またまた、雪。

 今週の頭、盛岡は朝の最低気温がマイナス8度だった。そして昨日はみぞれまじりの雪が降り。寒い。けれど金曜の朝の陽射しは確実に春を思わせる。おかしな天候。

 月曜、皮膚科とチップデールの通院。古株のぴあとこぶを除いて、ほぼ全員がひとまわり、今年の風邪を経験したことになる。今年の風邪は目。左目からきて右目へ。姉妹でも、処方されたレメディが違った。少し治りかけのチップは朝晩のアージニット(アルグニット)。後から風邪を引き、左目の結膜が真っ赤っ赤のデールにはラカシス(ラケシス)とエイピス(エピス)。腫れててかゆくてしんどいだろうな。

 点眼薬はユーファラジア。逃げるので昨夜ケージに入れた。逃げ回る途中、デールは怖くて肛門腺を出した。うーとうなるけど、ふたりとも扱いやすい。やはり生粋の野良ではないと思う。捨てられたのだろう。

 つい忘れていた(切らしていた)ちーちゃんの点眼ももらう。ちーちゃんのはユーファラジアとカレンデュラを調合したものだ。

 ふと思いたち、自分の皮膚にグラファイト(黒鉛)はどうなんでしょうと先生に聞いてみる。「うーん…それこそ(グラファイトは)好転反応がきついんじゃないかな」

 皮膚科では、普通は一週間で改善されるのに、思ったより(自己の)自然回復力があがってこないといわれ、ビタミンから強い薬に処方が変更になった。3種類…うーん。もういいっす。すみません。
 最悪の時期は過ぎたと実感はあるので、処方された薬はのまないことにして、ホメジャのスパジリック ゲルTu(スーヤ)と、先生に「ラカシスかアーセニカム」とヒントをもらって、アーセニカムをのんでいる。
 皮膚が薄い目の周りのダメージがひどい。眉間に般若のような深い皺が掘り込まれたのにはまいった。しかし、まだ痒みはあってもずいぶんましだ。
 覚え書きに。そのうちここかここのクリームを使ってみるのもいいかも。

*****
 
 「京都のお酢屋さん」というレシピ本をなにげに買ったら、けっこうこれがいい。アボカドとじゃがいものサラダ。マヨネーズを使わず、アボカドのもったりしたバター感とオリーブオイルと塩、酢だけの味付け。本当ならレシピどおり紅芋酢を使ったほうがおいしいのだろうけど。手持ちの米酢で間に合わせても充分おいしい。

 黒酢バナナから、今わが家では黒酢リンゴをヨーグルトにかけている。これもまたいいけど、減量には黒酢バナナのほうが効き目がありそうな気がする。
# by amemiyataki | 2007-03-23 01:19 | 日常