タグ:心に響く言葉 ( 46 ) タグの人気記事

小さくても、花を咲かせて。

a0099350_14593634.jpg


乙女椿(福島県浪江町にて)




熊本は天草出身の作家・石牟礼道子さんの記事(朝日新聞2015.9.26付)を読んだ。



福島の原発事故直後のニュースを見て、「水俣と同じことが起こるだろう」と感じたという。

原因の企業が、地元に雇用を生む存在でもあることから、地域社会が分断され、被害が回復されないまま忘れらていく。

「福島と水俣で起きたことの背景にあるのは、現代はお金が一番の生きがいであり、倫理だということです。

本当はそうではなくて、小さくても花をさせて、その香りを次の世代に残すのが人間ではないでしょうか。

そうしてつないでいく魂があるはずです」



福島の原発事故の後、石牟礼さんが詠んだ俳句。


毒死列島身悶えしつつ野辺の花



水俣で育った石牟礼さんのそばには、いつも不知火海があった。



さくらさくらわが不知火はひかり凪


穏やかな内海は陽光を照り返し、「まるで一枚の光の布のように見えることがある」という。

そんな海の様子を、地元の漁師たちが「きのうは、ひかり凪じゃった」と話していたのを思い出して詠んだ句だ。

有機水銀で汚染されたのは、その美しい海だった。




私たちは、次の世代へ何を残していくのだろう。
by amemiyataki | 2015-09-26 15:14 | 日常

人生に必要なもの

a0099350_7592479.jpg


いつものように、キャットフードを給餌器に補充していると、遥か頭上でトンビが2羽、回転しながら「ピーヒョロロ…」と、独特の声で鳴いていた。

聴いているこちらもつい、嬉しくなるようなトンビの鳴き声にしばし聴き入ったのは、人生初かもしれない。などと、ぼんやり思う自分の前に広がる風景がこれだ。


a0099350_7593862.jpg


福島県南相馬市小高区で



かつてここは、住宅地だった。震災から4年経ち、浸水工事を経て瓦礫は撤去し、やっと更地になった。
昨年冬まで、ここは沼地で、シベリアから飛来した白鳥が群れをなしていた。

ここは、家を修復することは認められても、新たに家を建てるのは無理だろうということだった。

More
by amemiyataki | 2015-05-31 08:56 | 日常

永遠の見える日

a0099350_2239971.jpg


猫の目に、世界はどんなふうに映るだろう



通勤時間は、ドアツードアで1時間。

少し前は、ポッドキャストで安住紳一郎の日曜天国を聴くのがマイブームで、大口開けて笑っていたのだけれど、バックナンバーもすべて聴き終わってしまったので、夏以降はおとなしく(?)カーラジオでNHK第一放送を聴いている。ちょうど東北のローカルな話題が流れる時間帯で、なかなかいい。

朝の民放ラジオもそうだけれど、閑話休題的に“歌のない音楽”がBGMで流れるもので、何げなく聴いていると、「永遠の見える日」という音楽が流れた。

ボサノバ調にアレンジしていたせいもあり、うーん、あちらの音楽の題名って気が利いているというかおしゃれねーなんて思ったのだけれど…松任谷由実の曲だったかー。しらなかった。

ユーミンの曲では、荒井由実時代の「やさしさに 包まれたなら」が何か神がかり的な出来だと思う。「目にうつる全てのことはメッセージ」の部分。

(ウィキったら、「魔女の宅急便」のテーマソングに使われていたのかー。知らなかった。)


そういえば、今週始まった朝ドラ「マッサン」の主題歌が中島みゆきの「麦の唄」。麦畑を駆け抜ける駿馬の群れに、母と感嘆。

“日本ウイスキーの父”といわれるニッカウヰスキーの創業者をモデルにしたドラマで、ヒロインは朝ドラ初の外国人。大正の時代にウイスキーを学ぶため単身スコットランドに渡り、当時珍しい国際結婚をした“マッサン”と“エリー”の物語。おもしろかった。

アイルランドのことはなんとなくはわかっていたけれど、スコットランドも実は独立を望む人が多くいることを改めて知った。

宗教とか。信念とか。憎しみとか。

そんなことにとらわれる人間の目に、永遠が見えることってあるのかなあとふと思ったり。



なぜ、地震地帯に原発を建設するのか、私には日本が理解できない。日本全体が地震地帯なのに。

2011年の原発事故後に語ったロシアの大統領の素朴なつぶやきが、今さらながらあちこちのタイムラインで見かけるこのごろ。

日本人として、私もまったく理解できないし、恥ずかしい。
by amemiyataki | 2014-10-04 23:30 | 日常

戦争は、人類を最大の不幸に導く唯一の現実。

a0099350_13103587.jpg


福島浜通りにて(2014.9.24撮影)



