では、ホメオパシーや鍼灸などを実践しながらも、現代医学による治療ももちろん行っています(ステロイドは使いませんが)。抗生剤で治るなら、抗生剤を使えばいい、とも言っています。ホメオパシーを選択するかどうかは、患者(飼い主)に任せていて、飼い主の意志を尊重します。

 偏らず。偏見を持たず。というのはホメオパシーに関しては難しいと実感しますが。端から見て、バランス感覚を失わず、自分の考えをしっかり持って。盲信せず、自分で調べて納得して。そんなふうに考えています。

 でも…里親さんたちにお送りしようと思っていたレメディは、自粛しようかなあなど思っていたり。

 難しいです。

 
by amemiyataki | 2010-08-06 17:49 | 日常

いつか、空へ帰るまで

a0099350_15235920.jpg

8月4日、さんさ踊り最終日の夕方



 7月27日夜、ジェミーさんの愛猫、十らさんが亡くなった。

 保護したのは2005年5月後半。保護した翌日、不妊手術直前に出産。この奇跡的ともいえる幸運により、子猫たちを取り上げた先生が母猫を「トレラ」と名づけてくださった。「tremendous lucky(とてつもなくラッキー)」が由来。

 出産してそのまま病院預かりで子育てをし、8月に晴れて(?)プチポン入り。過去ログをたどり、当時を懐かしく振り返る。

 ジェミーさんに見初められ、三っくん(旧三七男)とともにもらわれていったのは翌06年4月30日。「十ら(とら)」と名前をつけてもらった。旧名のトレラと音が似ていて、ジェミーさんの心遣いを感じ、とても嬉しかった。
 それから生を終えるまで、十らさんは三っくん、うなちゃんというルームメイトとともに、ジェミーさんにかわいがられ、愛された。

 出産の際、呼吸が荒くなり先生が心配した。おそらく高齢出産でしょうとのことだったが、当時何歳だったのか。

 成猫の1年は、人間の4年分にあたるという。

 そうはいっても、たとえ十らさんがシニアだとしても、お別れは思いもかけず早く訪れた。けれど、ジェミーさんと暮らした4年間は、間違いなく十らさんにとって最高に楽しく、幸せだった時間だろう。

 空蝉さんが書いたように、かわいがってくださったジェミーさんをはじめ、里親さんにはただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。


 保護状態、保護者はいわばゲートキーパー(門番)のような気もする。行き場のない状況から、本当の家族にもらわれるまでの境目にいる。その状況では、もちろん猫はかわいいけれど、どこか「預かりもの」という気持ちもある。

 誰かにもらわれるまで。

 「本当のおうち」にたどり着くまで。


 そんなことを考えていたときに、すてきなメールをいただいた。


猫という生き物は、言ってみれば
自然界を営む何者かから、私たちが授かった、
預かったというようなものかもしれません。

いつかお返しをする時まで、
一緒の生活を楽しみたいと思います。
 


 人間よりはるかに小さく、短い生をまっとうする猫。その猫を得がたい縁により自分の暮らしに迎え入れるということは、ある意味、とても幸運なことだと思う。

 命があるものは、いつか生を終える。私も。あなたも。

 その時まで、かかわった猫をさながら天からの預かりものとしていとおしみ、やがて別れが来たときは、悲しいけれど「お返しした」と思えるように。

*****

 そして8月4日夜、友人が面倒を見ていた子猫が生を終えた。この世に生まれて3ヵ月とちょっと。悲しいけれど、お母さんときょうだいと暮らしたこの3ヵ月ちょっとは、とてもすてきだったんじゃないかな。

 おやすみなさい。

 そしてこの次生まれるときは、どうか家猫になりますように。人間は怖くない。そう思えますように。今度はもっと長生きできますように。

 子猫の魂が安らかでありますように。
by amemiyataki | 2010-08-05 16:16 | 日常