タグ:サプリメント ( 5 ) タグの人気記事

6月第1週…まるで梅雨時のような芒種

a0099350_23312481.jpg

牡丹  つぼみのうちに撮ろうとしたら、あっという間に開花



 今週は家のこと、プライベートを優先しすぎた。反省。

 片手で抱えきれない資料を持って駐車場から職場まで歩くというのは、やはりきつかった。いつもは速足で30分かからないのが、永遠に着かないかも…とかな~りくじけた。タクシーとかバスというのも考えにくく。途中、案の定、呼び出しの電話がかかった。土曜はバイトの早出をうっかり忘れていて、20分遅刻。ぐはー。こちらは相変わらずの人手不足。やっと1人入ったかと思うと今月、1人辞める。そして家族の看病で1人、長期欠勤。

 国立博物館の「阿修羅展」が閉幕する。期間中、東京に(保護猫の)お届けがあるといいなあという希望的観測もむなしく、終わってしまう~。この後は九州に行くという。
 私が高校生のとき、いわゆる修学旅行はなかった。記憶に間違いがなければ、たしか2学年上の市内高校生が、東京修学旅行の際、アメ横でなにやらやんちゃしたとかで、当面、市内高校生の修学旅行は自粛、になったからだったと思う。そんなアホな…私らなんにも悪くないやん。でも、確かに修学旅行はなく、お決まりの京都奈良へ行ったのは、社会人になってだいぶ経ってからだった。

 奈良旅行が格別よかった。仏像巡りが心地よかった。和辻哲郎さんの「古寺巡礼」でしか知識はほとんどなく、それでも中宮寺と興福寺は素晴らしかった。とりわけ興福寺は、時間を忘れていつまでもいたいと思った空間だった。ガラスケース越しとはいえ、阿修羅像に見惚れ、ぐるぐると回っていたっけ。
 あのとき、一緒に行った由美ちゃんから今年3月、「今、奈良に叔母さんと来てるよ~。多紀ちゃんとあのとき食べた○○って店にいる」とメールをもらった。懐かしい~。てか由美ちゃん、返信しないでごめん。

*****

 母は無事に耳鼻咽喉科を卒業。クリニックに送り届け、帰り道を確認して病院に置いてきたものの…。案の定、バスを乗り違えたという。
 それから、ケータイに「具合悪いから夕飯買ってきて…」の留守電が入っていた日もあった。帰宅してどうしたのと聞くと、一日中、銀行の通帳を捜すのに費やし、気力体力限界を超え…ということだった。「通帳?なんで?」「だってお金を引き出すのに必要でしょう?」「キャッシュカード持ってなかったっけ?」「「持ってる」「じゃ、通帳いらないじゃん」「えっ?」「…こないだも、スーパーのATMで引き出ししたじゃん。覚えてない?」「んだーっ!」

 やばい~。私もうっかりしていたけれど、一日に2回は家に電話して様子を窺うこと。しかも今週は庭の草取りのしすぎで血圧上がり気味の母。「根を詰めすぎ」というか、「○○しすぎ」が母の病理だ。

*****

 金曜朝、切らしていたヨーグルメイトをグレさんに持って行くと。
 仲良く? グレさんとぜんちゃんが香箱座りしてちんまりと寄り添っていた。
 年齢不詳だが「相応のお年」であろうグレさんは、やはり賢いと思った。手にしていたヨーグルメイトに気づくなり、待ってたぞいとばかりに立ち上がり、伸びをして近づき…。おお、やっぱり食べたかったのね~とちょっと感動。いつものソフトタイプ(果糖入り)はあいにくなく、無糖のプレーンタイプはちょっと食いつきが悪かったかも。間に漢方薬をサンドしても食べてくれるのがありがたい。(先生には糖分とって糖尿病とか大丈夫ですかねと聞いたが、大丈夫、ということだった)
 サヴァさんがノートに書いていたけど、グレさん、肉がついてきたように思う。
 グレとぴあが良くなってきたと思うと、今度はぜん、トリノのことが気になってくる。ぜんの症状(鼻詰まり、涙目、食欲減退)は劇的に改善はせず、トリノも毛づやなどが気になる。こだまさんはわりと好調。


