タグ:家族、自分のこと ( 163 ) タグの人気記事

新しい年

a0099350_12144892.jpg



ふぁんじにさんからいただいた大ぶりの黒豆を、年末に母が煮豆にした。

その後、またもめてとうとう年取りはしなかった。大晦日に床の間と神棚に年取りの料理を上げなかったのは、たぶん初めてのことかもしれない。

なかったことに、ほうっておいて寝かせておくのがいちばんましな解決法なのだろうと思いつつ、なんだか納得がいかなかったのと、急にどうでもよくなった脱力感とで、何かするのをやめてしまった。紅白も見なかった。

それでも、年は明けるわけで。用意しておいたもので雑煮を作る母を見て、それもまた申し訳なくて。

たぶん。こういったことの繰り返しなのだろうなあと思いつつ。

a0099350_1215029.jpg



たきも16歳。


今年は春から勤務先が替わる。


一生を春夏秋冬になぞらえるなら、母とたきがいる季節は冬。ちーと私は秋。


これまで、人生終わったなあと思ったことは2度あって。
そう思ったはずなのに、変わらず人生が続くことにびっくりして。
そうか。自分で決めることはできないものなのだと悟って。
ならば、頑張るしかないだろうとそれなりに力を振りしぼり。

ロスタイムがどれほどあるのかわからないけれど。

全力疾走はとうてい無理だけれど。

描く夢は大きいのかどうかもわからないけれど。


悠々として、急げ。

5年後、起業することを目標に今年から5年間、新しい場所で働くことができますように。

家族を大切にできるよう。

保護猫に新しい本当の家を見つけることができますように。

福島から、一匹でも多く猫を保護することができますように。

全力でなくとも、力を尽くすことができますように。

世界が平和でありますように。
by amemiyataki | 2016-01-03 12:43 | 日常

この先に見えるもの

a0099350_7225367.jpg


常磐線(福島県双葉町にて)



