<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この広い空の下で

a0099350_056529.jpg



 平年より遅いとはいえ盛岡も初雪が降り、朝は霜が降り、最低気温が氷点下は当たり前になってきて、夜明けの時間が遅くなった。

 といっても。

 盛岡にいるときは夜明けなんて見ない。

 こんなふうに夜が明けていくさまを見るのは、福島にいるときくらい。

 明かりがない真夜中の星空の美しいことといったら。岩手で見るより北極星は低く輝き、オリオンもカシオペアも見慣れた位置とは違う。天の川がはっきりと見え、あたりの闇の気配はちょっとばかり怖かった…。ありこさんは生きている人間のほうが怖いと言うけれど。



 太陽も星も。変わらず東から昇り、西へ沈み。自然の大きな営みは変わらないのに。


 どうして? という思いが毎回わき上がる。どうしてこんなことになってしまったのか。

 どう考えたって、すべては人間のせい。人間のせいで、想像するのも恐ろしい経験を強いられている動物たち…。宇宙のほんの片隅で生かされていることを忘れて、目先のちっぽけなことにとらわれて。

 毎回、それぞれいろんなことが起きる。無力なのはわかっているから、そう絶望するのも傲慢だ。限られているできることを尽くすのみだ。


 この広い空の下、生きているのは人間だけではないことを決して忘れてはいけない。むしろ、私たちはたくさんの命あるものに生かされていることに気づき、感謝しなくては。

 毎回、大切なことに気づかされる。

*****

a0099350_1334765.jpg


 人が立ち入ることができなくなった場所から8ヵ月ぶりに連れ出された子。

a0099350_134852.jpg


 以前は、こんなふうにおうちの中でまったりゴロゴロしていた子。頑張ったね。

 保護された様子などはこちら


 人間のあきらめない気持ちが届き、かないますように。
by amemiyataki | 2011-11-30 01:37 | 日常

にゃんこはうすより「マロン♂」一時預かり募集中!

a0099350_13502235.jpg

エイズ白血病ウイルスはどちらも陰性。
三種混合ワクチン接種済み、不妊手術済み。

カフェオレ色のポイント、淡い青の目がチャームポイントのシャムMIXくん。

保護時のスレンダーボディも、にゃんこはうすスタッフの手厚いケアのもと、すくすくふくふくなりました。

実は…マロンくんは猫が嫌い。過密状態の保護部屋暮らしを早く卒業させたいと願っています。
一時預かりさま募集中です!

お問い合わせはねこさま王国、中山 ariko602@yahoo.co.jp まで。

よろしくお願いします。

a0099350_13504172.jpg


a0099350_13505769.jpg


a0099350_13511843.jpg


a0099350_13513362.jpg


a0099350_13515233.jpg


a0099350_1352594.jpg


a0099350_13522589.jpg

by amemiyataki | 2011-11-20 13:58 | 日常

にゃんこはうすより「そら♀」一時預かり募集

a0099350_12374589.jpg

そらちゃん♀ エイズ白血病のウイルスはどちらも陰性。不妊手術はまだ。

子猫のあどけなさを残す、まだ年若い女子です。
一見、キジトラに見えますが、キジ独特のトラ模様があるのは、
顔と首元のネックレス模様と手足の先に少しだけ。
アビシニアンのような毛並みと、小顔の持ち主。
よく遊びます。
活発。毛色同様明るい性格。

先住猫さんともうまくやっていけそうな感じ。

一時預かりさま募集中です。

問い合わせはねこさま王国
中山 arikok602@yahoo.co.jp まで。


a0099350_12381151.jpg


a0099350_12382991.jpg


a0099350_1238465.jpg


a0099350_1239610.jpg


a0099350_12392450.jpg


a0099350_12394050.jpg


a0099350_12395676.jpg


a0099350_12401168.jpg


a0099350_12402845.jpg

by amemiyataki | 2011-11-20 12:24 | 日常

にゃんこはうすより「ドロンジョ♀」 決まりました!

 福島の被災地でペットレスキューを今も行うねこさま王国。私も微力ながら参加しています。保護した猫たちは南相馬市にあるシェルターにゃんこはうすで大切にケアされています。

 しかし、保護頭数が60頭前後の今、被災地からレスキューできる頭数が限られてきています。

 預かりをしてくださる方、里親になってくださる方を切実に募集しています。預かり宅、里親宅へ猫たちが移れば、その分また、保護できるという厳しい現状です。

 これまで行き場のない猫たちの保護ケアをしてきたプチポンでは、保護する猫たちのほとんどが人なれいまひとつ。ですが、福島の被災地でのレスキュー活動はいわゆる「地域猫活動」とは異なります。保護する猫たちはほとんどが「家猫」。震災前は家族に大切に飼われてきた、野良ではない子たちばかり。空腹にもかかわらず、久々に人の手で撫でられ、ゴロゴロ…と嬉しそうに喉を鳴らします。これまで家庭の味を知らない猫たちを捕まえてきたのとはわけが違い、毎回、複雑な思いに駆られます。大切に飼われていた猫たちがなぜこんなことに……?
 そして毎回、連れ帰ることもできずに、命をつなぐフードを置いてくるだけで、「ごめんね」と詫びながら置いてくるしかない猫たちがいます。連れて帰り、ケアできる枠がもっとあれば…。