 今週のめっけもの。無添加・手作りごはん素材「さかい企画」プライムケイズ13種類のきのこエキスがよさげで気になった。ここで扱っているヤギミルクは岩手県滝沢村の川徳牧場産とあったが、地元の大手デパート「カワトク」と関係あるんだろうか。馬油シャンプーも気になる~。
 きのこエキスは楽天で調べてみたら、パタパタとんぼを買った56nyanでも扱っていた。
 ちなみに、56nyan扱いでもあるマンマリゾはグレさんもけっこう食べてくれる。
 ここ最近の短期間で、ペットの手作り食がかな~りメジャーになってきた。

*****

 村上春樹さんの新作がすごい売れ行きという。ハルキファンといっても、「ねじまき鳥クロニクル」も「海辺のカフカ」も読んでない。新作を読む自信が今はちょっとない。うーん。
by amemiyataki | 2009-06-07 00:33 | 日常

北の国から

a0099350_12323296.jpg

ムッチくん 里親募集中


 猫田大学のブログオーナー「そみ」さんが、生後8ヵ月くらいのキジトラ男の子「ムッチ」くんの飼い主を募集しています。北海道釧路市より。一度、縁組成立したようですが、里親の都合で再募集に。詳しくはこちら。北海道道東の方、どうぞよろしくお願いします。

*****
 北海道には、プチポン猫の里親さんが2組います。ちょうど、近況メールと画像が届いたので(て、紹介が遅くなってたけれど)お披露目。まずはOさん宅のまるぽぽから。

a0099350_1246225.jpg

まる



a0099350_1247274.jpg

左・まる 右・ぽぽ



 そっくりのキジトラ兄弟も、4歳になった。03年生まれの彼らは、こんなだった。



 立派になったねえ(しみじみ)。臍ヘルニアだったまるは、Oさんにもらわれ、去勢手術をする際に、処置もしてもらった。ふたりでじゃれついていても、先に引くのは「ぽぽ」で、ぽぽがお兄ちゃん、ということになってるみたい。

 ありがとうございます。

*****

 そして、Tさん宅ののんちゃん。のんちゃんにはこの度、めでたく妹ができたという。パチパチパチ!

a0099350_131166.jpg

凛々しいお姉さん



 以下、Tさんから。

昨日7月13日はのんちゃんの4回目の誕生でしたのでその報告(親ばか報告)をと思いましてメールしました。

まずはのんちゃん元気に4歳になりました。家に来てから3年4ヶ月です。体重も5キロ弱あるようです。
ハッキリしないのは、のんちゃんは抱っこがキライなのでなかなか正確な数字が計れないためです。
昨日はお誕生日恒例のケーキに4本ローソク立てて、のんちゃんの大好物ホタテの刺身を進呈。
そしてなんと!!この度のんちゃんに妹が出来ました。
名前は『なごむ』通称『なっちゃん』です!!パチパチパチ。

なっちゃんは農家の知人宅で今年4月26日に生まれた、まだ生後2ヶ月弱のトラジマ女の子です。
ゆくゆくはのんちゃんにも姉妹が欲しいなぁとは思っていたのですが、
こんなに早くに、しかもあれよあれよと言う間に家の子にと言う感じでした。

なっちゃんは物怖じしないイケイケ系で届けてくれた知人からその場で「ホレ」って感じで手渡され、
「あっ、猫って抱っこしていいんだー。」と言う感動が始まりでした。
「アーぁ、でもこんなちっちゃいの大丈夫かしら?のんちゃんはどんな反応するかしら?
って言うか私は子猫を触ったのが生まれて初めてなんですけどーーーぉ」
と瞬時に子猫を抱いたままパニックになる私・・・。
でも「まぁなんとかなるか。」って事でなっちゃんは家の子になりました。