2015年9月5日午前0時、事故が遭った原発から20キロ圏内に指定されていた、

旧警戒区域のうち、楢葉町に出されていた避難指示が解除された。


6日、ありこさんといつものように給餌に回っていたら、給餌場所になっていた、依頼主さん宅の解体工事が始まっていた。


給餌器はなくなっていた。


依頼主は震災後、避難先で病気を患い、今も闘病中だ。

写真の線路の先に、ふたば駅がある。

里親さんを訪ねに行ったとき、降りた駅だ。もう10年前のことだけれど。


ほんの少し、立ち寄っただけの町で、ささやかな思い出しかないけれど。

震災後は、数えきれないほど通った町。


この町に出された避難指示が解除される見通しは立っていない。


住んでいた人たちの思い出は。記憶は。

住んでいた、ふるさとへの思いは。


何もかもが、何か見えないものと目に見えるものに、のみこまれていくみたいで。


言葉をなくして立ち尽くすとは、こういうことだ。


ふたば駅の先に、原発がある大熊町の駅がある。
by amemiyataki | 2015-09-08 07:31 | 日常

写す

a0099350_8183125.jpg


岩手県立美術館



人生初のバリウム体験。

午前中、会社の健康診断があり、午後出社。

健診が終わって会社に行くまでの時間、どうしても行きたかった植田正治さんの写真展に行った。


平日の県美は人が少なく、とてもいい時間を過ごすことができた。

あの空間はいいなあ。


植田さんの「砂丘モード」の写真を知ったのは、二十代の頃。
それが日本の、鳥取砂丘で撮ったものだということに驚き、加工しないトリックのような撮り方に驚いた。

70代にして、このあくなき挑戦。好奇心。センスの良さ。

ルネ・マグリットの絵画に通じる静謐さと不可思議さ。


ひとつずつの解説を読んでいて。

「ボクは熱心なアマチュアでいたい」「好きなものを好きなように撮る」

撮る人の思いが伝わり、見るものに想像させる。色彩を。物語を。


ふと。白黒の静かな世界が、福島の被災地に似ていると思った。


a0099350_8293496.jpg



a0099350_8291888.jpg




余談だけど、県美のショップに猫ものが多くて楽しかった。

紙町銅版画工房さんの一筆箋を購入。

植田さんの写真にも、猫が登場していた。「猫とボク」とか。

奥さんを撮ったものがまた別格で、引き寄せられた。


まさか自分が、これほど写真を撮ることに魅せられるとは思わなかったなあ。
by amemiyataki | 2014-05-31 08:35 | 日常

思い

相変わらず、ほぼ写真のみのアップ。

昨年12月から先週末までの「私の福島」。

a0099350_1353847.jpg


a0099350_13532629.jpg


a0099350_13534175.jpg


東北の冬はモノトーンというイメージだけど、南東北の福島は彩りが多い。

避難してあるじがいなくなった家を守るかのように、あちこちの庭に花が咲いている。

春も、夏も、秋も、冬も。

一年中、色彩がある庭。

実のなる木も多く、土いじりが好きで、畑仕事が身近で。

本当にいいところ。


収穫されることなく木の梢になったままの柿の実。

毎年、福島産の「あんぽ柿」を、正月のなますに使っていたのに。

a0099350_1354530.jpg


12月29日、帝王切開で生まれた子猫。

生後7日目。


a0099350_13542663.jpg


にゃんこはうす預かりの「はく」。

老猫ルーム(といっても、長老の茶太郎は天へ還り、もはや老猫とは言えなくなった)で寝ると、
必ずはくちゃんが添い寝してくれる。

こんなに人懐こいこが、去年の今ごろはまだ、警戒区域だった浪江町にいた。

はくちゃんにレスキュー班が最初に会ったのは、それより半年以上も前のこと。

とある工場の、天井近くまで積み上げられた箱の中から、耳と目だけをのぞかせて、じっとこちらを見ていた子。

ずっと、見ていて。

ずっと、その家にとどまって。

その場所を守るかのように。


ようやく箱からおりてきて全身を見せ、レスキュー班を歓迎するようになるまで半年以上もかかって。

心を許してくれて。

やっぱり、寂しかったんだよね。


