<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3つの「生」

a0099350_1543783.jpg

呼んで振り向くのは、耳だけ。




生には生命・生活・人生の三つがある


 リハビリテーション医学の権威、上田敏氏の言葉。

生命さえ救えばいいのではない。生活、そして人生を大事にする全人間的復権こそ、リハビリテーション医学だ


 朝日新聞のいつかの記事。切り抜きがそのまま机の上にあったので、忘れないうちにウェブにアップ。震災から4ヵ月以上が過ぎて、命が助かり生活や人生まで救われ回復した人は、被災者のうちどれだけいるのだろう。命の危機にさらされなくとも、今になって生活や人生まで奪われつつある人も出てきているだろう。

 もしこれが自分だったら。そう考えたら居ても立ってもいられない。そうした緊急に駆られて動く政治家はどれだけいるというのか。テレビを通して見る彼の人たちは、偉そうで他人事のように語る。

*****

 すべてのことに意味があり、自分に起きることは起こるべくして起きる「必然」なのだとしたら。

 自分にとって、今年前半の出来事は、必然だったと受け入れることができるようになった。今になって。けれど、震災で命を落とした人たちにとって、それらは必然なのだろうか。そのことがずっと引っかかっていて、いまだに答えを見出せないでいる。たぶん、答えなんてものはないのだろうけど。

 人はいつか、必ず死ぬ。誰もが。そういう意味で死ぬことは必然だとして、なぜ震災で一度に大勢の人たちが? 生を終えてしまったら、必然を受け入れることもできないではないか。

 頭のどこかに、ずっとある。生活を共にした人、たがいの人生の中ですれ違った人。そうした人たちがあの震災で亡くなってしまった。それをどうやって受け入れたらいいのか。どう、自分の人生を続けていけばいいのか。
悲しみが寂しさに変わり、寂しさが懐かしさに変わる
人はそうやって悲しい別れを乗り越えていく

阪神大震災の時に教えられた言葉です。
身近な人との別れをいくつか経験し
そのたびに心に浮かぶ言葉です


 05年7月に茶トラのたみおが生を終えたとき、ユキチ母さんからいただいた言葉。

 時という薬が効くのは少し時間がかかりそうだから、何か自分で薬を見つけることも生きていく以上、必要なのかもしれない。

*****

 父の遺品を初めて片付けた。17年経って。もうそんなに経ったのか。17年前、東京から帰省して荷物を父の書斎に置いた。以来、父が遺したものたちを覆い尽くすように増殖していった自分の無駄なものたち…。かき分けて、なんてきちんとした人だったのかと改めて思う。比べて、自分のだらしなさときたら…。
 
 いろいろなことを思い出し、お父さん片付けるねと心の中で言いながら。懐かしい父の面影があちらこちらにあった。書道と建築の本をたくさん片付けた。
by amemiyataki | 2011-07-26 02:37 | 日常

贋者とかまがい物とかイミテーションとかではなくて

a0099350_0313143.jpg

福島の被災猫、とも♂ 一時預かり募集中
問い合わせはこちらから



 たまたまというか、成り行きというか。ひとり部屋にしてしまったことで、「とも」くんは他の猫に対して容赦がない。他の猫が大嫌い。オレのテリトリーに入ってくるな!的に怒る怒る。
 それとは真逆に(というか)、人間には「かまってちゃん」の「甘えたちゃん」。キミは分離不安症か?というくらい、後をついて回る。ごはんの準備がこれではできない、と一時的に風呂場に隔離したりして。