それからのんちゃんに引き合わせるも、のんちゃんは怖がりの人見知りのお嬢様なので
「イヤーっ来ないでー」と押入れに引きこもり。
なっちゃんは沢山の猫と人と暮らしていたので、のんちゃんを見つけては
「遊んでくれっ」
得体の知れない小さい毛玉のようななっちゃんに腰が引けるのんちゃん。
「キーそれ以上近づいたら怒るわよ。ふーっ!」と威嚇するも
「でも遊んで!」と効果なしで、またもや押入れに撤退。

仕事があるので平日昼間は2人だけでお留守番なのに大丈夫かと思いましたが、
私の心配をよそに3日くらいでのんちゃんが根負けする形で決着がつきました。

今日で丁度3週間経ちますが、今ではとても仲良しで2人で遊んだり、お昼寝したりと楽しそうに過ごしています。
のんちゃんはまるでお母さんのように、なっちゃんのお世話をするので微笑ましい限りです。
血のつながりがなくても猫は偉いなぁ。と感心。
小さい子の面倒をみる事を誰に教わらなくても本能で分かっている。そんな気がします。
よくプチポンさんで猫は同族と暮らす事で成長する。と書いてありましたが本当にそうだなぁと実感しています。

まだまだ我が家の猫自慢は続くのですが、キリがないので今日はこの辺にしておきます。
2人の写真を添付しました。
またメールしますね。


a0099350_1315852.jpg

のんちゃんとなっちゃん



a0099350_1322919.jpg

バースデーケーキ



 ケーキがめっちゃおいしそう~~! てか、隣にあるのは冷麺ですか? 札幌ラーメンとは違うような…。

 Tさんは、文字どおり「初めての猫」が、さわれない、抱っこできないのんちゃんだった。そのことが申し訳ないなあという思いもあったのだけれど、それに対して

なっちゃんが我が家にやって来て、改めて
私にとっての初めての猫はのんちゃんで良かったと思っていますよ。
微妙な距離をとりながら少しずつ私に慣れてくれたのんちゃん。
だからこその信頼関係が築けたと親バカは思うのです。
触れなくても、抱っこ出来なくてものんちゃんは私の幸せの源でしたし、
それは今もこれからも変わりません。

なにしろ、なっちゃんとのんちゃんで私の取り合いをするのではなく、
なっちゃんと私でのんちゃんの取り合いをしている状態ですから。ぷぷぷ。


 逞しい。ありがとうございます。

 「猫は同族と暮らすことで心の成長を遂げる」。このことは猫保護を始め、悩んでいるときに川口さんから教えてもらいました。私自身、初めての猫、たきに友達猫を迎える際の励み、指針となりました。川口さんのサイトにある里親募集記事、猫と暮らしたいと思っている方、友達猫を迎えたいと思っている方、よろしければご覧ください。

*****

 忘れないうちにメモ。

 癒しフェアというのが、7月28日(土)・29日(日)にビッグサイトで開催されるそうです。興味のある方はどうぞ。ホメオパシージャパンの由井寅子さんの講演も無料で聴講できるようです(要整理券)。


 本間アニマルメディカルサプライのアフィリエイトに参加しています。こちらの本サイトから7月22日~8月31日に購入してくださると、購入額の10パーセントがプチポンに報酬金額として振り込まれます(従来は5パーセント。ちなみに楽天の本間サイトからの購入だと、時期にかかわらず1パーセント報酬)。処方食など購入を考えている方はよろしければご協力ください。最近のMLで届いたおすすめ商品が以下の「マイビュー」、総合ビタミン液剤です。画像をクリックすると購入コーナーに飛びます。




 商品説明はこちら
by amemiyataki | 2007-07-19 12:51 | 日常

シャムMIX「ぽんぽん」

a0099350_23353225.jpg

ぽんぽん 里親募集の予定



 先生から、メールがあった。
家の前で拾ったという生後二週位の子猫
カラスにやられて眼球内容脱出
虚脱ってるので 看取るつもりであずかったところ思いの外元気を取り戻し
でも拾い主は世話できないとの事なので
元気になったら里親探しをしたいと
御協力お願いいたします~
眼球内容が腐って落ちれば 案外大丈夫なのではと踏んでいます


 ぽんぽん、がんばれよ~~。

*****

 肝臓疾患の改善について。hiromiさんから情報をいただいた。ありがとう!