依頼の猫ではない。保護を要する緊急性が高いわけでもない。保護枠のこともある。
気兼ねもある。そんな逡巡があって。

でも二度と会えなくなるのはつらいわけで。


無事に保護できてよかった。

飼い主と連絡がついてよかった。


どの子も。「(保護できて)よかったねえ」と言って撫でるのだけれど。


はくちゃんは、私の中ではちょっと特別。魅力のさび猫。



こんなふうに。

人懐こい猫がどれだけまだ、人が住めなくなった場所に取り残されているのか。

二世代、三世代と、震災後生まれの猫を多く見かけるなか、

震災前からそこで生きる猫がどれだけ残っているのか。


今度こそ。

保護できますように。



a0099350_13544158.jpg


先週金曜、にゃんこはうすに着くとありこさんがふるまってくれたぜんざい。

ありこさんは西の人なので、東北に「まる餅」が売っていないことに驚いていた。


福島第一原子力発電所の吉田所長(事故当時)へのインタビューをもとに書き上げた書籍「死の淵を見た男」を、ありこさんから借りた。

著書は、山口県光市の母子殺人事件のノンフィクション「なぜ君は絶望と闘えたのか」を上梓した人でもあることを知り、なるほどと、筆致の確かさに引き込まれる。

「なぜ君は…」は、FIPで亡くなったモリの通院のとき、カーラジオから聞く「武田鉄也の今朝の三枚おろし」で紹介していた本。

a0099350_1355253.jpg


いちばんちびっこの三毛。




今週末には、目が開いているかも。まだ早いか。


いろいろな思いがある。

新しい年も、がんばることができるように。
by amemiyataki | 2014-01-05 13:55 | 日常

思う

a0099350_1364744.jpg



8月6日、広島に原爆が落とされた日。

放射線が遺伝子を傷つけて発症するMDSという病気。

それなのに。

「兆」という見当もつかないレベルの汚染水が海に流れているこの国の政治家たちは、どんな未来を描いているのか。

どうして、沖縄の空を米軍ヘリが今も飛ぶのか。

なぜこの瞬間も世界のどこかで戦争が起きているのか。


それでも。

世界は美しい。

そう信じていいのか。


いろいろなことを思う。

8月。戦争が終わって68年目の夏。
by amemiyataki | 2013-08-07 01:54 | 日常

母の日は、カーネーションではなく

寒暖の差が激しい今年の5月。

母の日は珍しく暖かく、母と街に出た。

a0099350_1656286.jpg


庭のチューリップ


a0099350_16561756.jpg


岩手公園のしだれ桜


a0099350_16563373.jpg


同じく、岩手公園のイロハモミジ


今年は桜の見頃を福島でも宮城でも岩手でも見逃した感があったけれど、
岩手公園でわずかに、満開のしだれ桜を見ることができた。

母の日の感謝は、鉄板焼きでの昼食を。

先月、友人たちと食べたときは楽しくておいしくて大満足で、絶対母を連れてこなきゃと思ったのだけれど。

今回はなぜか今ひとつだったなあ。

カワトク(デパート)でいい前沢牛を買って家で焼いて食べたほうがいい。

という母の言葉にうなずくしかなかった…。

それでも、暖かい5月の午後、岩手公園と高松の池を散策していい一日だった。


わが家ではカーネーションは飾らない。


その理由をひととおり書いてみたのだけれど、たいしておもしろいわけでもなく、今はわざわざ書くことでもないような気がして、消した。


暖かい、気持ちのいい一日。

それが何よりのご褒美ということで。


しかし、本当に写真を撮るのが楽しくて仕方がない。ささやかな幸福に浸るひととき。
by amemiyataki | 2013-05-15 17:17 | 日常

見えない疲れ―共感する力、他者を認める力を弱めるもの―

a0099350_1591726.jpg



福島県南相馬市小高区
(2013年3月17日撮影)



覚え書きとして、来月警戒区域から解除される浪江町の役場に勤務する玉川啓さんの文章を。


最近、自分自身や周囲の動きが非常に速い流れになっていたことを、
あらためて実感しました。
課題があまりにも多く、やるべきことは多い。
その中で、焦る気持ちや余裕のなさがすこし垣間見えつつあるような気がしています。