 かといって、今日はともとふたりきりでいたら、とても落ち着いたもので。

 寂しいのだ。本当の「かあちゃん」からわけもわからず離されて、そりゃあ頭にもくるだろうし、たくさん知らない猫がいて、いらいらも募るだろう。

 プチポンの環境が彼には耐え難いだけで、きっと初めて猫と暮らすという人にもぴったりではないかと思う。

 エイズ・白血病ともに陰性。保護時去勢手術済み。駆虫済み。近日中にワクチン接種予定。

 一時預かりさま、大募集中です。どうぞよろしくお願いいたします。

 ともの募集記事はこちら本日のにゃんこ2もぜひご覧ください。

*****

a0099350_0323411.jpg

ケースを替えた



 ずっと黄色のケースだったのだけれど、なんとなくピンク系がいいなと思い、替えた。最初のイメージはベイビーピンクだったのだけど、店頭で目にしてこれに決めた。

 しかしなんというか…今の今まで、イギリスの「キャスキッドソン」とこの「キットソン」が同一ブランドだとばかり思っていたという…。全然、テイストが違うよね。


*****

 これではダメだと一念発起して売り込み(?)に行ったのが7月7日。幸運にも、あっけないくらい話はまとまり、逆にそれが「本当に仕事をくれるのかなあ、いつ?」と半信半疑だったのが、14・15日に急遽仕事が入った。本当にありがたい。慌てて三脚を買い、カメラ屋さんに教えを請うて…頑張らなくては。少しでもいい仕事をしたい。

 震災から4ヵ月。ようやくその気になったからなのか。東京時代、お世話になった事務所のM社長からも仕事が舞い込んだ。2件。最初のものは恩情から。次のがかなり大変かも。
 そして今日、以前仕事をさせてもらったところからも思いがけない電話。なんと(これは来週、会ってから)。

 まがりなりにもこのフィールドにずっといたわけだから、踏みとどまれる可能性があるなら頑張らなくては。もしどうしてもダメなら、そのときは別のフィールドに移ればいい。

 それにしても思うことは。

 つくづく自分は「本物」じゃないなあということ。つまり「ダメだなあ」と自分にがっかり、失望することがなんと多いことか。

 猫保護に取り組むにしても中途半端。何をするにもこうありたいというところにはほど遠く。落ち着きがない。

 誰かと競うとか、誰かを目標とするとかではなく。こうありたい自分に少しでも近づけるように。

 …て、本当に…そんなことを思うあたりは十代のころとちっとも変わっていないのか…がくり。



アウトプットが出来ない状況にあるときは、ともかく借金してでも
自分に投資することです。インプットを続けることです。

絶対に晴れないどしゃ降りはありません。

私は仕事で大変な事故にあったり、欺されたり、問題が大きかったりしたときに、
その後で、かならずその倍返しでプラスになって戻ってきました。
これは20年以上の経験を振り返って確信できた唯一のことです。

その経験知があるから、どんなに嫌なことも耐えられるんだと思います。
いやなことは全部自分の栄養にしてやるんだって思ってください。
かならず幸せがやってきますよ。


 Mさん、ありがとうございます。


 晴れないどしゃ降りはないのだ。自分を信じることができるよう努力を惜しまないこと。
by amemiyataki | 2011-07-21 01:10 | 日常

言葉の記憶

 初めての猫、たきを迎えて世界が一変した。毎日が新鮮で、楽しくて仕方なかった。世界中の人に自慢したくて。そんな気持ちでホームページを作った。ほどなく、「さるさる日記」という、ブログの前身というべき日記投稿サイトを始めた。

 それが、2000年5月のこと。

 長年続いた「さるさる日記」のサービス終了のお知らせが届いたのが6月。ログのインポートエクスポートというのを初めてやってみて、移行した。

 2000年5月から、2005年までの5年間の記録というか、自分のための記憶箱。画像はなくなってしまったけれど。なんとまあ初々しいこと。と思う半面、なんだほとんど変わってないな自分と思ったり。

 更新はしないのでずっと広告がトップに固定されているけれど。よかったら、何かの時間つぶしにでもちらっとでもよかったらのぞいてみていただけたら嬉しいです。こちら

 この「さるさる日記」を通して出会い、今もご縁が続いている方々のことが浮かぶと、なんとも感慨深い。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 あとは、さくらのレンタルサーバに載せていたブログをウェブ上に移行すればつながるわけで。いつになるかなあ。

More
by amemiyataki | 2011-07-20 01:32 | 日常