 どうかぜひ、にゃんこはうすにいる彼らを預かっていただけないでしょうか。これまで書くことに抵抗があったのですが、一匹チェックアウトできれば、さらに一匹連れ帰ることができます。

 お問い合わせは「ねこさま王国」の中山まで。どうかよろしくお願いします。

*****

 更新が滞りがちの当ブログですが、ここしばらくは「にゃんこはうす」の住人(猫)たちの写真を集中アップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 今回紹介するのは、仮の名は「ドロンジョ」、まだ若い女の子です。エイズ白血病ウイルスはどちらも陰性。不妊手術はまだ。10月末に保護した当初から、「撫でて~~」とリクエストする人懐っこい子。落ち着いた今は、遊び回ってます。預かりさま、募集中です。

 以下、ドロンジョの写真です。保護時に比べ、にゃんこはうすスタッフの手厚いケアのもと、ふっくらしてきました。

※おかげさまでドロンジョ、預かりさま決まりました!

a0099350_1144088.jpg


a0099350_11444579.jpg


a0099350_11451058.jpg


a0099350_11452379.jpg


a0099350_11453676.jpg


a0099350_11454815.jpg


a0099350_1146124.jpg


a0099350_11461477.jpg


a0099350_11462641.jpg


a0099350_11463818.jpg


a0099350_11493729.jpg


a0099350_11494986.jpg




a0099350_11501429.jpg

by amemiyataki | 2011-11-16 12:10 | 日常

霜降月

a0099350_2441923.jpg

仮の名は道端ジェシカ♀ FIV+ 里親募集中
問い合わせは「ねこさま王国」ariko602@yahoo.co.jpまで


 とうとう11月。今年も残り1ヵ月半。嘘みたい。

 先週は面接を2つ。1つは先週のうちに連絡があるはずなので、ないということは…ダメなのだろう。いやはや。

 じたばたしているような毎日だけど、楽しみもあった。日帰り温泉にも行ったし、ツイートでシルヴィ・ギエム来盛を知り、幸運にも(本当に幸運にも。感謝!)いい席が手に入り(前から10列!)、「ボレロ」を観た。まさか、生きているうちにギエムの生ボレロが観られるなんて!

 ……と書きつつ、実は震災後は心から何かを楽しむということがあまりなかった。娯楽性の高いものを見たり体験しても何か違和感があり。一枚、何かフィルターがかかったように「向こう側」と「こちら側」に隔たりを感じるというか。この公演も楽しめるだろうかと一抹の不安があったけれど…ギエムの踊りはやはり違った。

 太古の昔、踊りは祈りそのものだった。それを思い出させるようなボレロだった。ギエムが震災で大きすぎるダメージを負った日本のために、ひとりのダンサーとして、人間としてできることを…と考え、封印していた「ボレロ」を披露してくれた。

 生きることは苦しいことの連続かもしれないけれど、そこにはきっと、一条の明るい希望があるはず。私はあなたたちのために踊ります。祈りを捧げます。亡くなった人のために。そして生かされているあなたたちのために。

 そんな力強いメッセージが、そこにいるすべての人に確かに伝わり、フィナーレでは満場のスタンディングオベイション。すごかったなあ。あのひとときを、そこにいる人たちと共有できて幸福だった。感謝。

(かかりつけ獣医の先生も書いているので、よかったらお読みください。こちら


 「自分は○○しかできないから」と、被災地支援で自分に制限を設ける人が、その道のプロにせよ一般人にせよいるけれど。それは見方を変えたら自己卑下になってしまうのではないか。ギエムの踊りには、そうした「こだわり」のような足かせがまるでなく、ただひとりのダンサーとして今できる最善最大のことを私たちにしてくれた。それが何よりも嬉しく、みんなの心が感動で震えたのだと思う。

 震災から8ヵ月。復興の道筋はあまり見えていないように思う。忘れてはいけないし、何よりも一人ひとりができることはたくさんある。

*****

 写真を撮ることは、数少ない楽しみになっている。この、道端ジェシカの写真も気に入った一枚。

 レスキューに向かう暗がりの山道、車のヘッドライトがこの子の姿をとらえ、たまこさんが手づかみでキャリーイン。道端で保護したから、この名前がついた。

 野生の猿が出没する山道で。ここは、ダブルキャリアのむぎがいたところでもある。どうして民家のない人里離れた山道に、人懐こい猫がいるのか。避難する際、山に猫を捨てていった人もいるなどまことしやかに言う人もいたけれど……。

 人恋しい子が保護部屋にいるというのは、なかなかしんどい状況だ。保護しただけで終わってしまっていやしないか。寂しがらせてしまって。それをいうなら、人なれいまひとつの猫たちだって寂しさからかストレスで問題行動。もっとできることはないのか…いつもその葛藤。

 里親・一時預かりさま募集中。



*****
by amemiyataki | 2011-11-15 03:33 | 日常