この問題は大きいし、解決までの時間も長い。
そして同時に自分自身の暮らしの日常も続く。

私が出会った多くの友人たちも、見えない疲れを抱えている時期なのでしょう。

見えない疲れは、私たちにとって一番大事な、共感する力を、
そして他者を認める力を弱めてしまう部分があるのかもしれない。

ちょっと深呼吸する時間や気持ちを落ち着ける時間も極力持つようにしたいですね。

長い道のりだけど、ともに歩んでいきましょう。




もうひとつ、玉川さんのメッセージは本日のにゃんこ2でリンク済み。
by amemiyataki | 2013-03-18 15:18 | 日常

九州 福岡でにゃんこはうす写真展プレオープン開催中

a0099350_162158.jpg


昨年10月撮影 福島




 ものすごく更新が滞っていて、気づくと新しい年になって早や半月…。

 年末年始は風邪引きながらカレンダー作成販売で過ぎていき、年賀状も印刷はしたものの1枚も出しておらず…。

 どこかで軌道修正しなくてはと思いながらも、結局私はこんなものだと思ったり。

 まあ、旧元日とか2月の節分立春とか、節目はまだあるので、気持ちがまだ2012年のままというのも許されるのかしら…。


 とにかく、社会的活動(仕事)はしているのと、相変わらず福島レスキューには行っているのと。元気かどうかは正直よくわからないけれど、体調はそう悪くなく。

 睡眠時間は充分とっているので(削ってまでこんを詰めるというのはできない性分)。


 新しい年というのがまだピンとこないし、2011年3月から時間の進み方がとてもイレギュラーになってきているので、どうしたものかと思いつつ。

 なるようにしかならないと思いつつ、自暴自棄にならず生かされているこの奇跡に感謝しつつ少しずつ。

 励まされ、応援していただき、忘れられずにいること。本当にありがとうございます。


 2013年カレンダーは プチポンショッピングで販売しています。

 今回はプチポンもりおかのカレンダー(壁掛け・卓上)と、にゃんこはうすのカレンダー(壁掛け・卓上)の計4タイプを販売中。

 プチポンカレンダーご購入→収益はプチポンもりおかで保護する猫のケア費、福島ペットレスキュー費に充てられます。

 にゃんこはうすカレンダーご購入→収益はにゃんこはうすで保護する猫のケア費、ねこさま王国レスキュー班の活動費、フード代に充てられます。


 手にとっていただいた方からはご好評をいただいています。使いやすい実用的な面と、ていねいな保護猫たちの紹介が気に入っていただけているようで、嬉しいです。頑張りました。


*****

2月2日(土)・3日(日)、九州は福岡の「イオンモール福津」でにゃんこはうす写真展が開催されます。

それに先立ち、1月20日(日)まで、プレオープンとチャリティーバザーを開催中。

場所:工房 流木人(福岡県糟屋郡新宮町原上1517-5) 詳しくはこちら


発起人の方たちによるブログは こちら


震災から時間が経って。2011年3月に起きたことが「おととしのこと」とか、「もうすぐ2年」とか言われるようになってきましたが。

取り残された犬や猫たちはまだ、生きているので。

彼らの姿を見ているので。

自分にできることのひとつとして、まだ取り組みたいのです。

応援とお力添えをいただけたらとても心強いです。


どうぞよろしくお願いいたします。
by amemiyataki | 2013-01-17 16:40 | 日常

楽しいこと

a0099350_15182735.jpg

カラタチ


a0099350_1518343.jpg

ハリギリ


a0099350_15184121.jpg

サンシュユ


a0099350_15184859.jpg




10月22日、盛岡城跡公園(岩手公園)にて。


*****

ずっと、広角レンズと望遠レンズが欲しかったのだけど。
同じPENTAXを持ってる人から望遠のf2.8は感動ものですよと教えられ、
調べてみたら高額レンズだった…。

価格コムとヤフオクをにらめっこすること3ヵ月。

広角と望遠をカバーできる1万円前半のタムロンのレンズを迷いに迷って購入。

平凡なレンズだったらどうしようかなあと思ったけれど、
やっぱりコンデジとは違う。

楽しいなあ。

でも。

望遠は遠くの猫を撮ろうとしてのものなのだけど、車の助手席にいるときって、
気分は撮影モードではなくどちらかというと捕獲モードなので、
シャッターチャンスを逃しまくり…。

写真を撮りながらレスキューするって、なかなか難しい…。


アップした写真はいずれも単焦点レンズ、
カミソリピントと言われる55ミリf1.4で撮ったもの。
このレンズは「清水の舞台から飛び降りる」とはこういう気持ちか…という
ドキワクで買ったもの。宝物だ。後悔なし。

ちなみに、レンズのことを教えてくれた人は競走馬を撮るのが趣味らしく、
本当はCanonのレンズが欲しいのだけど、PENTAXレンズがさんざんあるから
乗り替えられない。プロはほとんどがCanonで撮ってますよーと言ってらした。

馬の毛ヅヤが実に見事に再現されて、惚れぼれするんですよねーと。

なるほどー。

あこがれながら。

今手元にあるレンズに写るさまざまな事象に感動しながら。

そう。

このカメラを手にしてから、感動する瞬間がとても増えた。

楽しい。
by amemiyataki | 2012-11-27 15:40 | 日常

木の葉さんざめく

a0099350_23203554.jpg


a0099350_23212787.jpg



自然というのはすごいなあと、つくづく思う。

季節が廻るとこうして木々の葉は色づき。

木の葉が降る音を聞いたのは何年ぶりだろう。

美しさにただただ見惚れるひとときを持てた幸福。


仕事とはいえ、役得。
by amemiyataki | 2012-10-26 23:24 | 日常