永遠の見える日

a0099350_2239971.jpg


猫の目に、世界はどんなふうに映るだろう



通勤時間は、ドアツードアで1時間。

少し前は、ポッドキャストで安住紳一郎の日曜天国を聴くのがマイブームで、大口開けて笑っていたのだけれど、バックナンバーもすべて聴き終わってしまったので、夏以降はおとなしく(?)カーラジオでNHK第一放送を聴いている。ちょうど東北のローカルな話題が流れる時間帯で、なかなかいい。

朝の民放ラジオもそうだけれど、閑話休題的に“歌のない音楽”がBGMで流れるもので、何げなく聴いていると、「永遠の見える日」という音楽が流れた。

ボサノバ調にアレンジしていたせいもあり、うーん、あちらの音楽の題名って気が利いているというかおしゃれねーなんて思ったのだけれど…松任谷由実の曲だったかー。しらなかった。

ユーミンの曲では、荒井由実時代の「やさしさに 包まれたなら」が何か神がかり的な出来だと思う。「目にうつる全てのことはメッセージ」の部分。

(ウィキったら、「魔女の宅急便」のテーマソングに使われていたのかー。知らなかった。)


そういえば、今週始まった朝ドラ「マッサン」の主題歌が中島みゆきの「麦の唄」。麦畑を駆け抜ける駿馬の群れに、母と感嘆。

“日本ウイスキーの父”といわれるニッカウヰスキーの創業者をモデルにしたドラマで、ヒロインは朝ドラ初の外国人。大正の時代にウイスキーを学ぶため単身スコットランドに渡り、当時珍しい国際結婚をした“マッサン”と“エリー”の物語。おもしろかった。

アイルランドのことはなんとなくはわかっていたけれど、スコットランドも実は独立を望む人が多くいることを改めて知った。

宗教とか。信念とか。憎しみとか。

そんなことにとらわれる人間の目に、永遠が見えることってあるのかなあとふと思ったり。



なぜ、地震地帯に原発を建設するのか、私には日本が理解できない。日本全体が地震地帯なのに。

2011年の原発事故後に語ったロシアの大統領の素朴なつぶやきが、今さらながらあちこちのタイムラインで見かけるこのごろ。

日本人として、私もまったく理解できないし、恥ずかしい。
# by amemiyataki | 2014-10-04 23:30 | 日常

ゼロになって1年

a0099350_2263487.jpg


仮の名前は「やよい」



東京電力福島第一原子力発電所の事故から1年後、原発が見える双葉町で保護。

保護から2年、福島県南相馬市にあるシェルターにゃんこはうすで暮らす、キジサビ嬢。

人なれしていて、明らかに飼い猫と思われる。けれど、飼い主はいまだ不明。

おっとり、穏やかないい猫です。

縁側で、ひなたぼっこしながらおじいちゃん、おばあちゃんに可愛がられていたのかもなあ。


新しい家族、募集中。


*****

今、原発から供給される電力は日本では「0(ゼロ)」だということを、どれくらいの人が知っているだろう。

9月15日は供給ゼロになってちょうど1年なのだそう。詳しくはこちら

原発からの電力はゼロになっても、停電になるといった電力不足にはなっていない事実。
# by amemiyataki | 2014-10-01 02:56 | 日常

戦争は、人類を最大の不幸に導く唯一の現実。

a0099350_13103587.jpg


福島浜通りにて(2014.9.24撮影)



昨年も、その前の年も、その前の前も、同じ場所で見た「彼岸花」。


そこはいまだ帰ることができず、手入れされない庭の花木は年々、勢いを失っていく。

それでも、時期になると花を咲かせてくれる。


*****

朝の連続テレビ小説「花子とアン」終了。

たまたま、最終週をまとめて見て、蓮子さんのラジオでのスピーチに涙してしまった。

最愛の息子を戦争で喪い、生きる気力をなくした蓮子さんが、ラジオで全国の母親に呼びかけることで自身をも再生できた。

戦争は、人類を最大の不幸に導く唯一の現実です。


偶然、友人から新・戦争のつくりかたという絵本が送られてきたところ。

戦争は何の解決にもならないこと。憎しみが憎しみを呼び、不幸が不幸を呼ぶだけということを。どうしたら伝えることができるのか。

原発事故もそうだけれど、忘れないこと。意識すること。知らない人に知ってもらうこと。

ひとりでも多くの人に。
# by amemiyataki | 2014-09-28 13:21 | 日常