昨年も、その前の年も、その前の前も、同じ場所で見た「彼岸花」。


そこはいまだ帰ることができず、手入れされない庭の花木は年々、勢いを失っていく。

それでも、時期になると花を咲かせてくれる。


*****

朝の連続テレビ小説「花子とアン」終了。

たまたま、最終週をまとめて見て、蓮子さんのラジオでのスピーチに涙してしまった。

最愛の息子を戦争で喪い、生きる気力をなくした蓮子さんが、ラジオで全国の母親に呼びかけることで自身をも再生できた。

戦争は、人類を最大の不幸に導く唯一の現実です。


偶然、友人から新・戦争のつくりかたという絵本が送られてきたところ。

戦争は何の解決にもならないこと。憎しみが憎しみを呼び、不幸が不幸を呼ぶだけということを。どうしたら伝えることができるのか。

原発事故もそうだけれど、忘れないこと。意識すること。知らない人に知ってもらうこと。

ひとりでも多くの人に。
by amemiyataki | 2014-09-28 13:21 | 日常

見えない疲れ―共感する力、他者を認める力を弱めるもの―

a0099350_1591726.jpg



福島県南相馬市小高区
(2013年3月17日撮影)



覚え書きとして、来月警戒区域から解除される浪江町の役場に勤務する玉川啓さんの文章を。


最近、自分自身や周囲の動きが非常に速い流れになっていたことを、
あらためて実感しました。
課題があまりにも多く、やるべきことは多い。
その中で、焦る気持ちや余裕のなさがすこし垣間見えつつあるような気がしています。

この問題は大きいし、解決までの時間も長い。
そして同時に自分自身の暮らしの日常も続く。

私が出会った多くの友人たちも、見えない疲れを抱えている時期なのでしょう。

見えない疲れは、私たちにとって一番大事な、共感する力を、
そして他者を認める力を弱めてしまう部分があるのかもしれない。

ちょっと深呼吸する時間や気持ちを落ち着ける時間も極力持つようにしたいですね。

長い道のりだけど、ともに歩んでいきましょう。




もうひとつ、玉川さんのメッセージは本日のにゃんこ2でリンク済み。
by amemiyataki | 2013-03-18 15:18 | 日常

答えのない悲しみ ~春のセンバツ 選手宣誓全文~

a0099350_1335245.jpg

3月18日撮影(福島) 写真クリック→拡大




 東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて、心の整理がつかず、今も当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみにくれている方がたくさんいます。

 人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。

 だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦いぬき、最後まであきらめないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。

石巻工業高校(宮城県) 阿部翔人 主将
2012年3月21日 




 何げなくつけたテレビのニュースで、選手宣誓する高校球児の言葉「人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです」に、不覚にも泣いてしまった。

 「答えのない悲しみ」を抱いたままの人は今なお多く、被災地にいる。東日本、被災県にいる自分に何ができるか……まずは福島ペットレスキューを頑張ろう。


 この一年は自分の生活もなかなか大変だったけれど。とりあえず4月から、一定収入を毎月得られる仕事に就けそう。まったくの異業種だけれど。好きなこと、やりたいことは仕事とは別にすればいいわけで。


*****

a0099350_13485118.jpg



 来週3月28日(水)~4月1日(日)、東京は銀座のギャラリー「零∞(ゼロハチ)」で、「にゃんこはうす写真展」が開催されます。プロカメラマン・中川こうじさんの写真展示のほか、レスキュー班の写真も飾られます(たぶん、私の写真も)。期間中は犬班A。さん編集によるフォトブック、4月始まりのカレンダーなどグッズ販売やイベントも。詳しくはこちら


 このDMに使われている写真はくぅさん撮影。写真に写るにゃんこは無事保護され、飼い主さんのもとへ。

 いろいろな出来事が起き、悲しいことややりきれないこと、時に行き場のない怒りにはまることもありますが、こうして震災前は出会うことのなかった仲間と出会い、全国からたくさんの応援とご支援をいただき、今もレスキューを続けられることに感謝し、頑張りたいと思います。

(毎回、週末のレスキューが終わると給餌用のフードのストックが底を尽きます。フードのご支援、どうかよろしくお願いします。にゃんこはうすの欲しいものリストをご利用くださると幸いです。


