<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

心が折れる

a0099350_18527.jpg

仮の名は「はく」。ちょびひげ模様のお母さん猫



 低栄養、高ストレス。きゅうちゃんや福島の猫たちの状態を、先生がこういう。

 はくの白い毛が汚れているように見えるのは、汚れではなく栄養状態の悪さからなのだとか。この写真は保護して3日後。2週間以上経った今、手元の白い毛はまだ色があるけど、胸元はとてもきれいになった。疲れきった体にシャンプーは勘弁でしょうといわれ、はくはつちゅんは蒸しタオルで拭いただけになってしまったけれど。

*****

 「心が折れそうだった」と、そんな表現を初めて耳にしたのは、確かイチローの言葉だったと思う。記録への挑戦が課せられているイチローのプレッシャーは相当なものなのだろう。心って、壊れるものではなく折れるものなんだと、不思議な感じがしたけれど。

 心が折れる。まさにそんな気がすることを体験した。自分にはイチローのようなプレッシャーは何もないのだけれど。心がポキンと折れそうになるとは、こういう感覚なのか。

 その体験は「本日のにゃんこ2」に記した。


 けれど人間というのはよくできたもので、立ち直ることができるのだ。必ず。
 
 心は決して折れはしない。ねじ曲がりそうなほどの悲嘆も、やがては薄れていく。そして心は元に戻っていく。そういうふうにできているから、人間をやれるのだと思う。


 震災前の日常にちょっぴり戻りたい。あんなに忙しくなくていいから、仕事をしたい。働きたい。こうした状況がいつまで続くのか。

 働く。猫のことをする。遊ぶ。息抜きをする。家族を大切にする。
 今の自分は猫のことだけしている。それだって、充分とはほど遠い中途半端(しかし、中途半端ではなく…というのはどういう状況なのか。考えたくない)。

 収入を得る手立てがないというのは、けっこうきつい。そのことを解消すべく動く前に、猫のことに気持ちがいくというのは…ある意味、逃避なのか。

 生きるというのは、なかなかどうして大変なことよ。

 
by amemiyataki | 2011-06-14 01:31 | 日常

少し、脱出…?

a0099350_1174791.jpg

煩悩って何かにゃ…(ヴァンサン)



 現在、保護猫数24とかつてないMAX数にみんな呆然。大変な労力と時間…いやいや、それにまさる愛情をたっぷり注いでいるわけで。しかし疲労も蓄積しているわけで。

 通院回数も半端ではないし。医療費も半端ないし。自分たちで決めたこととはいえ。
 ありがたいことにカンパご支援もいただいていて。ご支援金がなければとうてい立ち行かないわけで。
 しかし…正直、気が遠くなる…。

 あまりに心ここにあらずといった状態が見え見えなのか、「どうしたの?」と母が聞く。話しかけられても上の空の相槌だし。気づくと眉間に皺を寄せ、ああでもないこうでもない。こうしたらどうか。いや、何かし忘れていなかったか…などなどずーっとずーっと考えている。

 猫たちのこと。

 こだまさんも、厳しい状況が続いている。まったく食べない。そんな状態が一週間以上続いている…。それでも目ヂカラはあり、シャーッをするのだけれど。

 どなたかが、「本日のにゃんこ2」の拍手コメントに「ギー」のことを書いていて。おおそういえば! とはたと思い出し、さっそくカルピスバターで作ってみた。高栄養、高品質の栄養補給に。

 皿に少量盛り、ふと目をそらした隙に…ともクンがペロリと食べていた。おお、そんなにおいしい??


 どうしようどうすれば…という状況が続いているのだけれど。またひとつ、行動できることを見つけそれがきっかけで袋小路の思考にもガス抜きすることができた。やれやれ。

 たくさんメールと電話をしてしまった。皆さんすみません。そしてありがとうございます。

 …あまり状況に変化はないけれど、昨日より今日、明日は今日よりもきっといい日になっていると信じて。

*****

 ガンガン通院しているので、請求書を作るのも間に合わないみたいで。

 6月3日、そういえば今日がジャンボ宝くじの最終日かとふと思い出し、「買わないと」とつぶやいたら。
 病院スタッフのおばさまが、

 「雨宮さん(私のこと)は当たらないわよ」と。

 え~なぜにですか~。

 「雨宮さんは、まだそんなに困ってないもの」

 「困ってますよ~」

 「いいえ、困ってません」

 そんなきっぱり言われても。そう言われると、そそそうなのかな。そそそうなのかも。なんて思ってしまうじゃないの~。

 いまだ無職なのに。

 まだ、何かが足りないのか。努力とか…? 気合とか…? 試練はまだまだ…?

 猫保護だけでなく、自分のことも。そして、家のことも。きちんとしないと。

 母が調子を落とすのも、たきが調子を落とすのも。私の気持ちが家からちょっと離れてしまっているから。

 気をつけないと。


 母に、宝くじはよっぽど困ってる人にしか当たらないんだってと言うと、「違う」と言った。お金に困っていなさそうな人が当たっているのを知っているという。

 そういやそうだよね、うん…。

 たぶん、宝くじとは別のところに私の日常はあるのかもしれない。

 でも…当たりたいな。

 そんなこんなで(?)、結局はジャンボを買いそびれてしまった…。

 煩悩とは、このことよ…。ああ、小さい。


 
by amemiyataki | 2011-06-10 01:39 | 日常