<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

にゃんこはうす写真展 in 軽井沢 本日8月1日まで開催中

a0099350_6431620.jpg


すっかりブログでの紹介が遅くなってしまったけれど……
(最終日に掲載とは…)

夏の避暑地! 軽井沢で写真展開催中。
詳しくは主催者の方のブログをぜひご覧ください。



飼い主さんからの手紙や数々の写真を見て、やっぱりまだまだ頑張らないとと改めて思う。

週末に行くだけなのだけれど。

ずるいのかもしれない。

と、自分自身のどこかで思う部分もあるのだけれど、自分の生活をなんとか保ちつつ、福島の警戒区域内に取り残されたペットと呼ばれた動物たちのレスキューを続けること。

続けるためには自分の日常生活をきちんとこなすことだと、しみじみ思う。昨年、震災影響で思いがけず失職してからの一年は経済的にも精神的にもかなり不安定だったので。

そして。

ふと撮りためた写真の中から「2012年3月24日」のフォルダを開けてみて、以下の写真をピックアップ。

a0099350_6435069.jpg


アスファルトの道は陥没。これも液状化現象なのか、突き出たマンホール。

この道のわきに、依頼主の家がある。福島第一原発から6~7キロ。
依頼の猫は14歳。まだ見つからない。
フードの置き場所に解放してくださった納屋には、その猫にあげていただろう良質の処方食が手つかずで置いてあった。


依頼の猫が茶白だったので、このコを保護したときは「やった!」と思ったのだけれど……違った。

a0099350_644697.jpg


仮の名前は「ひなた」。里親募集中。
保護当初は警戒心があまりに強くてどうなることかとひやひやするコも、にゃんこはうすスタッフの手あついケアにより、ゆっくりと心を開いていく。開いたあとは、それまでの孤独と不安、恐怖を埋めるかのように甘えたに豹変する。

震災前はずっと。ずっと人に寄り添って生きてきたであろう動物たちが、いまだ立ち入りを禁止された警戒区域内に取り残されていることを、どれだけの人が知っているのか。

人間は忘れてしまう動物だから。

けれど。ああ、そんなこともあったよねと過去のものにはまだできないはず。まだ。住み慣れた家に帰ることもできなければ、新しい生活を始めるにも気持ちがついていかない人が何万人もいるのだから。まだ、たった1年と5ヵ月しか経っていないのだから。

忘れてしまう人間だから、忘れてしまっていいということは決してないはず。

a0099350_6442535.jpg


生まれて一週間の仔牛の未来は?

(この草地に畜主は通電した柵を張り巡らし、殺処分に抵抗して牛たちを飼育しているのだけれど。いつまで続けることができるのか……)



a0099350_6444775.jpg


富岡町。駅付近の海岸線。遠くに見えるのが第二原発の排気筒(現在休止中)。

a0099350_645156.jpg


富岡町。駅前通りを車で通っていると、近づいてきたダチョウ。隣町の大熊町にあるダチョウ牧場から逃げてきたうちの一匹。灰色毛だからおそらくメス。もとは東京電力がマスコットキャラクターとして輸入してきたダチョウ。大きな体で少ないエサで生きる生態が、原発のイメージに合っているということからマスコットにしたのだというけれど。飼いきれず、民間に払い下げ。震災により牧場主も飼育放棄。殺処分に同意。その後は研究物として生かしておくべきなどいろいろ取沙汰されていたけれど……。

a0099350_6451460.jpg


a0099350_6453494.jpg


富岡町。依頼主の庭に咲く寒椿。町の銘木に指定された見事な山茶花の木もあった。

a0099350_645455.jpg


右・ひなた♂  左・さびか♀ どちらも里親募集中。


この猛暑で、人がいなくなった圏内に取り残されたペットたちはどう暑さをしのいでいるのかと思う。先週末のレスキュー班から、首輪が付いた猫の目撃を聞く。


このおかしな現代社会に生きていて、文明の便利さを甘受する私たちが便利さの陰でどれほど地球を破壊しているのか、いずれそのツケが途方もなく大きなかたちでかえってくるであろうことを知らないでいることがどれほど致命的なことか。そしてできれば一人ひとりが少しでも行動に移すことが、いずれ未来を大きく動かすことを信じて。



すっかり更新が滞りながらも、「読むのがつらいので遠ざかっていた」というご感想を複数いただいた。自分自身、久々の更新にはたきの寝姿でもアップしよう~と思ってパソコンに向かったのだけれど。

撮りためたたくさんの写真や写真展のことを考えるうち、まあこうした内容の更新となってしまいました。


【力を貸してください】

・保護したダイヤ一家(ダブルキャリア)の子猫たちのインターキャット治療のため、預かり先を探しています。

詳しくはこちら


・この猛暑で、保護猫のつかさが熱中症で入院しました。人手も足りず環境万全とは言えないプチポンの保護部屋から一匹でも里子に出たら。里親募集中です。

保護猫たちの様子は本日のにゃんこ2をご覧ください。

・プチポンで今必要なものは?と聞かれ、暑さ対策のクーラーマットをお願いしました。ほか、常に必要なものはトイレ砂(鉱物系。ライオンのニオイをとる砂の無臭をよく使っています)と良質のフードです。ドライフードはロイヤルカナン、ピュリナワンなど。ウェット系は黒缶プレミアム、黒缶、金缶、純缶、CIAO缶など。

詳しくは penny-j@est.hi-ho.ne.jp または感想フォームからご連絡・お問い合わせください。


いつもありがとうございます。

感謝をこめて。
by amemiyataki | 2012-08-01 07:31 | 日常