※関東在住のマイフレンド、プチポンショッピングご利用者に写真展案内のDMを送らせていただいています。よろしくお願いします。


※これから、大きいサイズの写真をアップすることにしました(容量はダウンしてます)。写真をクリックすると拡大されるので、ご覧いただけたら嬉しいです。

これは、先週の福島。前の週はなかった「春の気配」が少し、感じられました。が、春とは名ばかりのまだまだ震災の爪痕が深く残る福島でした…。そのことを本日のにゃんこ2に書こう書かなきゃと思っているうちに、また週末がやってきて…。今夜から明日の朝にかけて、盛岡は大雪の予報。道路が悪くなる前に、福島に行かないと。
by amemiyataki | 2012-03-23 14:06 | 日常

二月如月。

a0099350_0503712.jpg

にゃんこはうすで飼い主さんから預かり中の「ももこ」ちゃん



 1月すべり込みで確定申告書を提出。もう還付金目当て。それだけ。

 月曜は県南の一関市へ。火曜は県北の二戸市へ。もう着々と淡々とこなす! それだけだ~。

 しかし氷点下-10度前後は当たり前で、火曜の日中の最高気温は-4.3度。マーベラス。北へ向かう高速道は50キロ制限で地吹雪舞い…すごかった。そしてやはり、雪は降るのだ。今年は雪が少なくて雪かきせずラクだ~なんて言ってたのもつかの間。しっかり降るし、がっつり寒い。

*****

 琥珀色の飴玉のような目をしたももこちゃんは14歳。去年の晩秋、圏内からレスキュー。大過なく生き延びてこられたのも、ご近所の猫飼いさんのおかげ。その方は愛猫「ネネ」ちゃんをもうずっと、ずっと捜している。依頼を受けてねこさま王国レスキュー班は去年の梅雨時からずっとずっと、給餌を続けている。

 肝心のネネちゃんの姿はまったく見えない。けれど、ネネちゃんが周辺のたくさんの猫たちの命をつないでくれているのだ。どうか、どうかネネちゃんが無事に見つかりますように。
 
 ももこちゃんは他の猫が大嫌いだから、こうして段ボールに入って自分を守っている(つもり)。そして、入り口でスタンバって、催促する。好物の「かにかま」を。もう可愛いにゃあと、ついついみんなが甘やかす(かにかまをあげる頻度はセーブしてるのはもちろんのこと)。

 こんなにかわいい顔をして。ちっさな脳みその中、88%は、「かにかま」で占められている。

a0099350_0505875.jpg


 よかった。連れ出すことができて。

*****

 にゃんこはうす出身の猫の里親募集記事です。きなこちゃんいそべちゃん。どうぞよろしく。預かりのくっしーさんのブログ、最近欠かさずチェックしてます。こちら。ツボが絶妙すぎる。

 くっしーさんのもう一つのブログにあった母ぎつねと子ぎつねの話(新美南吉)、最後の母さんぎつねのつぶやき、今の世の中の状況に身を置く者にはずしんときます。

*****

 プチポンショッピングに新作登場!

 しばらく更新が滞ってましたが、この一両日中に新作はすべてアップする予定。お楽しみに。カレンダーもあともうひと息。プチポンのイラストはがきのイラストを描いてくれてるまいむちゃんがさすが!のデザイナー力で思った以上の出来上がりになっています(自画自賛)。お買い求めいただけたらとてもとても助かります。よろしくお願いします。




 さて。もうひと仕事するか、寝ちゃうか…。うむむ。
by amemiyataki | 2012-02-01 01:21 | 日常

3つの「生」

a0099350_1543783.jpg

呼んで振り向くのは、耳だけ。




生には生命・生活・人生の三つがある


 リハビリテーション医学の権威、上田敏氏の言葉。

生命さえ救えばいいのではない。生活、そして人生を大事にする全人間的復権こそ、リハビリテーション医学だ


 朝日新聞のいつかの記事。切り抜きがそのまま机の上にあったので、忘れないうちにウェブにアップ。震災から4ヵ月以上が過ぎて、命が助かり生活や人生まで救われ回復した人は、被災者のうちどれだけいるのだろう。命の危機にさらされなくとも、今になって生活や人生まで奪われつつある人も出てきているだろう。

 もしこれが自分だったら。そう考えたら居ても立ってもいられない。そうした緊急に駆られて動く政治家はどれだけいるというのか。テレビを通して見る彼の人たちは、偉そうで他人事のように語る。