 「うちではAHCCが効果あったよ。薬飲ませてもGPTが100前後だったのが標準値になった。 こういう健康食品もあるって、ブログで紹介してみて。あと、核酸もいいんだって」

 AHCC:キノコ由来の機能性物質。ガン、リンパ腫の猫さんたちに使っているケースも。検索するといろいろヒットしますが、とりあえずアスカをリンク。糖尿病にもいいとか。

 核酸のサイトもいろいろありますがグリーンキャットさんのところをリンク。

*****

 「しゃべれども しゃべれども」(新潮文庫をリンクしてるので音は出ません。映画公式サイト、なかなか素敵)の批評を朝日新聞で読み、無性にこの映画を観たくなった。うぬぅ。司会者としてのたいっちゃんはいまひとつピンとこないけど、役者としては目を瞠るものがある。松たか子がヒロインを演じた広島原爆のテレビドラマのラストに出てきて、台詞がないまま、恋人を失った慟哭を演じたたいっちゃんを見て驚いた。師匠役の伊東四朗も見逃せないなあ。

*****

 本の旅人連載中の「グーグーだって猫である」。大島弓子さん、いよいよ外猫の不妊手術に奮闘。人馴れしてない猫を術後、ケージ管理し、リリース。馴れているほうの猫をリリースするときの複雑な思い。フードを差し出して手をひっかかれ。そうなのよ~、わかる~~~。保護ケア、里親探しをする人なら誰もが味わう悲しみや苦労や喜びなどの感情が実にこまやかに描かれている。「ヨハネが好き」の大島さんが。「ジョカへ…」「F式蘭丸」「いちご物語」の大島さんが~(って、どれも古い作品ばかりだ…)。多くの人にぜひ読んでほしい。しかし、いつになったら3巻目が出るのだ…。
by amemiyataki | 2007-05-28 00:00 | 日常

石割り桜

 「いつか見てみたいと思いつつ、結局、今年も行けず…」と、友人からメールが届いた。チュチュママさんからも、「昨年の旅行のことを思い出します」と(いろいろありがとうございます!)。

 地元人としてはブログにアップしなくてはと、27日(金)、遅い昼食をとった後、石割り桜がある裁判所に向かう。つい2、3日前には、ここでおよそ50年ぶりに極刑が言い渡されたと、NHK盛岡支局の記者がリポートしていた同じ場所に、そうとは知らぬ観光客の波。あいにくの曇り模様(この日は午前中、所により、雹とか降ったりした)、白い小さな花弁のエドヒガンザクラが映える青空でないのが残念。すでに満開は過ぎていた。

a0099350_1541513.jpg

正面から



a0099350_1563737.jpg

裏側に回ったとき、晴れ間が見えた



a0099350_1572284.jpg

可憐な花びら




 ソメイヨシノに比べると地味な桜。実際、観光客の口からは、少々落胆の言葉が聞こえたり、となりに咲くピンク色の桜のほうを撮っていたり。
 けれど、400年近くを生き延びている幹は、やはりすごい。老いてなお、力強さを感じさせる。生命のたくましさ。