*****

 すべてのことに意味があり、自分に起きることは起こるべくして起きる「必然」なのだとしたら。

 自分にとって、今年前半の出来事は、必然だったと受け入れることができるようになった。今になって。けれど、震災で命を落とした人たちにとって、それらは必然なのだろうか。そのことがずっと引っかかっていて、いまだに答えを見出せないでいる。たぶん、答えなんてものはないのだろうけど。

 人はいつか、必ず死ぬ。誰もが。そういう意味で死ぬことは必然だとして、なぜ震災で一度に大勢の人たちが? 生を終えてしまったら、必然を受け入れることもできないではないか。

 頭のどこかに、ずっとある。生活を共にした人、たがいの人生の中ですれ違った人。そうした人たちがあの震災で亡くなってしまった。それをどうやって受け入れたらいいのか。どう、自分の人生を続けていけばいいのか。
悲しみが寂しさに変わり、寂しさが懐かしさに変わる
人はそうやって悲しい別れを乗り越えていく

阪神大震災の時に教えられた言葉です。
身近な人との別れをいくつか経験し
そのたびに心に浮かぶ言葉です


 05年7月に茶トラのたみおが生を終えたとき、ユキチ母さんからいただいた言葉。

 時という薬が効くのは少し時間がかかりそうだから、何か自分で薬を見つけることも生きていく以上、必要なのかもしれない。

*****

 父の遺品を初めて片付けた。17年経って。もうそんなに経ったのか。17年前、東京から帰省して荷物を父の書斎に置いた。以来、父が遺したものたちを覆い尽くすように増殖していった自分の無駄なものたち…。かき分けて、なんてきちんとした人だったのかと改めて思う。比べて、自分のだらしなさときたら…。
 
 いろいろなことを思い出し、お父さん片付けるねと心の中で言いながら。懐かしい父の面影があちらこちらにあった。書道と建築の本をたくさん片付けた。
by amemiyataki | 2011-07-26 02:37 | 日常

悲しい酒

a0099350_16564827.jpg

ミュージックバルーン



 まあ想定内、かな。ミュージックバルーン。ステレオではなくモノラルというのは了解してたし。わが家にはCD再生プレーヤーというのはなく、かろうじてパソコンで聴こうと思えば聴けるのだけど、ほとんど使わない。で、当座はこのミュージックバルーンで音を出して聴いてみようというわけで。あとは車の中で。
 思ったより早く電池切れになってしまうので、充電が頻繁に必要という感じ。

 ちなみに、この黄色いケースカバーがもともと最初に買ったもの。白はSBで見かけて買ったけど、やはりすぐ汚れが目立つ。

 それより。付属のイヤホンに感動。音がすばらしい。手元操作もできるし。今のイヤホンってすごいのねー。頭の真ん中で音が響く心地よさを忘れてたわ~。
 駐車場から職場までの15分くらいを、iPhone4に入ってるiPodで聴きまくってます。80曲入り。

 そして母のリクエストにより、美空ひばりをDL。「悲しい酒(せりふ入り)」



一人ぼっちが 好きだよと


 母がひばりの歌の中で、一番好きだという。そして、この歌にはせつない逸話があったことを知る。

 一番好きで、つい口ずさんでいたらさあ、お父さんが「そんな歌は歌うな」って珍しく怒ったんだよね…。

 でも! と母は言う。次のところを聴いたら、お父さんだってそんな怒ることないのにねえ。



言った心の 裏で泣く


 そう。ここ! ここを聴いてほしかったのさー。ホントはひとりぼっちなんて誰も好きじゃないのにねえ。

 たぶんその頃は父は手術をした後のことだったと思う。まあちょっとうら寂しい歌だから、もっと明るい歌にしてほしかったのと、「おれがいるのに!」と思ったかどうか…。

 この曲をかけるたび、母は記憶をプレイバックさせる。

 ひばりの曲は全部で4つDL。それをかけていると、思いがけず車の助手席で、台所で、母が大声で歌うようになった。これはいいこと。

 やっぱり、iPodとスピーカーをセットで購入しようかなあ。ウオークマンのもかっこいいよなあ。


a0099350_16565928.jpg

撮影してると、必ず茶色が邪魔を…



*****

 ヒゲゾウの古巣、河原から「ごはん」さんのおうちで暮らすことになった小夏ちゃんがその生をまっとうした。

 小夏ちゃんへの追悼の文章が胸に迫った。


・・・・小夏や
いまごろどこにいるのでしょう
ひざの上には、ずっしり重いヒラメがいてあたたかいです、
寂しくないよう引継ぎしてくれたのですね。
さっき紙袋から、荷紐がずるりとぶら下がっていました。
いたずらしましたね。
今日の河原でも、洗い物する私を後ろで見ていましたね。
苦しかったでしょうに、よく最後まで私の給餌に付き合ってくれましたね。
痛かったでしょうに、病院での採血、よく我慢してくれましたね。
もう何も心配しなくていいから、ゆっくりとやすんでください。
つらい経験をたくさんしました。
かみさまにうんとほめてもらえるはず
先に行ったみんなに会ったらどうぞよろしく伝えてください。
私が生きている間はずっと、忘れることはありません。
こんな立派な子がいたと、胸にしっかり刻んで生きましょう。
会えないのが寂しいけど、またいつか会える日がくるはず。
わたしと一緒に生きてくれてありがとう。
また他の子を助けられるよう
へこたれないよう
見ていてね。
なんど言っても言い足りないありがとうを、さよならに代えて
送る言葉にいたします。
小夏や、
ありがとう。



 いとおしく思い、世話をしていた愛猫や愛犬との別れは、何度経験しても悲しくやるせないだろう。


 先日、サヴァさんが8年前に亡くなった愛猫ミィちゃんが夢に出てきたと言った。誰にでも「特別な存在」があるように、サヴァさんにとって、ミィちゃんは「特別な猫」だった。かけがえのない。何ものにも代えがたい。その後、アンズを迎え、ターニャを迎えた。

 ミィちゃんを喪った後もサヴァさんは「猫と暮らす」ことを選んだ。「淡々と」猫と暮らし続ける。そんなふうに言っていた。

 愛猫を亡くして、もう二度と猫は飼わない。飼いたくない。そういう人もいる。

 私は…どうなのかな。とふと思う。たぶんきっと、サヴァさんのように「淡々と」猫と暮らし続けるのかもしれない。

 嘆き悲しむこと。きちんとお別れすること。泣いたっていい。やがて懐かしい思い出に変わるまで。

 最近、私にとって初めての猫、そして少なからず私の人生というか人生観とういか猫観を変えてくれたたきを大事にしていないような気がする。反省。
by amemiyataki | 2010-12-13 17:30 | 日常

ラクダのツガルさん

a0099350_1795192.jpg

ななぼ



 年齢を重ねてきた猫のまなざしは、奥深い。

*****

 「ラクダのツガルさん」の記事をネットで見て、頭に残った。

 ラクダの平均寿命は25歳。女子のツガルさんは推定34歳。人間の年齢にすると、100歳をとうに超えているという。

 ツガルさんがいるのは、横浜の野毛山動物公園。国内最高齢のフタコブラクダ。

 その元気の秘密?が、補酵素として知られる「コエンザイムQ10」のサプリメントではないかという。関節炎がひどく、床ずれもひどかったツガルさんが、Q10を飲み始めてから変わったそうな。


 なぜツガル?と思ったら、青森生まれだからという。青森の牧場生まれ。けれど、あまりかまわれず、片隅でひっそりと暮らす姿は牧場前の国道から見え、名前のない当時は「国道のラクダ」といわれていた。


餌は十分ではなく、地元の人から給食の残りのパンなどをもらって育った。

 転機が訪れたのは昭和50年代後半のある冬。吹雪の中、たたずむツガルさんの姿がテレビで偶然放映された。それを見た神奈川県に住む男性がかわいそうに思って引き取り、野毛山動物園に引っ越させた。

 こうして来園したのが昭和57年12月。だが、同園ではラクダの飼育予定はなく、困惑したのが実情だった。ここでも微妙な立場から新生活を始めたツガルさんだったが、おとなしい性格から来園者に好かれた。パートナーだったミチオさん(雄)とも仲良く過ごしたが死に別れ、子供を持つことはなく、ゆっくりと歳を重ねてきたという。



 津軽の国道沿いの牧場で、「なぜ?」と思ったかどうかは知らないけれど、そこにいたラクダ。

 その情景を思い浮かべたら、胸が詰まった。

 
 平均寿命に達したころから高齢化が顕著になったというツガルさんだが、同園は公開をやめなかった。命あるものとしてごく自然に一日、また一日と老いていく姿は「生きること」をそのまま伝えている。




 ツガルさんのブログもあるみたい。興味のある方は検索してみてください~。


 私の悩みもどきなんて、つくづく塵に等しいと思った次第。

 ツガルさん、ありがとうね~~。
by amemiyataki | 2010-08-26 17:30 | 日常