*****

 保護猫のグレが口内炎のようだと、空蝉さん。猫の口内炎はやっかいだ。

 とりあえず、レメディ(マーキュリー)投与。グレは最近やっと、少しは撫でられるようになったとはいえ、口を開けたりすることはとうてい無理。食欲もあり、ミルクが好きだから、コロストラム(免疫ミルク 牛の初乳)に溶かしたレメディをまぜてあげてみることにする。ついでに、口内細菌の殺菌のために、マヌカハニーもぬるま湯で溶いてまぜる。うわ~どんな味がするんだか…と思いつつミルクが入ったお皿をグレに差し出す。なめる。すべて。よし。

 翌日は、マヌカの代わりに、これもまた殺菌効果の高いプロポリスを1滴まぜる。これはクセがあるからなあ…と思いつつ、お皿をグレに差し出す。なめる。すべて。よし。

 口内炎対策に、ちょうどMLが届いたこともあり須崎動物病院「歯周病は万病のもと!」をリンク。このサプリは試したことはないけれど。参考になります。

 ほかには、Hさんに教えてもらったマキシガード。H家で実践している口内炎対策に関する過去ログはこちら。歯磨きのこと、ステロイドほか治療法など詳しく書かれています。

*****

 ヴァンサンに続き、ぴあも縁組成立。留守番ができる成猫で、黒猫の女の子をずっと探していたと、お問い合わせをくださった。ありがとうございます。

*****

 怒濤の一週間がようやく終わる。そしてゴールデンウィーク突入。大型連休はあまり関係ないけど。どこかに行けるといいな。
by amemiyataki | 2007-04-28 02:37 | 日常

サプリメント到着

a0099350_1223227.jpg

福之助くん(元ピエール)

 チュチュママさんから、ふくちゃんの画像をいただいた。ありがとうございます。
 
 塩分のこと。思い出した。たきが膀胱炎になったとき、ウォルサムのpHコントロールの処方食をあげていたのだけど、味見したらあまりのしょっぱさに心配になって、あげるのをやめたのだった。しょっぱい→水分をとる→尿を薄くする というふうに設計されているらしいと、hiromiさんに教えてもらったのだった。

 塩分(ナトリウム)と腎臓の関係については、かかりつけ獣医がウォルサムに問い合わせて聞いてもらったので…とチュチュママさんのメールにあったので、いちおう私も問い合わせてみた(しかし、メールでの問い合わせには対応しておらず、フリーダイヤルでの電話相談、というのは結果として曖昧な感じになってしまうなあ)。

 結果的には、ダメージを受けるほどの塩分の量ではない、という回答だった(と思う)。猫は人間より、ナトリウムに対する耐性に優れている。心臓と腎臓に問題のない若い猫であれば、尿路疾患改善という目的のための処方としては、なんら問題はありません、と。塩分が腎臓にダメージを与えることはない、という学会の発表については、「まだ実験段階のようですから…」ということだった。

*****

 猫たちにあげるビタミンCを探していたので、サプマートでエスターCのパウダーを注文。中性なので酸っぱさはまず感じない。ついでに、コロストラム(牛の初乳、免疫ミルク)エスターC入りの乳酸菌。そして、母にピクノジェノール。料理研究家・丸元淑生さんの本で知って以来、「のんでみたい~」と言っていたのを忘れていた。あと、思いきってヴェレダのアイリス化粧水

 先週土曜に、カリフォルニアから発送しましたメールが届き、昨夜、荷物が届いた。

 ヴェレダの化粧水はアルコール(エタノール)が気になっていたけど(やっぱり、つけた後はひりひりした)、ひと晩明けたら、肌にしっとり感が戻ってきているのを実感。
 ダメージを受けた肌はなかなか戻らず。レメディも飲み終わり、だいぶ良くなったとはいえ、かゆみ、赤みはまだ抜けない。ホメジャの化粧水がちょうどなくなったので、ヴェレダを試してみることにした。ホメジャは無香料なんだけど、それが逆に、使ううちに変なにおいが気になってくる…。

 ヴェレダのことは人智学(シュタイナー)とホメオパシーを勉強しているという方のエントリ
を拝見してから気になっていたのでした。
by amemiyataki | 2007-04-19 12:26 | 日常